東大受験生が選ぶべき滑り止めはどこ?

東大受験生が選ぶ滑り止めとは?

はじめまして、とっきーです

2015年入試で東大理科二類に合格しました

今回は僕が選んだ滑り止めについてお話しいたします

結論から言いますね

僕の滑り止め

・慶應薬学部

・慶應理工学部

・早稲田先進理工学部

・その他諸々

主なものは慶應と早稲田で
センター試験のみで合格を得ることができる
センター利用で他の大学も滑り止めとして使いました

ちなみに、滑り止めも全て受かりました

早慶を滑り止めにするなんて可能なのか?

早慶が滑り止め?!

とびっくりする方もいらっしゃるかもしれませんが

東大に受かるような人間にとっては
結構当たり前な感じです

はっきり言って

早慶の対策なんてしなくても
受かってしまいます

事実僕も、早慶の対策は
直前に過去問をちろっと解いただけでした

なぜ、そんなことが可能なのかと言いますと

まさに東大の受験問題が
全ての能力を問う

良い受験問題だからだと言えます

暗記、計算、論理的思考

全てが組み合わさっていなければ
合格点を取ることはできません

つまり、

東大に受かる力があれば
どこだって受かるのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です