となりのトトロのキャラクターやストーリーから学べることを徹底分析してみた

こんにちは 

先日「となりのトトロ」を見て

超面白かったのだが 

トトロを徹底的に分析した結果をここに記したいと思う

映画を見ながら

ノートに死ぬほど、

トトロがなぜ面白いのか

どういった話の流れを作っているのか

書きまくった 

そこらへんを学ぶことで

ブロガーさんや

ユーチューバーさんなど

コンテンツ作りをしている人にとっては

めっちゃ役立つものになるのではないかと思う

トトロの話はつまらない??

僕は、自分自身は 基本的に
テキストおよびスピーキングによるコンテンツしか作っていないけど 

それでもトトロはすごくためになる

何でトトロって思うかもしれないが

それは

「トトロが大した話じゃない」

事による 

いきなりディスっているように聞こえて申し訳ないが 

トトロって冷静に考えると

マジで大した話じゃない

家族が田舎に引っ越してきて

トトロとかいうネズミか狸かわからん奴に会って

お母さんの病気が悪化したかもしれないと

メイとサツキが勘違いして

トトロとネコバスの力を借りて

お母さんの元に行って

結局お母さんなんともなかった

よかったね 

という話 

これ大した話じゃなくないか??

ラピュタみたいに

空に浮かぶ伝説の島を追う物語でもなければ

ナウシカみたいに

人類が文明を発展させすぎて腐海という

猛毒を出す植物や人食い虫が世界を滅ぼす

といった物語でもない 

ただただ

田舎に引っ越してきた家族がいて

お母さんが体調崩して

でもやっぱり大丈夫でした

って話なんだ 

僕はコンテンツメイカーとして

ブログだったり

動画だったり作っていて思うのだが

コンテンツメイカーとして

優秀なのは

大したことない話を

魅力的に見せることができる

この能力がある人だと思う

トトロの話は

トトロという魅力的なキャラがいるにしても

話自体は至極退屈なものになっているんだ

トトロが面白いのはなんで??

で、そんな中

なぜ僕らはトトロをとても面白いと感じるのか

それは

どれだけキャラの感情を細かく表現できるか

動きを細かく表現できるか

だと思う 

トトロのキャラって

ナウシカとか

ラピュタに比べると

一人一人のキャラへのフォーカスする時間がとても長い

特にメイとサツキ 

この二人に死ぬほど焦点が当てられていて 

それぞれのキャラがめちゃめちゃ細かく表現されている

メイが初めて小トトロを見つけて

追いかけるシーンや

大トトロのお腹の上でトトロと喋るシーンなんか 細かすぎてビビる 

トトロが自分の名前を名乗るのも

でっかい声で

「トートーローーー」

って言ったり 

ちょっと小さい声で

「トートーローー」

って言ったり

鼻ムズムズさせたり 

目をくりっと動かしたり 

めちゃめちゃ細かい描写が描かれている

一人のキャラを魅力的に見せるには

一人のキャラをとにかくリアリティーに拘って

細かく描くことが大事だということがわかる

とにかく細かくね 

僕がブログに生かすとしたら

より、キャラを細かく描くようにすればよい

ということだ

例えば

僕がパンを食べました

というブログを書くとする

そしたら

パンを食べた様子をめっちゃ細かく描くわけだ

パン食べるなんて

クッソつまらないコンテンツだが

詳細に描くことによって生きてくるはずだ

じゃあまず

全く細かく描かない場合

ーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、先日パンを食べまして

とても美味しかったです

うちの近所にあるパン屋で買ったのですが

家に帰ると

腹が減ってかぶりつきました

いつも、パンを食べるときは牛乳を一緒に飲むのですが

今回は買い忘れてしまい

パンだけで食べました

皆さんもぜひ食べてみてください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうですか

クッソつまらないでしょ

では 詳細に書いてみよう 

どんなに平凡な日常でも

トトロ理論を使えば

絶対に面白くすることができるはずだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、先日パンを食べまして

