東大と京大にはどんな差があるのだろうか?

東大と京大にはどんな差があるのだろうか?

日本の大学トップの二校といえば
東大の京大の二つが確実に上がりますよね

世間的には
なんとなく
東大の方が上なのかな

なんていう風潮もありますが

今回は
東大と京大の差について
現役東大生の視点からお話ししていきたいと思います

東大と京大の差

東大は縛りがきつい、京大は緩い

東大と京大では
学校の成り立ちや文化からして
実は全然違います

基本的に東大は
官僚を養成するために作られた学校ということもあり

規律に厳しかったり
面倒をしっかり見て、学生を育てるという雰囲気があります

に対して

京大は学校内において縛りは少ないです

京大は創立した初代学長が
研究や自由を重んじたために

無理に学生を縛ったり、強制するという雰囲気はありません

授業もゆるいと言います

ただし、学生は放置で
思い切り勉強したい人は
本気で自由に様々な学びを得れる反面

学習意欲のない生徒は
どんどん取り残されていき
学校側の特別救済措置を取ろうとしないため

差が広がりやすくなっていきます

東大は官僚、京大は研究に強い

先ほども話した通り
東大はもともと官僚を養成するために作られた学校ということもあり
官僚になるための学びや
官僚になった後の学閥はしっかりと用意されていますが

その反面、クリエイティブさや、研究成果などは
京大に遅れをとっていると言われています

ただし、最近では
実際に東大=官僚という事は全くなく
東大からビジネスマンになる人も
研究者になる人もたくさんいます

あくまで過去の歴史からみた風潮という意味で

東大は官僚という雰囲気はあります

東大は卒業がしんどい、京大は意外と楽

僕も東大に入学してみて
初めて気付いたのですが

東大の進学は意外と難しいです

日本の大学は入ってしまえば後は
エスカレーター的に学年をあがることができる

と言いつつも

東大のテストは
普通に受験並みに難しいものも多数ありますし

テスト直前期になると
みんな必死こいて勉強をします

徹夜をする方もたくさんいました

に対して、京大は進級や卒業が簡単と言われています

管理が少し適当な分

卒業はしやすいのかもしれませんが
学校からの救済措置が少ないと言われているので

合う人合わない人はいるでしょう

まとめ

東大、京大の差を理解するためには
その学校の成り立ちや文化を知ることと

今現在はどうなっているのか
実際に学校に通っている人の声を聞くことの両方が大切です

東大と京大に両方とも通っている人なんて
ほとんどいないわけですから
一人一人の意見を聞いたところで
正しいとは言い切れません

様々な意見を聞きながら統合的に判断していくべきでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です