闘志を燃やすことで人生変えた僕の物語

闘志を燃やせ!

闘志を燃やして戦う

これは人生を生き抜いていく上で
避けては通れないことだと思います

やっぱり局所局所で
競争が生じることはあるし

勝つひともいれば
負ける人もいる

この事実から避けてはいけません

しかし、実は

闘志を燃やすことに関して
勘違いしている人がたくさんいると僕は感じています

闘志を燃やして頑張る=目の前の勝負に勝ちまくること

と多くの人は考えていますが
僕が考える、闘志を燃やして頑張るとはむしろ

闘志を燃やして頑張る=負けまくっても、諦めない、逃げないこと

だと思っています

だって、人生で負けないことってないですからね

絶対に失敗することはあるし
辛い時もあるし

とんでもない恥をかく時だってありますからね

それでも
どんなに恥をかいてでも

勝負から逃げない

逃げてしまったとしても
もう一度立ち上がることができる

それが

本当の意味で闘志を燃やすということなのだと思います

第一の勝負、受験

僕にとっての第一の勝負は受験でした

当時、成績的には
東大なんか全く無理

E判定以外とったことがない

という状況でした

ぶっちゃけ、東大を目指してはいましたが
無理かなーと何回も思いましたよ

だって、模試を受ける度に
E判定だし

自分と同じような状況から
東大に受かった人
先輩では一人もいなかったですから

そんな状況ですから
一時はやめようと考えた時期もありましたけど

僕が勝利できた要因って

ここで何度ももう一度立ち上がったことだと思うんです

萎えて、勉強する気失せて
家帰って、ぼーっとして

テレビ見て
ため息ついて

寝て、

起きて

あー、仕方ない、もう一回やるか

と立ち上がれた回数は
一番多かったと思いますよ

友達はみんな別のことに逃げるんです

受験という
単純な学力で全て勝敗が決まる世界に
居続けるのは辛いんですよ

だから、受験なんかどうでもよくね?
と逃げるんです

もちろん、受験が全てでないのは
確かにそうですが

もう受験勉強始めているし
他に何か熱中するものがないのにも関わらず

受験とかどうでもいいし

って言っているの逃げているだけですから

まあ、ちょっとは逃げてもいいんですけど
完全に逃げてはダメです

僕の場合

疲れたらたまーに片足だけ逃げて

気持ちとやる気を充填して
また、再び勉強する!

といったことを繰り返していました

頑張り続けた期間というよりかは
再び立ち上がれた回数

これが勝敗を分ける全てだと思います

第二の勝負、ビジネス

ビジネスに関しては

今も絶賛勝負中ですが

もちろん、萎えて死にたくなることあります
ぶっちゃけ

自分自身が萎えることももちろんあるんですが

誰かに頼んで動いてもらう
ということをした時に

思った通りに人が動いてくれないことが多くて
あー、人を動かすのって
大変なんだなーとつくづく感じているところです笑

とにかく

僕はビジネスに関しても
何度もくじけて、何度も立ち上がってきました

僕の場合
オンラインのネット系のビジネスを組んでいます

ネット上に
サイトだったり、メルマガやSNSとかを使って

ものを売っていくということをしているのですが

思った通りに
人が興味を持ってくれなかったり
ものが売れなかったりすることはしょっちゅうあって

あー、もう無理かもしれない

と萎えることばかりなんですよ

それでも自分が頑張っていけるのは

もう一重に

立ち上がる習慣が身についているから

としか言いようがないです

人は調子のいい時
希望を持てる時はそりゃー頑張れますよ

だって、やればいい結果が返ってくると
確信していますから

ポジティブな気分にもなりますしね

問題なのは
調子の悪い時です

失敗したり
希望を見失った時に
頑張れるかどうかで勝負って決まるんです

ここでもう一回やったるぞー!

みたいな考えができるかどうかですよ本当に

で、その時は
未来の予測とかしなくていいです

これをこれくらいやれば
こんだけの利益が見込めるとか

成果が出るかなーとか

考えなくていいです

ただひたすらに
がむしゃらにやればいいんですよ

だって、E判定とりまくっている人間が
これをやれば、次はC判定、B判定いけるから
頑張ろう

とか思えますかね?

無理ですよ

今までだって、そうやって成果が出ると思って
努力してきているわけですからね

だから、落ち込んでいる時
無理だと思った時
失敗した時は

もうがむしゃらにやりましょう

僕はそうやってきました

どんなに萎えて勝負から逃げたくなっても
片足だけはフィールドに絶対に残して

静かなる闘志は燃やし続けてきました

そして、がむしゃらにやっていると
知らぬ間に成果出ますから

信じてください

闘志は小さくてもいいから燃やし続けよう

爆発的な闘志をずっと燃やし続けることは
ぶっちゃけ無理だと思います

しんどいですから

でも

どんなに辛いこと
無理だと思っても

完全には逃げないこと

片足は勝負のフィールドに残しておいて
小さな闘志を燃やし続けること

これをして

がむしゃらに頑張っていれば
希望は見えてきます

自分はダメだ

もう無理だと思ったら

僕のこの記事思い出してください

その自己否定に陥った時こそチャンスです

みんなそこで完全に
勝負から逃げますから

試されているのですよ

片足踏みとどまりましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です