東大を諦めるべきかどうかを決めるときに考えるべきこと

東大を諦めるべきかどうか

はじめまして、現役東大生のとっきーです

これから受験をしようという方で
東大を目指していたけど諦めるべきなのではないか?

目指してはみたものの
実力が足りなさそうだし
現実問題、東大を目指すよりも
他の大学に絞って、勉強をした方がいいのではないか?

と悩んでいる方も多いかもしれません

今回は
E判定から現役合格をした東大生の視点から

東大を諦めるべきかどうかについて
お話ししていきたいと思います

結論から言えば

東大を諦めるな!

と僕は言います

なぜ、東大を諦めるべきではないのか?

それではなぜ、東大を諦めるべきではないのでしょうか?

その答えも非常にシンプルで

東大を目指していれば
自然と他の大学に受かる力も身についてしまうから

です

よっぽど特殊な大学でない限り
東大を目指して学んだことが
生きないという事はありません

事実、僕の友達の受験生は
東大志望ではないのにも関わらず

東大の問題には
総合力が試せるいい問題が多いという理由で

東大の問題を解いている人がいました

東大の問題は
暗記力、計算力、論理的思考力

などなど

受験をする上では
どの大学でも必須になってくる知識を統合的に学んでいないと

解くことができません

なので、とりあえず東大を目指して、
直前で他の大学にシフトするというのでも
十分受かる可能性はあるし

高いレベルを目指すからこそ
成績が伸びたり、モチベーションも保つことができるので
東大を諦めず、挑戦し続けるのはおすすめです

東大目指していたら他の大学も全部受かってしまった話

僕は2015年の入試で

東京大学を受けて
ギリギリではありますが合格することができました

そして、もちろん、
東京大学を目指していたので
東京大学の問題の対策しかしていませんでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です