失敗して落ち込む人が自己否定から脱出する方法

失敗して落ち込むことはある

失敗することなんて誰にでもある
だから気にするな!

そんな言葉をかけて欲しかったわけじゃない

気にするなと言われても
気にしてしまう

自分なんかダメなんだと落ち込んでしまう

だからこそ、

そんな自分を変えたいのに
変えられない

そんな自分を救って欲しいのに

薄い言葉がけで心がポジティブになる程
簡単に解決できる問題ではない

どんなに落ち込むなと言われても
落ち込むものは落ち込むのに

その気持ちすら理解できない人に
問題を解決することなんてできないだろう

失敗は誰にでもあるけど、自分が明らかに失敗しまくっている気がする

失敗をしたら成功するなんてのは聞いたことあるし

もちろん、成功の途中で失敗することが
嫌なわけじゃない

受け入れるべきだと思う

でもさ

明らかに自分が失敗している数が多いのにも関わらず
周りの人の方が成功している気がして

自分が真の負け組になってしまっている気がするから
怖いんじゃん

失敗を成功に繋げられる人と
失敗し続けて終わってしまう人

両方いるから

怖いんじゃん

後者になってしまうと

絶対にバカにされるし
社会的地位も落ちるし

自分の努力が無駄になってしまうし

だったら、チャレンジすることや
努力すること自体がもう無駄だと感じてしまって

やる気が全くなくなってしまうんだよ

失敗を成功に繋げられる人とそうでない人の違い

失敗を成功に繋げられる人と
そうでない人の違いさえわかれば
僕は頑張れる気がするんだ

だって、希望が見えてくるから

そうじゃないか?

失敗が成功の元だと
本気で確信させてくれるものがあれば
今の失敗なんて屁でもない

前に進んでいけると思うんだ

例えばこの動画では
成功した僕の失敗に対する考え方を語ってる

失敗して落ち込むこと自体は悪いことじゃない

実は失敗して落ち込むこと自体は悪いことじゃない

むしろ

成長する人は必ず落ち込んでいる

失敗して、苦しんでもがいている

失敗して苦しいのであれば
それは成功までの段階の1つでしかないのよ

僕はそう思うよ

僕自身がそうだったもの

きついこととかあったし
失敗して死にたくなることとか余裕であったし

辛すぎて
もう辞めたいと思うことあったしさ

でもよ、

せっかくそう感じているのなら
その気持ちバネにして頑張ってみない?

普通の人はそこで現実逃避して
諦めるけどさ

せっかくこのブログ見てくれたんだ

ここで一気に気持ちのボルテージを上げて
もう一度チャレンジしてみない?

気持ちを立て直す材料は渡すよ

この記事読んでみて

自己否定から立ち直る3つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です