スマホ依存をやめたい人へ。依存症を克服した東大生の話

スマホ依存症でした

こんにちは、とっきーです

僕は以前、重度のスマホ依存症でした

スマホいじっていたら夜が明けてしまう

なんてことばかりでした

本当はやっちゃいけない
スマホを見すぎてはいけない
とわかっていても
ついつい見てしまう

辛かった

スマホ見すぎたせいで
翌日の調子も悪く
気持ちわりーと思いつつ
スマホいじる始末

末期ですね

しかし、今では

完全にスマホをコントロールすることができて
依存症から脱却することができました

今回はその画期的な方法についてお話ししていきたいと思います

その方法とは

「スマホをいじるハードルをアホみいたいにあげまくる」

です

スマホをいじってしまう一番の原因は
スマホが簡単にいじれてしまうことです

1秒でホーム画面を開けてしまうし
3秒でゲームを始められてしまうし
10秒でエロ動画を見れてしまいます

だから、例えば
スマホをポケットではなく
カバンにしまうようにすれば

ゲームするために
カバンから取り出す
という作業が加わりますね

そうすると自然とスマホをいじらなくなります

意思の力に頼るのではなくて
仕組み的にスマホをいじれないようにする

これが、スマホ依存症を阻止するために
一番大切なことなのです

僕はマジでこの方法で人生変わりました

スマホを克服すると
まずシンプルに体の調子がめっちゃ良くなります

スマホから出るブルーライトは人体に悪影響をめちゃくちゃ与えます
なので、スマホ依存から脱却すると
体の調子がめちゃくちゃ良くなります

体の調子がめちゃくちゃ良くなるから
普段眠すぎて昼間誰とも関わっていなかったけど
昼間に友達と絡むようになりました

そしたら、放課後に友達の遊びにも誘われるようになって
毎日がハッピーライフみたいな笑

スマホ依存の時って
マジで元気ないし
なんとなく人を寄せ付けないオーラはなっちゃてたんですよね

オーラは大事です

漫画の世界の話に限らず
オーラって出まくっています

僕は昔は

こんな感じでしたが

今では

こんな感じです笑

こんだけオーラが違うので
体が健康だし
心も元気になるし

チャレンジ精神とかも芽生えてきて
積極性が出てきて
人生バラ色ヤッホイですね

僕の人生を変えた
スマホ依存脱却法について詳しく語っていきたいと思います

意思の力には絶対に頼ってはいけないのである

スマホに限らず、依存症を克服する際に
やりがちなのが

気合いを入れて意志力の力に頼る
というものですが

これは絶対にやってはいけません

意思ってのは
弱いです

どーせ、負けてしまいます
僕もそうでした

しかも、意思の力に頼ってしまうと
依存症を克服できなかった時に

「俺はダメなやつだ」

「俺は、スマホを止めることもできないカスなんだ」

と自己否定に陥ってしまい

そのイライラや不安から逃げるために
スマホをいじってしまうという
最悪のサイクルに入ってしまいます

だから、意思ではなく

スマホをいじれなくする仕組みを作っていく

これが超絶大事になってきます

スマホがいじれない仕組みを作るべし

スマホがいじれない仕組みを作ることにより

強制的にどんどんスマホから離れることになります

例えば以下のようなやり方を僕はやっていました

  • 移動中スマホは必ずカバンにしまう
  • 家で作業や勉強するときはスマホをキッチンの棚の奥深くに封印する
  • スマホよりも取りやすい位置に本を置いておく
  • 寝るときもキッチンに棚の奥深くにスマホを置いておく

などなどです

これまじで効果抜群です

「あー、暇やわー、ゲームしてー、ツイッター見てー」
となった時に

「うわ、スマホ取り出すのめんどくさ」

となります

最初は辛いのですが
だんだん慣れてきて
スマホなんていじらなくても大丈夫な体になってきます

ついついスマホいじりたくなる
という現象自体がなくなるので

もう人生ハッピー状態です

とにかくスマホをいじれない環境にスマホを置くようにしてみてください

スマホにたどり着くまでにめちゃめちゃ苦労する仕組みを作ってください

スマホを使っていた時間を埋め合わせるもの

後もう1つ大事なのが

スマホをいじっていた時間の埋め合わせを作る

というものです

急にスマホをいじりまくっていた習慣から
スマホをいじらない習慣に変えてしまうと
暇な時間ができてしまい
手盛り無沙汰になり

「うおおおおースマホいじりてーーーー」

ってなります

だから、スマホをいじる代わりになるものを用意しておきましょう

例えば本

ちっさい文庫本をポケットに入れておくとか
ジャケットの内ポケットに入れておくと

暇になった時に
スマホ以外の別のものに気を向けることができるので
スマホ依存から脱却できます

しかも、頭も良くなるし
一石二鳥ですね

本が苦手なら
挿絵だらけの小説とかでもいいと思います

なんなら漫画でもいい

とにかくまずはスマホから離れることを第一優先にして考えましょう

クソムズイビジネス書とか買って
つまらなすぎて
結局スマホ見てしまうくらいなら
漫画に熱中する方がマシなので

スマホ依存の時は
完璧じゃなくていいから
何が何でも依存症から脱却できる仕組みを
作りましょう

スマホ依存症は思っているよりもやばいよ

スマホ依存症を脱却した僕ですが
ふと昔の自分を振り返ってみると
やばいんですよね

どんだけ不健全だったんだよっていう

でも、僕ほどではないにしろ
スマホ依存症って多くの人がなっているんですよね

世の中の人を見ていて思います
電車の中とかずっとスマホいじっていますから

スマホを有意義に使えているならいいんです
スマホで勉強したり、本を読んだりしているなら

でも多くの人は
SNSいじったり、ゲームしています

無駄ですよね
しかも無駄だとわかっているのにやめられませんよね

それには理由があるんです

僕が先ほど、スマホをいじれない仕組みを作れと言いましたが

逆にスマホ側は、

スマホをいじりたくて仕方のない仕組みを作っているんです

世の中の頭が良い人が全力で作っているんです

以下の動画を見てみてください

世の中の天才たちが
人間をスマホに夢中にさせるために
全力を尽くしています

マークザッカーバーグも
スティーブジョブズも
ジャックドーシーも
ラリーペイジも

全力で人々をスマホに夢中にさせようとしてきます

こんな天才たちが全力で作った仕組みに
僕らが意志力で抗えると思いますかね

まあ無理ですよね

だから、

仕組みには仕組みで対抗しよう

ということです

スマホ依存症は多くの人がその危険性に気づいていないですが
めちゃくちゃ危険です

全力で回避しましょう!

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始め

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万を達成しました

100万円以上の自己投資を通して
ビビリで安定志向で何もできなかった自分が
主体的になり、稼ぐ人間となれた経緯を語った物語

「東大生の決断」をメルマガ限定で無料プレゼント

無料で電子書籍をゲットする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です