とても美味しかったです

そのパンはメロンパンで

外側サックサクで中身フワトロ

サイズ感は小さくて 

3口で食べきれてしまいそう

噛み付くたびに 

サクッ 

サクッと鳴り 

パンのかけらが机の上に落ちちゃうのですが

その落ちたかけらさえも

一生懸命1つ1つつまんで集めて 口に入れてしまうほど 

気に入りました 

最後はもちろん、手についた砂糖もペロリと舐めて

完食です

ちょっと汚かったかな笑

ぜひ食べてみてください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、いかがだろうか 

どっちも

パンを買って食べるという

シンプルなストーリーだが

詳細に語ることにより

面白いコンテンツになっていないだろうか

しかも、このパン食べたくならないだろうか

詳細に語ることにより

パンの魅力が増して

コンテンツとしての質も上がっているのである

よくコンテンツメイカーの悩みとして

ネタがない

なんてものをよく聞くのだが

それはせっかくある世の中のネタを
ネタとして扱えていない

と自分の実力の無さをひけらかしているように感じる 

どんなことでも

詳細に事細かに扱うことで

コンテンツの価値は上がるのだ

有名なユーチューバーを見ていてもわかる 

超どうでもいいワンシーンなどを

スローモーションにして

詳細にコンテンツに表現することで

新しい価値を生み出している

ユーチューバーは本当にすごいよ 

コンテンツメイカーのプロフェッショナルだよ

超くだらない日常のネタをどうにかして面白くしようと

毎日思考錯誤しているわけだから

まあそりゃ頭よくなるよね

と思う 

まあ、僕としては

座学を挟めばもっとよくなるとは思うのだが

それでもすごいよ

では次はテレビの例を話してみよう

松本人志さんとか浜田雅功さんとか

さんまさんとか

そこらへんの絶対に面白い人たちをキャスティングして
コンテンツを作ったらそりゃ面白くなる 

でも、僕らコンテンツメイカーが目指すべきは

名の知れないクソつまらない芸人を

超面白くコンテンツに生かして

さんまさんやダウンタウンさんのコンテンツに勝つことなのだ

それが

文章術であり

話す力であり

コンテンツの作り方であり

プロデューサー的な

ものや人の生かし方を極めるということだ

ブログや動画撮る際に絶対に必要な能力

僕はネットビジネスマンとして
不可欠な力をwebマーケティングとライティングだと思っている 

webマーケは Webのツールを使って 売れる流れを組むこと 

そして、ライティングとは 言葉を操る力で 

コンテンツを作る力そのものだ

どっちもかけてはいけないと思うが

学ぶのに時間がかかるのは

圧倒的にライティングだ

そんな簡単に面白い文章は書けるようにならないし

面白いトークはできるようにならない

僕はひたすら練習してきたし

これからも練習する予定だ

スピーキングに関しても ユーチューブに動画をあげまくって練習している 

初めの動画と

最近作った動画では

話のスキルが違うから

ぜひみてみてほしい 

これが一番初めに作った動画

下手すぎて

恥ずかしすぎて

今では非公開にしているが

ここでは晒しとくw 

そしてこれが
最近作った動画

まだまだなのはわかっているけど

成長は感じられるのではないだろうか

こんな感じで誰でも成長することはできるのだ

とにかく、ライティングなり スピーキングなり 

コンテンツを作る上での主軸となる

脚本を書く力は

ユーチューバーであろうが ブロガーであろうが 鍛えておいて損はない 

というより

鍛えなければ話にならないのではないか

とも思う

では話をトトロに戻そう 

トトロの魅力まとめ

トトロでは

一人一人のキャラクターを詳細にに見せることによって

そのコンテンツの価値が跳ね上がるという話をした

サツキがお母さんの心配をして泣いているシーンも
たくさんの人が殺されてナウシカが悲しんでいるシーンも 

見せ方によって 同じように悲しいシーンとして 扱うことができるのだ 

結局人間ってのは

現実的にどれだけ酷いことが起きているかより

その場にいる人間がどのように感じているかが大事なのだ

家族ぶっ殺されても

何も感じない人もいれば

ペットがちょっと弱っただけで

絶望的に感じる人もいて

コンテンツとして

どっちの方が面白いものになるかというと

後者なわけだ

感情が揺れ動いている方が

現実の問題のデカさよりも重視されるのだ

全く恐ろしい話だけどね 

では、次に魅力的なキャラクラーの見せ方以外に

トトロをコンテンツとして面白くしているものは何か

という話をしていきたいと思う

まあ、

トトロに限った話じゃないんだけどね

