【東大式】読書が苦手な方にオススメする本を楽にスラスラ読めちゃう3つの方法

こんにちは、とっきーです
先日、知り合いの方が

「活字を読むのが苦手で
本を最後まで読むのが辛い」

と言っていたので

僕が厳選する読書方法を3つ紹介していきたいと思います

その3つとは

  • 時間を超効率化する目次読書法
  • 本を折りまくってボロボロにする、知識定着法
  • 長時間活字を読めない人に向けて、隙間時間読書法

です

では、解説していきたいと思います

時間を超効率化する目次読書法

これは、僕が本を読む際に決して欠かすことのない読書法です

なぜなら、

普通に読んでいる人の100倍くらい読むスピードが上がって

読書効率が跳ね上がるからです

僕は同じ時間で人よりもたくさんの情報を
自分の知識として血肉にすることができるのです

さて、具体的な方法ですが
僕は本を読み始める際に

目次を10分くらい眺めます

そして、目次から、その本に書いてある内容を推測します

例えばビジネス書によくある目次の1つに

「成功するためには、主体性を持って誰よりも早く行動するべき」

と書いてありますよね

そしたら、その目次から
実際にその目次のページに書かれている内容を推測します

そして

推測できた目次のページに関しては読みません

え、って感じですよね
でも、僕は読みません

僕は知識習得のツールの1つとして
本を利用しているだけ

本が読みたくて本を読んでいるわけではありません
(もちろん、小説を読むときはじっくりと全ページ読みますが)

だから、ここの部分は知っているな
と感じたら読みません

意味ないですからね

先ほど例に出した

「成功するためには、主体性を持って誰よりも早く行動するべき」

なんて目次があったら、まず間違いなく読みません
だって、答え書いてありますよね笑

このページを読んで自分のために
プラスになるのか
マイナスになるのか

大事なのはそこだけ、それ以外に価値はありません

目次を読んで、内容の予測できないところだけ読む

このやり方をするだけで
異次元なくらい知識習得スピードが上がります

僕は
このやり方を始めてから

本屋で1時間立ち読みをするだけで
10冊くらい読み終えたりします

それを読破したというのかはさておき

10冊を隅々まで読んで
何十時間かけた人も

目次と気になる点だけ読んで
1時間しかかけていない僕で

知識の習得の差はありません

勉強も常に効率性、合理性を主にしていきましょう
それが成功者の思考法です

本を折りまくってボロボロにする知識定着法

さて、皆さんに質問です

本は何度も復習していますか?

多分この問いに答えられる人はほぼいないでしょう

知識を血肉にするということを考える際に
本を復習していない
というのは論外です

だって、学校の勉強で知識を習得する際に
復習しないなんてことありませんでしたよね

少なくともテスト前は絶対に復習していたでしょう

知識定着に復習は不可欠です

数学の参考書であろうと
ビジネス本であろうと
何だって一緒です

知識を血肉にしたいのであれば
絶対に復習を欠かしてはいけないのです

しかし、正直本を復習するのってしんどいですよね

教科書みたいに挿絵を用いているのが少なくて
ほとんどが活字ですから

また1から読み直すのはしんどいです

そこでオススメなのが

大事だと思った箇所に折り目をつけるという方法です

読んでいて、ここの考え方は絶対に大事だと
そう思ったところに折り目をつけるのです

そうすると、後でめちゃくちゃ復習しやすくなります

折っている部分だけ読み返せば良いので
ハードルもめっちゃ下がるし

ピンポイントで大事な箇所を復習できるので
学習効率が鬼のように上がります

しかも、これの何が良いって
ペンとか使わずとも印がつけられるところなんです

本を読むときに

ペンで印をつけるべきか
とか
付箋をつけるべきか

と悩んでいる人を見かけたことがありますが

ペンも付箋も必要ありません

折り目をつけて
復習するポイントの印をつければ良いのです

ペンとか、付箋を使うようにしてしまうと
それらを忘れたり、取り出しにくいときに
本を読む気が失せてしまいます

そしたら本末転倒です

あくまでも、本から知識を得ることが目的であり
ペンで印をつけることや付箋を貼ることが目的になってはいけません

本さえあれば出来る
本を折りまくる読書方法オススメです

ちなみに、めっちゃ本ボロボロになりますが
それが勉強の勲章ぐらいに思ってガンガン進めていきましょう

長時間活字を読めない人に向けて、隙間時間読書法

長時間活字を読み続けるのってきついですよね

僕も苦手です
頭がパッパラパーになってしまいます

なので、長時間読書するのが苦手な方にオススメしているのが
隙間時間読書法です

電車に乗ってる15分
トイレに入っている5分
仕事と仕事の合間の10分
カップラーメンができるまでの3分

あらゆる隙間時間を使って
読書をする

これはめちゃくちゃ読書効率が上がるし
意外とこんなんでも続けていると読破しちゃいます

しかも、活字が苦手な人も
このやり方だと
もっと読みたい!となります

1時間とか2時間とか
長時間一気に読もうとすると
まだこんなに時間あるよー
とか
まだこんなにページ数残ってるよー
となるのですが

逆に
3分しか本を読む時間がないと考えると

え、もう終わっちゃうの?
もっと読みたい

となります

本を読みたい
と思う心が、一番本を読む際の原動力になりますから
この心理状態に持っていければgoodです

超具体的にとっきーの読書習慣について語る

どれでは、僕が具体的にどのような読書習慣をしているか
お話しします

  • まず本屋に行って、目次読書法をしつつ10冊くらい読む
  • 目次読書法でさらっとは読めないほんを購入
  • その本を隙間時間に読みながら折り目つけてく
  • 隙間時間に折り目のつけた場所を復習しまくる

といった感じです

基本的に腰を据えてがっつり読むことはしません

腰を据えて読むとしても
30分くらい読みます

で、30分経ったら
散歩とかしながら
読んだ本についてひたすら考えながら

ブログネタや動画ネタを作っていきます
ネタはスマホにメモります

これ繰り返します

30分もじっくり本読んだら
脳みその中にネタが溢れますから

すかさずアウトプットです

言い忘れてましたけど
アウトプットも知識の定着には欠かせません

鬼の復習と、アウトプット
これが知識定着の秘技であります

というわけで、
僕とっきーが考える読書法の全てについて話しました

本とは、知識を定着させるためのツールでしかありません
なので、僕は動画で勉強しようと、ブログで勉強しようと
基本的にやることは変わりません

どうしたら効率よく、楽に
復習とアウトプットができるかを考えています

参考になれば幸いです

情報のインプットとアウトプットの重要性については
以下の記事で語りつくしています

情報をインプット、アウトプットする人間の収入が必然的に上がる理由

以上です

そういえば最近はKindleを買ったので
紙の本はあまり読まなくなりましたね

Kindleでも
目次読んで、ページに印つけて、復習するという点においては

何も変わりません

軽いし、本をいちいち支えなくても
ページが変わらないので
ストレスフリーでどんどん読書が進みます

最近は

少なくとも一日一冊くらい読みますね

Kindleは風呂でも読めるKindle Paperwhiteがオススメですよ

とっきーって何者??

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万の自動化を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です