東大に行く意味ってあるのですか?

東大に行く意味ってあるのですか?

日本の最高学府である東京大学

その大学を目指し、東大にさえ入って仕舞えば
人生は勝ち組や!

みたいな風潮が世の中には蔓延っていますが

実際問題、東大に行く意味ってあるのでしょうか?

なんとなく就職に強そうというくらいではないでしょうか?

今回は、現役東大生の僕が
東大に行く意味についてお話ししていきたいと思います

東大に行く意味まとめ

就活が超楽勝になる

まず初めに、僕が痛感していることの一つとしてあるのが

就活にめっちゃ有利ということです

東大というだけで就職できるところもぶっちゃけあります

特に、大手企業になればなるほど
それは顕著になってきます

なぜかと言いますと
大手企業は毎年、たくさんの学生を採用しますから
人事にとてつもない労力がかかるわけで

一人一人親身になって
採用をするわけにはいかないのです

よって

最も簡単に人をふるいにかけることができる
学歴フィルターを用いるのです

学歴フィルターを用いたとき
東大は確実に残ります

確実にね

しかし、そこから二次面接に繋がって行った時に
自分をアピールできないと
意外と落ちる場合もあります

あらゆるチャンスに恵まれる

就活に限らず
東大生には
様々なチャンスが舞い込んできます

大手企業へのつながいはもちろんのこと

学閥関係のつながりもありますし

海外とのつながりも強固です

留学しようと思えば
すぐに留学できるし
他の大学よりも簡単に援助費が出たりします

何かしようと思った時に
その活動をサポートする仕組みが確立されています

社会的な地位が確立できる

これも僕がとても感じたことで

様々なコミュニティや
様々な団体に顔を出すたびに

東大生というだけで
一目置いてくれますし

話してみたいと思ってくれる人もたくさんいます

社会的に
東大生はすごいというイメージがありますから

東大生という信用は
いかなる時にも使えますね

東大に入って後悔したこと

しかし、東大に入って
後悔したこともなきにしもあらずで
意外と多いです

その際たるものが
人間性に関わってくるのですが

総じて、みんなプライドが高いです

日本一の大学に入ったというプライドがあるために

他の大学をバカにする風潮も地味にありますし
プライドが高いために
意外と新しいことに挑戦するのを恐れる人が多いです

そうなってくると
せっかく東大に入ったのに

そのチャンスを生かすことがしづらくなります

「なんか挑戦しようと思ったけど、みんなそんな感じじゃないし
やめとこう」

となってしまいます(昔の僕ですね笑)

だから、東大に入った後も
東大生独特の安定思考に陥らずに
どんどん挑戦して

失敗して恥をかいてでも挑戦してくという姿勢を貫いた方が良いですね

まとめ

東大生は本当にチャンスが恵まれているという意味で
行く意味は大いにあります

しかし、現実問題

たくさん開かれているチャンスを利用して
自分の人生に生かしている人は少数で

みんな安定志向で挑戦しようとしません

動く人間、挑戦する人間にとっては
素晴らしい環境が整っていますが

そんなこと全く考えていないのであれば
東大をわあざわざ目指す必要もないです

東大入っただけで、何もしないと

ただただプライドの高い使えない人間で終わってしまいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です