ジブリにおいて

面白いコンテンツの作り方は何かってこと

ジブリでは

恐れとか恐怖とか神秘性とか

そこらへんで人を惹きつけている

例えば

トトロだったら

トトロが住んでいるでかい木

何千年もいきているでかい木なんて神秘的だし

なんとなく恐れも感じる

もののけ姫でも

神秘的なシーンは多い

おっことぬし様とかいうイノシシの化け物とか
デイダラボッチとかいう神様とか 

神秘的で恐れ多いもので人を惹きつけている

人はそういったもの惹きつけられるからね

神様、神秘性、人間がコントロールできないもの、真理、

なんてものに人は興味を潜在的に持っていて その見せ方や作り方がジブリは非常にうまい 

これに関しては

僕は自分のコンテンツにどう生かしていけば良いのか

未だわかっていないけど

もし、漫画やらアニメやら映画の制作に関わることになったら

ぜひ参考にさせていただきたいと思う

僕らの人生を変えるものとは

そして、最後に

トトロというコンテンツを分析して思ったのは

子供心というものが
物語の展開に必要不可欠である

ということだ 

トトロでは

その役割をまさにメイが果たしている

子供心というか

まさに子供だが

メイが子供の興味心とか探検心を持っているから

小トトロを追っかけて

大トトロに出会うことになったし

最後に

サツキがトトロとネコバスの力を借りることになったのも

メイが子供心、わがまま、探究心を貫いて

迷子になったことが原因だ

つまり

物語の展開には必ず

メイの予測不可能な行動が関わっているということだ

他にも千と千尋だって同じだ

千尋やその家族が現実世界から

カオナシのいるあの不気味な世界に入ったのも

お父さんが興味本位で立ち入ったことが原因なのだ

そう、物語を展開させていくのに

子供心というのは必須なのだ

そして、これに関して 僕は現実世界でも当てはまることだと感じている 

リアルの世界でも
物語を劇的に展開させるのは
子供心なのだ

僕がそうだったから 

僕はネットビジネスの世界に入ったのも

子供心からだった

ホリエモンさんなり メンタリストDaigoさんなり 

自分の好きなことやって生きている人を見て

こんな人生あるのか

俺もやってみたい 

そんなガキンチョ的発想から始まった

今となっては webマーケなり ライティングなり セールスなり 

それなりの知識はあるが

だからと言って

初めからそんなものがあるわけもなく

ただただ無邪気に子供のように

好きなことをやって生きる世界に憧れていただけだ

冒険してみたかったのだと思う

僕は東大行ってたし

就職先なんて

超絶有名大手企業に入ることは可能だった

でも、その道が退屈で超つまらない

そう知って

じゃあ、冒険してみたい

って

そう思ってネットビジネスで起業することにしたんだ

まあ、起業したって言っても

ぶっちゃけ全然冒険ではなくて

言われたことやったら
ただただ成果出るわーみたいな感じだったがw 

僕の師匠曰く

お金に困っている段階というのは相当レベル低い段階らしく

僕も早く月100万くらいは超え
お金に縛られずに次の段階に行きたいなと 日頃感じている 

ネットを越えたビジネスに挑戦するってなったら

それは大きな冒険になるとは思う

でも、結局またもや

ただやるだけ段階になるのかもしれないとも思う

ビジネスとか起業って

リスクのある冒険だと思っている人がたくさんいるけど

全くそんなことなくて 

実は綺麗なやり方

答えがあるんだよね

で、ネットに関しては僕は大体身につけてしまったわけで 

そうなってくると

冒険が冒険じゃなくなるんだよね

ワクワク感が消えるほど勉強すれば

成果は出る

なんかパラドックスに聞こえるけど

勉強して

わからないことがわかるようになって

冒険が冒険じゃなくなった時に

また新しく

ワクワクする冒険が見えてくるんだよね 

僕の場合毎日が冒険のようで超楽しい

始めはツイッターで反応取れるようなツイートしてみよう
ってとこから始まって

次にブログ書いてみよう
動画撮ってみよう
メルマガ書いてみよう 

電話でセールスかけてみよう

稼ぎまくっている人に会いに行ってみよう

経営者セミナー行って

中小企業のコンサルとってみよう

みたいに

どんどん冒険する世界が広がっていっている

超楽しい 

もちろん、努力する必要はあるけど

最近だと

努力することが当たり前になったというか

逆に勉強や作業以外に楽しいことが見つからない

もちろん

ゲームとか

映画見るとか

ドラマ見るとか

楽しいよ 

でも、ずっとやりたいわけじゃないよね

ずっとやっていて楽しいのは
自分がアウトプットして 勝負している時なんだよ 

初めてものが売れた時とか

