「底辺高校から東大へ」なんて本当にあるの?

「底辺高校から東大へ」なんて本当にあるの?

テレビやインターネットなどを通して

底辺高校から東大へ!!

なんていうストーリーはよく語られますよね

でも、あまりにあり得ないように聞こえて
嘘っぱちなんじゃないか

と感じる人も多いかもしれません

今回は実際に東大に通っている僕が
底辺高校から東大へ

というのが実際に存在するのかについて
お話ししていこうと思います

結論から言いますと

底辺高校から東大へ

あることにはあるけど、めちゃくちゃ希少である

です

底辺高校から東大に通っている人は
はっきり言ってほとんどいません

僕は100人に1人くらいの割合で東大に受かる中堅進学校出身ですが

やはり東大に受かる人は

開成、灘などなどの名だたる高校出身者が多いです

以下、2019年東大合格者の高校別ランキング10位までです

引用元 https://www.inter-edu.com/univ/2019/jisseki/todai/ranking/

このたった10校だけで
東大合格者875名です

毎年、東大合格者は3000人ほどですので
上位10校だけで30%ほどを独占していることになります

50%が超有名進学校から東大へ

残りの50%が中堅進学校からボチボチ合格するみたいなイメージです

そして、底辺高校はほぼいません

「底辺高校から東大へ」を実現している人とは

では、底辺高校から東大に入っている人は
どのような人たちでしょうか?

僕が思うに

底辺高校から東大に通っている人のほとんどは
底辺高校以外で何かしらの教育機関で学んでいます

親が特別教えてくれたりとか

塾や家庭教師などの学校以外の教育機関にて

受験勉強をサポートしてもらっています

はっきり言って
東大受験は
ゲームです

ゲームの攻略方法がわからなければ
受かるもんも受かりません

天才でも落ちる可能性はあります

例え、底辺高校出身であったとしても
受験独特の攻略法を絶対にどこかで学んでいるはずです

底辺高校から東大に行くために必要なこと

僕が思うに、
底辺高校から東大に行くことは可能です

そのためには絶対に必要なことが2つあります

一つ目は東大に受かる方法を教えてくれる人を見つけるということです

東大に受かるためには
そこに至るまでのノウハウがないと絶対に無理ですので
そのノウハウを教えてもらわなくてはいけません

しかし、一般的に勉強を学ぶためには
塾や家庭教師など

お金のかかるものが多く
厳しいというのがあります

そこでおすすめなのは
東大生などの高学歴の友達を作る

ということです

高学歴でめっちゃ勉強できる人たちは
大学生の間、意外と暇しています

そういった人たちと仲良くして
どうやって受かったのかを聞けばいいのです

今の時代、ツイッターなどで
気軽にたくさんの人と関われる時代ですので
東大生の人にコンタクトを取ってみて

「お話聞かせてください!」

みたいな感じで行けば十分東大受かる道は見えてきます

ちなみに、僕も勉強相談無料でやっているので
よかったら
メルマガ登録して、返信していただければと思います

そして、底辺高校から東大に受かるために
2つ目にやらなければいけないことは

友達の断捨離です

要するに友達と距離を置くということです

基本的に勉強をしない人と関わっていたら
勉強をしなくなります

大学に行く気がない友達と一緒にいたら
当然それが自分の一番の選択肢になってしまいます

そんな価値観のまま、東大に行くことは無理です

なので、自分を引き下げるような価値観を持った人との関わりを
断つことは非常に大切です

まとめ

底辺高校から東大に行く

なんていうのは
事実あります

嘘ではありません

しかし、現実的に東大に受かっているのは
ハイレベルな高校出身者がほとんどです

つまり、底辺高校から東大に受かるためには
それなりに特別なことをする必要があります

東大生と仲良くして
勉強を教えてもらったり

友達を断捨離する必要があります

しかし、この2点を守っていただければ
意外と簡単に東大への道は開けてきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です