東大生で変人ですけど何か質問ある?

僕は東大生で変人ですよ

僕は東大生だけど

最近世間のイメージ的に

東大生=変人

というものがはびこっているようで

あえて言おう

僕は東大生で変人だ

これは冗談で言っているわけじゃなくて
確かに僕は周りの人から

変わっているよねー

とか

変人だよねー

とか言われてきた

嫌われてるとかではないけどね
(そう願いたい)

そんな変人東大生である僕が
東大生変人多くな〜い?

という意見に関して思ったことをぶつけた動画がこれだ

東大生ってなんかちょっとずれているよね?

なんかちょっとずれてるよね?

そんなことを言われるのは
日常茶飯事だった気がする

ちょっとした受け答えだったり
間の取り方だったり

ずれているらしかった

確かに、僕は人と話すのが
不得意な方だったし

コミュ障ってやつだった

しかし、コミュ障とも違うらしい

なんかちょっと違うってよく言われた

なんだよそれ笑

知らねえよ

なんかちょっと違うと言われて改善できるか!

そんな風に思っていた

なんかちょっと違うのは、大切にしているものが違うということだった

最近になって気づいたのだけれど

なんかちょっと違うというのは
おそらく

大切にしているものが違う

ということだろう

東大生って明らかにファッションセンスがヤバい奴がいる
(僕も昔はやばかった)

みんながカラオケにいく中で
昆虫博物館に5時間くらいいたりする

それらは全て

自分にとって大切なものが
他人とずれているということなのだろう

周りの人がファッション大事だ!

と思っている中

変人東大生は、数式を解くことが大事なのかもしれないし

周りの人がカラオケにはまっている中で
昆虫にはまっていたりする

それはある意味

自分を大切にしているということに他ならない

だって、みんながカラオケ行くからって
自分がカラオケ好きとは限らなくない?

でも、カラオケ行ったことあるでしょ

それは、自分よりも他人を優先しているのだよ

自分の中で大事だと思っているものを貫き通すのか?

それとも

他人と大事なものを共有するのか?

で変人か変人ではないかが決まるのであるなら
僕は喜んで前者を選ぶ

自分を殺してまで
世間一般に合わせるなんてアホらしい

変人と言われてからが人生の始まり

変人と言われてからが人生の始まり

そんな風に考えている

もし、普通の人だと言われたら
もう一度自分に問い直す必要がある

自分は自分の生きるたいように生きているのか?
ということに

もちろん、全員から変人だと言われて
孤独になれ!

と言っているわけじゃない

あなたのことを認めてくれる人が
一人もいないほど
わざと変人になる必要はない

ただ、会う人会う人に普通の人と言われていたら

あなたは、自分を殺しているはずだ

絶対に自然体ではない

あるコミュニティにおいて
普通の状況が

あるコミュニティにおいては
異常だからだ

もし、そう言われないのであれば
あなたはそれぞれのコミュニティにおいて
いい顔をするべく、必死に自分を殺しているはずだ

そんなことはしなくていい

八方美人ほど
精神を削るものはない

みんなに好かれようとしなくていい

「みんなに好かれている人」が嫌いな人がいる時点で

その夢は実現しない

自分の思った通りに生きよう

変人万歳である

変人だけど、友達がいなくなるわけじゃないよ

みんなに合わせないと
友達がいなくなると感じるかもしれないけど

そんなことはないよ

そもそも、同じ価値観を持っている人なんていないのだから

あいつはあーゆー奴だから

と言われるだけで
関わってくれる人が減るわけじゃない

ただ、自分を殺さないと仲良くできないのであれば

そんな関係捨てていい

言っておくけど
世の中には死ぬほど人がいる

そして、簡単に繋がれる

ネットのおかげで
地球の反対側にいる人とも
FACEBOOKでチャットもできるし、電話もできる

こんな世の中において

自分を殺してまで
人との関係を維持しようと必死になる必要はない

せっかく開かれている可能性を
殺してしまっているのは自分だよ

世界は広がっている

インターネットを通して
誰とでも繋がれる

このブログを通して
僕とあなたも繋がっている

もし、何か迷っていることがあれば
以下の記事も読んでみて欲しい

面倒な人間関係を断って人生を変えたぼっちの話

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始め

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万を達成しました

100万円以上の自己投資を通して
ビビリで安定志向で何もできなかった自分が
主体的になり、稼ぐ人間となれた経緯を語った物語

「東大生の決断」をメルマガ限定で無料プレゼント

無料で電子書籍をゲットする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です