初めてコンサル売れた時とか

初めて完全自動収益化できた時とか

マジで嬉しかったし

超楽しかった

人間が楽しいと感じるときは
壁を超えてクリアしていく時だからね
ゲームのようにね 

さっきurlをはった動画でもいったけど
ゲームなんだよ人生は 

ゲームのように楽しめた人が勝てるのさ 

だって、ゲーム感覚持てていない人は チャレンジできないから 

チャレンジして
ちょっとミスったら
それがゲームオーバーだと思っている人ばかりで 

人生というゲームはそんなに厳しくないのよ実は 

ちょっとミスったくらいで
 HPなんて一切減らないし 

例えば10万円広告に溶かしました 

なんていっても

ハートが半分削れるくらいのもんで

ハートなんて飯食えば

回復するじゃん

もし、超絶きついダメージ受けて
ハートが全部無くなって
ゲームオーバーになっても 

一晩ぐっすり寝て

もう一度やり直せばいいだけやん

なんで、一回ミスっただけで 人生終わりみたいになるのか 

不思議でたまらない 

まあ、チャレンジしなさすぎると

そうなってしまうのもわかる

僕もそうだった 

親、先生、友達

みんなが大学に行って就職するという道が最高の道だと

僕に言い聞かせてきて

それを僕は盲目的に信じて

ただひたすらにレールから落ちないように

必死に頑張ってきた 

絶対に大学に行かなくてはいけない

高卒になったら人生は終わる

就職先は大手に行かなければいけない

大手に就職しなければ人生終わる

そう頭に植え付けられてきた

だから、就職をやめてネットビジネスというものに挑戦するのは

死ぬほど恐怖だった

しかし、実際にレールを外れてみて

待っていた世界は

終わりなんかじゃなかった

楽しいし、自由だし、充実しているし

てか、僕の周りとか 高卒で月100万200万稼ぐ人とか普通にいるし 

大学中退とかで億の資産持っている人とかもいるし

なんというか

世界知らなかっただけなんだよね

行ってみれば全然大した世界じゃないことはわかるから

ぜひ挑戦してほしい

もし、どうしても不安で仕方がないというのであれば

リスクがない範囲で頑張ってみてほしい

副業でブログ書き始めるのなんて誰でもできるでしょ 

そのブログ書いてたら

あれ、意外といけるやんってなって

稼げるようになって

いつの間にか本業よりも稼げちゃってる

退職します

さようならー

なんてこと余裕で起こりうるのだ

学歴も年齢も性別も

何にも関係ないフェアな世界がネットビジネスの世界であり

誰にでもチャンスは広がっているのよ

だからぜひチャレンジしてやってほしいなあと思う 

ちょっと話は逸れたけど

人生という物語を展開させるのは

ちょっとした子供心だから

興味あるなら

立ち寄ってみなってこと

立ち寄ってみたら

トトロに出会えるかもしれないし

八百万の神様に出会えるかもしれないし

ラピュタに出会えるかもしれないよ

もちろん

メイちゃんも千尋もシータも

苦労したし、楽しいことばかりじゃなかったと思うよ

でもさ、でも、

子供心を持ってチャレンジしなかったら

そもそも何にも出会えてない

単調でつまらない人生になってたのよ

僕は人生という指標において

最高の反対はどん底ではなく

平坦だと思っている 

どん底に落ちた人間は

その経験が価値になるし

復活のしがいがあるから

でも、マジの平坦な人生を歩んでいる人は

何にもないから

死んでいるのと同じだ

僕がそうだったからね

平坦な人生だった

もちろんそれなりに色々頑張ったけどさ

受験勉強とかもね

でもさ

これが面白くて

受験受かった時

そんなに嬉しくなかったんだよね

めっちゃ頑張って努力して

その結果受かったのにだよ

今なら原因はわかるけどさ

だって、結局自分の子供心に従って

チャレンジしたことじゃなくて

親や友達や兄弟に言われてやったことだったから

子供心に従ってチャレンジしないと

どんなに凸凹の人生歩んでいるようでも

人生に真の意味での充実感がなくなっちゃうのよね

あー勿体無い 

僕は、今でも

ネットビジネスに挑んでくれた昔の自分に

感謝しても仕切れない

よく頑張って決断したな

ありがとう

そして、これから 何かにチャレンジしよう
という方には 本当にチャレンジしまくってほしいと思う 

私なんか俺なんか

なんて思わずに

とりあえずやってみてほしい

人生を切り開くのはいつだって

ちょっとした子供心なのだから

とっきーって何者??

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万の自動化を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です