東大生は頭がいいのか?それとも頭が悪いのか?

東大生は頭がいいのか?頭が悪いのか?

最近、テレビ番組やインターネットの露出が増えている東大生ですが

本来、日本一の学歴を持つ東大生ですから

「めっちゃ頭いいんじゃないの?」

と思いきや

テレビを見ていると
変人東大生や、社会性のない東大生が出演していて

「この人たち、本当に頭いいの?」

と疑問を頭に浮かべてしまう方も多いかと思います

では

東大生は頭がいいのか?頭が悪いのか?

どっちでしょうか

結論から言いますと

東大生は頭が悪いです

東大生の頭が悪いと思う理由

僕は現役東大生ですので

無論、様々な東大生と関わる機会が多いのですが

東大生は
はっきり言って
ビビリでコミュニケーション能力の低い人がかなり多いです

高校生までの間

余計なことはせずに
勉強をすることを強制されてきた人もたくさんいますから

結果として
人間として一番大切な能力

・コミュニケーション能力

・発想力

・行動する力

・度胸

などが失われてしまったのかもしれません

すると

勉強だけできて
全く役に立たない

頭でっかちな人間が出来上がってしまうのです

頭でっかちな人間ほど馬鹿であると思う理由

頭でっかちになると

どんどん馬鹿になります

なぜなら人間とは
行動することで
賢くなる生き物だからです

例えば
目の前に鉛筆削りがあるとしますね

鉛筆削りがあったときに
すぐに行動する人間は

とにかく鉛筆削りをいじり倒します

穴ぼこのいろんなもを突っ込んだりしているうちに

「これは鉛筆を削るものなのだ!」

と気づくことができて

すぐに使い方をマスターします

しかし、頭でっかちで行動しない人間はどうなるでしょうか

遠くから
じーっと鉛筆削りを眺めて
何もいじりません

形や形状から
色々な予測を立てるだけで
一切の行動をしないのです

そして見当違いな答えを出す

これを馬鹿と言わずになんというのでしょうか?

頭を良くするためには行動する必要がある

人間が頭を良くするためには
とにかく手足を動かして

経験を積んでいく必要があります

百聞は一見に如かず

百見は一動に如かず

です

自分馬鹿だなーと思ったときほどチャンスで
とにかく動きまくればいい

そして、たくさんの学びを
肌で感じ取れば良いのです

そうすれば

自分よりも頭が良いだろうなー

と思っていた人が
ただのアホだったと気づくことができます

まとめ

東大生は頭が良いのか、それとも悪いのか?

悪い

というのが僕の結論でした

結局、東大に入るために一番大事なのって

計算力と暗記力です

これさえあれば東大に受かってしまいます

しかし、社会に出てから
本当の意味で頭がいいと思われる人は

行動力に優れている人ばかりです

動いて、実際に結果を出しているからこそ
言葉にも重みが出るし
多くの人から尊敬されるのです

しかし、東大生は
プライドが高くなりがちなので

恥をかいて行動するというのが
苦手な人種なため

結局、机上の空論ばかり並べて
馬鹿になってしまう

というオチです

悲しいですね

精神論に聞こえるかもしれませんが
恥かいてでも動き続ける

とっても大事なことだと思いますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です