リレーションシップマーケティングを理解していな会社は潰れる

リレーションシップマーケティングという言葉はご存知でしょうか?

関係性マーケティングとも呼びますが
このマーケティング手法を理解していない会社や個人は確実に潰れます

特に、btocで商品を売り捌いている個人や会社は顕著になるでしょう

今回は、リレーションシップマーケティングとは何か?

なぜ、リレーションシップマーケティングを理解していないと会社が潰れるのか?

説明していきたいと思います

リレーションシップマーケティングとは何?

リレーションシップマーケティングとは
簡単に言えば

顧客との関係性を第一に考え
長期的な目線を持って取引を行い

生涯顧客価値(LTV)を最大化するマーケティング手法です

要するに

一人一人のお客さんに親身になることで
競合他社とは全く異なるオリジナルな価値を生み出し
お金を落としてもらうということ

このマーケティング手法以外に
最強のマーケはないです

リレーションシップマーケティングこそ、最も優れたマーケティング手法

リレーションシップマーケティングを使わなければいけないのは
それが最も優れたマーケティング手法だからです

マーケティング手法として

マスマーケティングやら、ゲリラマーケティング、ダイレクトマーケティングなど
様々な種類がありますよね

最近だと

SNSマーケやらインフルエンサーマーケなど

それらのマーケティング手法の中で
最も優れているのが
リレーションシップマーケティング
です

しかし、マスマーケもゲリラマーケもダイレクトマーケも一過性のものばかりです

一時的に広めて
そこから長期的な目線を持てていないものが多い

もちろん、それで市場に受け入れられて
継続的に商品やサービスが受け入れられることもありますが

顧客関係を大事にして
一生商品やサービスを扱ってもらわないと
会社の収益が安定することはありません

リレーションシップマーケティングでは
例え、競合他社がいようとも
一人一人に向き合うことで

顧客一人一人に対して
オリジナルな価値を感じてもらうことができるので

中小企業や個人が安定して収益を出していくために
最も効果的なマーケティング
と言えます

例えば、アパレル系の企業を立ち上げて
そこでアパレルの商品を売ろうとしても

競合他社が溢れていますよね

だから多くの人はニッチを攻めるとか
バスらせることばかり考えるのですが

そうではなくて

来てくれたお客さんが
逃げないように

関係性を築いていくことで
半永久的に稼ぐことができるのです

しっかりと関係を構築した状況であれば
春物入荷、秋物入荷、新ブランド入荷の際に

告知するだけでその会社から商品を買ってくれるようになります

顧客一人一人に寄り添うことで
顧客一人一人にとって特別な会社となれるのです

リレーションシップマーケティングにおいて最も大事なこと

リレーションシップマーケティングにおいて最も大事なことは

リレーションシップを築く

つまり、それだけ信頼関係を継続して築くことができるのか?

ということです

信頼関係が継続して構築できていないのえあれば
どんなにアプローチしても
反応が返ってくるわけありません

ということで

信頼関係の得る方法について以下の3点が大事になってきます

・満足する商品の提供

・顧客に価値を提供し続ける(楽しませ続ける)

・アフターフォローの充実

商品の価値があるのは大前提です

もし、詐欺的な手法で
価値のないものをつかまされた顧客は
絶対に商品を次回から買いません

見向きもしません

そして次に大事なのが
顧客に価値を提供し続けるということです

顧客が会社との関係性を維持したくなるのは
その会社に関わる価値を感じるからです

つまり、その価値の創造ができなければ
信頼関係は薄れ、反応はなくなっていきます

最後にアフターフォローの充実です

商品を購入していただいたお客様には
その商品の価値を感じてもらうために
アフターフォローをすること

ハイスペックのP Cを買ってもらっても
使いこなせなければ意味がありません

大事なのはコンテンツによる価値の創造

こうみると

日々の価値提供やアフターフォローの充実など
手間のかかることが多いように感じますが

ここで、

コンテンツによる価値創造をします

そうすれば一度作ってしまった価値を無限に使い回すことができます

例えば、
アパレル会社であれば

プロの服の着こなし方をコンテンツ化(動画やPDFファイルなど)して

自分の会社を知ってくれた顧客に提供すれば
こちらの労力は0で

顧客の感じてくれる価値は100といった状況を無限に増やしていくことができます

その価値創造を顧客との接点を持ったら(ライン@やメルマガ)
ずっと続けること

コンテンツとして保存すること

そうすれば競合ひしめく市場でも
会社オリジナルの価値を作ることができて
安定的に儲かります

あとは大事なのが

価値とは何か?
ということ

いくらコンテンツとして保存しても
価値のないものをコンテンツとして保存したところで
なんの意味もありません

価値を作る

ここを考える必要があります

リレーションシップマーケティングを理解していない会社は潰れる

改めて、リレーションシップマーケティングを理解すると

なぜ、このマーケを使わなければいけないか
なんとなく理解できたのではないでしょうか?

僕もがっつり使って利益を出しています

競合ひしめく市場でもぶっちゃけお構いなしです

顧客にとってオリジナルな価値を
僕は創造できますから

今後、このマーケティング手法を取り入れる会社や個人がどんどん増えていくにつれ

リレーションシップマーケティングを使わない会社は死にます

だって、例えマスマーケやらで爆発的に広まったものがあったとしても
普段から信頼関係を組んでいる会社があれば

そっちの商品を使うに決まっているからです

マスマーケティングが上手くいくのは
他の会社との信頼関係がないからです

どこの会社とも信頼関係がないから
なんとなく、有名なものを使うだけで

密な信頼関係を気づいていたら
人はそちらを永久に使い続けます

もし、詳しく知りたい方は
僕のメルマガに返信してください

法人個人ともに
コンサルティングも行っています

とっきーのメルマガはこちら

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始め

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万を達成しました

100万円以上の自己投資を通して
ビビリで安定志向で何もできなかった自分が
主体的になり、稼ぐ人間となれた経緯を語った物語

「東大生の決断」をメルマガ限定で無料プレゼント

無料で電子書籍をゲットする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です