東大に入学するために何浪までなら許されるのか?

東大に入学するために何浪までなら許されるのか?

高学歴になればなるほど
社会に出てから優遇されるのが現状の日本と言われますが

学歴に拘って
高学歴になるために浪人んを重ねる人も少なくありません

今回は、高学歴、特に東大に入るために
一体どれくらい浪人する人がいて
何浪までなら許されるのか

といったお話を現役東大生の目線から
お話しさせていただければと思います

結論から言いますと
3浪までならギリギリアリかなーというイメージです

なんで3浪までならありなのか?

なぜ、3浪までならありなのかと言いますと

僕が実際に東大に入ってみて
浪人歴を聞いた時に

3浪を超える人をほとんど見たことがないからです

というか基本的には
2浪までの方が多いイメージです

僕が初めて入学して
クラスみたいなところに配属された時に

40人ほどいるクラスの人たちの内訳は

半分現役生

半分一浪生

1人か2人、2浪生

といった形でした

3浪をしている人はいませんでした

はっきりいって
東大を3回も目指している時点で

東大以外の有名私立大学には
受かっている可能性が十分にあり

浪人をするよりも
有名私立大学に行く方が
よっぽど有意義に時間を使えるため

わざわざ東大に拘って
3浪も4浪もする人がいないのだと思います

よっぽどのこだわりがある人や
親御さんが東大以外許さない

みたいな特殊な環境でない限り
3浪までにしておくのが
賢い選択ですね

まとめ

東大に限らず
大学受験は毎年合格できる人数が決まっていますので

受かる人もいれば
当然落ちてしまう人もたくさんいます

そして、受験は一発勝負ですから
実力以外にも
運の要素が多分に入ってきてしまいます

無理に東大にこだわらずに
有名な大学や

自分がやりたいことのある大学に入って
大学に入ってから
充実した毎日を送ることが良いと心から思います

人生において大事なのは
大学に入るまでではありません

大学に入ってからの方が
よっぽど大事です

受験なんて一つの関門にすぎませんからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です