東大生は天才じゃないのか?現役東大生が回答いたします

東大生ってやっぱり天才ですよね?

東大生ってなんだかんだ
やっぱり天才ですよね?

世間一般の意見として
そう言ったものがあるのは知っている

だって、僕自身言われてきたから

「天才だね」

みたいなことを

じゃあ、本当に僕は天才なのかなーと
そう考えた時に

いや、天才ではないだろw

と自分で笑ってしまう

なぜか

それは僕が

東大に入って本物の天才を見てきたからだ

東大生ってやっぱり天才ですよね?
という回答に対して言えることは

天才はいるよそりゃ

ということである

みんな努力の天才だ!
とか綺麗事を言う気はない

だって、明らかに努力しないで入ってきてるやついるし笑

僕が必死こいて1日10時間勉強していた話すると

1日3時間くらいしかやってなかったとか
平気で言う奴いるし

学校入ってからも
一緒に勉強していても
同じ時間やっていたはずが

テストの点を開けてみると

月とすっぽんほどの差ができているし

うわー、天才やん

と感じることばかりだった

天才についてみんなが勘違いしていること

天才ってのはズバ抜けている

僕みたいな人間のことを
東大に入れたのだから
天才でしょ

と言う人もいるかもだけど

天才ってのは
そんな中途半端なもんじゃない

天才に中の上とか

上の下

とか

そんな分類はない

天才は飛び抜けて異次元の領域にいて

世の中は天才とそれ以外なのだ

僕は間違いなく
天才じゃない

というか努力して東大に入っている時点で
天才なわけがない

天才ってのは
なんもしなくてもわかっちゃうから天才なのだ

みんなと一緒に勉強して
みんなと一緒に切磋琢磨して
みんなと競う中で

成績が上がっていった

みたいなのは
天才じゃない

天才のくせに努力する奴もいる

後、勘違いしないで欲しいので
付け足しておくけど

天才は怠慢であるわけでもない

まあ、怠慢になりやすいとは思うけど

何もしなくても出来るからといって
実際に何もしないわけじゃなくて

努力する人はいる

この

天才×努力

こんな人間が世の中にはいるのだから
全く泣けてくるぜ

勝てる気がしないもんね

そんな人が
偉大な発見をしていくのだと感じる

もちろん、

研究というのは
積み重ねで
たまたま自分が大発見を見つけても

それまでの研究者が積み重ねてきたものがあるから
その人全ての功績とは言えないけど
それでも、その偉大なる成果は

天才×努力の人間に引き寄せられる気がする

え、凡人なんすけど、どうすればいいですか?

ここまで聞くと
天才でもなければ、努力家でもない

みたいな人が絶望するかもしれないので
フォローしておくけど

一応僕のイメージ

天才なんて
0.1パーセントもいない

そして天才×努力家なんて
0.01パーセントもいるのか怪しい

じゃあ、大半の人間はどうかというと

20% 凡人×努力家

80% 凡人

という感じだ

つまり世の中のほとんどが凡人であり
そもそも、天才のことなど気にしても意味がないということ

日々行われる勝負、評価、などなどは
凡人同士で行われるもので

努力次第でどうにでもなるってことだ

だから僕ら凡人が目指すべきは

20%側になるということ
そっち側に入るにはもちろん努力する必要はあるけど
そこまで絶望的な数字じゃないだろう

僕も間違いなく凡人だけど
凡人なりに努力はしてきた

20%側になるために(と考えてきたわけじゃないけど)
努力してきた

僕は勝負事が実はあまり好きじゃない

特に受験というものは
勝者と敗者が明確に決まってしまう

勉強ができないだけで
人生負け組みたいな扱いになるのは違うと思うし

それぞれの人がそれぞれの個性を発揮して
全員が全員充実した人生を送れたらなんといい事か

理想はある

しかし、僕もバカじゃない

努力できない凡人が
酷く扱われたり
搾取されているのは知っているし

バカが損するのは
明らかだ

だから、努力して多くの人に知識をつけて欲しいと
本気で思っている

学生さんは学生さんで
教養や学力、ビジネスについて学んで欲しいし

社会人の方には
がっつりとビジネススキルを学んで欲しいと思う

そのん努力を積み重ねれば
十分社会的に上の立場に上がることはできるから

天才か天才じゃないかなんて
まじで気にする必要がない

ちなみに、次のようなことをいう人がいる

「努力できるのが才能なんだよー」とか言ってくる奴はもう終わり

「努力できるのが才能なんだよー」

これを言った時点で人生終了だと思った方がいい

まあ、今まで使っていた人は
絶対に今後使わないことだ

努力できないとか
救いようがないから

努力は誰でもできるもん

間違いない

できないのは、脳のスペックじゃなく
危機感や意識の問題だから

集中力が異常に続くとか
疲れづらいとか

そう言った身体的な特徴はあるから
一見、努力ができる人とできない人にも
才能の差を感じることがあるかもしれないけど

努力ってそういうことじゃない

長い時間集中できるから努力家とか
そうじゃない

努力家とは
諦めずに頑張り続ける人のことだ

集中力がないなら
集中力が切れたらリフレッシュする

リフレッシュして
場所変えてみるとか

コーヒー飲んでみるとか

試行錯誤し続ける人のことだ

身体的差は誰しもある

ただ、

諦めないなんていう単純なことは
誰だってできるんじゃないかな?

最後に

東大生の考える正しい努力の方法について
以下の記事でも語っている

ぜひ、参考にしてみてね

東大生が考える正しい努力法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です