東大を目指すなら絶対に抑えておいて欲しいこと

東大を目指すなら絶対に抑えておいて欲しいこと

はじめまして
現役東大生のとっきーです

今回は、東大を目指すぞ!東大に入るんだ!
と思っている受験生や学生の方々や

その親御さんたちに

絶対に抑えておいて欲しいことをまとめましたので
シェアしていきたいと思います

僕が思う

東大を目指す上で一番大事な事は

直前まで諦めないこと

だと思っています

直前まで諦めないこと

なんて超ありきたりの話やないかい!

と感じるかもしれませんが
これは、僕自身が東大合格を果たした上で本当に一番大事だと感じたからこそ
お話ししています

E判定から滑り込み合格を果たした東大生の話

僕は基本的に大学受験の模試というものを受けていて
東大をE判定以外とったことがありませんでした

もちろん、早慶の大学なども
最低ランクの判定ばかり

はっきりいって東大なんて無理やろうな

というのが
客観的に見た僕の成績でした

周りの優秀な人は
A判定B判定を当然のようにとっていましたし

僕と同じような境遇から
東大に受かった先輩もいませんでしたので
希望も全くありませんでした

しかし、僕は諦めなかった

それは
バスケ部でのコンプレックスなどなどが原因でした

レギュラーで試合に出させてもらってはいたのですが

自分はあくまでもお膳立て的な存在で

活躍するのはいつも自分以外の選手

点を取るのも
劇的なプレーをするのもいつも自分以外の人間でした

なんかもっと
自分が誇れるものってないのかな?

そう感じていた頃に

「東大に入ってしまえば、みんな俺のこと認めてくれるんじゃね?」

というちょっとした自己顕示欲から
東大を目指すことにしました

負のエネルギーの塊でしたが
それでも

負のエネルギーを受験にぶつけるという
わりかし健全な生き方ができたのかなと思っています

もちろん、先ほども話した通り
自分に学力なんて大してありませんから

先生などにめちゃくちゃ質問して
自分がどうしたら東大に受かるのか

しつこくしつこく聞いて
質問責めにしていました

先生としても
模試の結果が全く振るわない僕に困っていた時期もあったかもしれませんが
僕は諦めませんでした

「東大に入れば、全てが変わる」

なんていう風に思っていたのです

逆に、東大に落ちたら
自分には何も残らない凡人や

という思いを持っていました

しかし、どんなに頑張っても
模試の結果がE判定のまま

「やっぱり無理なんかなー」

そう感じている頃によく先生から励まされるようになりました

「お前ならギリギリいける、模試なんて気にするな、直前まで成績を伸ばせばいい!」

そう言われ

その言葉の通りになると信じ
ひたすらに勉強を重ねました

そしたら面白いことに
先生のいった通り、奇跡が起きたのです

まず奇跡はセンター試験で起こりました

それまで

700点ちょっとしか取れていなかったのに

センター試験本番の自己採点をしてみると

800点を超えていました

「まさか、嘘だろ…」

ほんの一週間二週間前まではとは桁外れに良い点数が出てきました

このとき、僕は本当に東大に受かることができるかもしれないと思いました

そこから僕の快進撃は進みます

自信をつけてから
しっかりと勉強を積み重ね

早慶の大学に全て合格

そして、

東京大学の合格発表の日

インターネット上の合格発表画面を見てみると

「俺の番号があるぞ….東大に受かってしまったぞ!」

叫びましたね、この時は

絶対に無理だと思っていたけど
とりあえずコンプレックスから目指してみて

諦めずに頑張ったら
本当に東大に合格してしまったのです

夢物語のように感じるかもしれませんが
事実です

諦めなければ
本当に東大なんて行けてしまうのだなと思いました

お前だからいけたんだろ

と感じる方もいると思いますが

大学受験って本当に直前まで諦めなかった人が勝つんですよね

「諦めない=正義」である理由

大学受験に限って言えば
評価されるのは

本当にテストの点数だけです

つまり、高校受験と違って
内申点というものが一切存在しないため

直前まで実力を伸ばせば伸ばすほど
受験合格にもどんどん近づいていけます

つまり、高校受験よりも遥かに
逆転合格が可能なのですよね

それに、成績なんて
一週間あればぐんと伸びることもよくあります

僕も1ヶ月で二桁くらい偏差値をあげたくらいの感覚値です

本気で勉強に集中すると
驚くほど短期間で成績って伸びてしまうのです

それに、東大を目指して諦めないことで
ぶっちゃけ早稲田や慶應などの大学に余裕で受かることができます

僕は慶應や早稲田の大学をほとんど対策せずに受けましたが
全て余裕で合格しました

東大を本気で目指して
最後まで諦めなければ

何が起きようと受験戦争では勝ち抜くことができるのです

まとめ

ありきたりな文句かもしれませんが
東大を目指すのであれば

絶対に諦めないこと

どんなに絶望に立たされていても
頑張ることが大切です

東大を本気で目指して努力した日々は
無駄になるわけがありません

成績は短期間で伸びるし

直前でも一気に伸びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です