マーケティング戦略とはなんだ?簡単にまとめました

こんにちは、とっきーです

ビジネスをやっていると
「マーケティング戦略」
という言葉がよく出てくると思います

でもぶっちゃけ
マーケティング戦略とは?

と思っている方も多いのではないでしょうか?

今回はマーケティング戦略について
簡単にまとめましたので、シェアしていきたいと思います

結論から言うと

「マーケティング戦略とは誘導戦略である」

と言うことです

説明していきますね

誘導とは何か?

ビジネスを組んでいく際に基本となってくるのは
「売る」
ということです

売ることで収益が発生して
ビジネスが成り立ちますから
「売る」ということがビジネスの心臓と言っても
過言ではありません

そして、そのためには
お客さんと商品をマッチングさせなくてはいけません

「お客さん」に「商品」を「売る」ことで
お金が生まれビジネスとして成り立つのですが

ただお客さんがいて、商品があるだけでは
売ることはできません

「商品」を「お客さん」の元まで「誘導」することで
初めて「売る」ことができるのです

この誘導をする際の戦略の立て方を
マーケティング戦略と呼びます

STP分析とか4Pとかはマーケティング戦略を組んでいく中の
一部の知識にすぎません

「マーケティング戦略」とは「誘導戦略」なのです

具体的にどうやんの?

じゃあ、その誘導を具体的にどうやっていくねん
という話ですが

基本的に以下の流れをこなしていくだけです

  • リサーチ
  • 商品の認知の仕方を決める
  • 商品の魅力の伝え方を決める

1.どの顧客にどの商品を売るか決めるために徹底的リサーチをする

マーケティングは、「商品」を「お客さん」に「売る」時の
誘導の仕方である
と言いましたね

つまり、「商品」と「お客さん」が決まらなければ
話になりません

なので、その2つを実際に決めます

もし、売る商品が決まっているのであれば
その商品を買ってくれそうな人が誰なのか徹底的に調べるし

お客さんが決まっているのであれば
どんな商品が受けるのか徹底的に調べます

どちらも決まっていないのであれば
まずは世の中にはどんな市場があるのか
徹底的に調べて、儲かりそうな市場のお客さんを見つけて
またそのお客さんを徹底的に調べます

世の中にはどんな市場があって
世の中にはどんなお客さんがいて
世の中にはどんな商品があるのか

ここを理解することがマーケティング戦略を考えていく上で
必要不可欠なものなのです

だって、お客さんのことわかっていなかったり
商品のこと知らなかったら
誘導のやりようがないですからね

おじいちゃんにスカートを売ったり
JKに将棋盤を売るような事態に陥ってしまいます

これは大げさな例ですが
近いようなことは実際に市場で起こっています

しっかりとリサーチをして
マーケティングが出来ている企業は超絶少ないです

大手だろうがなんだろうが関係ありません

脳みそを鍛えて
マーケティングを理解するだけで
希少性は上がるので
会社内での地位は上がるし
個人で稼いでいく力もつくので

生きていく上でマーケティングを学ぶのは
必須だとも言えます

2.どこでお客さんに自分の商品を知ってもらうのかを決める

ここからは実際に誘導していくお話になります

まずは、商品をどこで知ってもらうのかを決めます

ネット上でサイトを作ってそこで知ってもらうのか
リアル店舗を構えて来てくれた人に知ってもらうのか
口コミで勝手に広がるようにするのか

などなどを決めます

それぞれの認知のさせ方は
商品によっても変わってくるので
そこを吟味します

例えば、靴は
ネットで買うとサイズが合っているかわからないから
リアル店舗構えた方がいいかな
とか考えるわけです

誘導のさせ方は
リサーチしたお客さんと商品によって
最適解が変わってくるので、がっつり吟味します

3.どうやってお客さんに商品の魅力を伝えるか決める

認知してもらっただけでは
お客さんは商品を買いません

その商品が実際に自分にとって必要だと感じた時
初めて商品を購入するに至るのです

だから、その商品の魅力を伝えて
商品を購買する方向に誘導していくのです

例えば、PCだったらどう魅力を伝えますかね

PCを実際に店舗の中でいじれるようにするとか
魅力を伝える解説員をつけるとか
ネット上にPCの良さを伝える動画を出すとか
その店舗内で商品を買ってくれた人にPCの魅力を伝えるチラシを渡すとか

やり方は無限にあります

かかるコストと見込める効果を比べながら
戦略を立てていきます

今の時代、インターネットを用いた
マーケティング戦略が必須であると言われていますが
それは
「コストが安い上に見込める効果が抜群」だからです

ネット上にサイトを作るのなんて
年一万とかで出来ますからね

そして、リサーチの話とつながって来ますが
今、世の中のお客さんの大半はインターネットを使っていますので
見込める効果が抜群なのです

まとめ

以上の流れ

  • リサーチ
  • 商品の認知の仕方を決める
  • 商品の魅力の伝え方を決める

これが「お客さん」に「商品」を「売る」ために必要な
「誘導」の具体的戦略であり

マーケティング戦略とは?
という疑問に対する回答になります

え、そんな簡単なの?
と感じるかもしれませんが

難しいものではありませんよ

基本的にマーケティング戦略をミスっている場合は
リサーチの部分が適当になっているだけです

お客さんのことを真の意味で理解していないことが大半です

だから、徹底的にまずはお客さんのことを知りましょうと
マーケティング戦略を考える人には伝えます

お客さんの人生を熱く語れるくらい
徹底的に調べるのです

それをやった先に成功するマーケティング戦略は見えてくるし
莫大に儲かります

インターネットを用いないマーケティング戦略はあり得ない

今の時代
多くのお客さんはインターネット上で活動しています

インターネット上で活動しているということは
インターネットありきでマーケティング戦略を考えた事業が
成功するのは目に見えています

人が時間を奪われている場所にアプローチしていかないと
全てのアプローチは無駄になりますからね

テレビに多くの時間が奪われているのか
スマホに多くの時間が奪われているのか
井戸端会議に多くの時間が奪われているのか

一体お客さんとするターゲットが
何に時間を奪われているのか考えることが
リサーチする上では必須ですが

今の時代は圧倒的にインターネットのシェアが大きいです

じいちゃんばあちゃんでも
インターネット使ってたりしますからね

インターネットを理解するのは必須なのです

以下の記事に
ツイッターを使ったマーケティング戦略について語っているので
よかったら参考にしてみてください

ツイッターで収益化する仕組みまとめ

今回は以上です

では

とっきーって何者??

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万の自動化を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です