QOLの向上させるたった1つのこと

QOLとは馴染みのない言葉かもしれませんが

QOL(quality of life)とは生活の質

のことです

つまり一人一人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、
人生に幸福を見出しているかということで

例えば、毎日自分の読みたい本を読んで
生活習慣も規則正しくて
不安がない生活なんていうのがQOLが高い状態ですね

逆に、
毎日人間関係に悩まされたり、日々の雑務に追われて
ゆっくりとコーヒを飲む時間もない
おまけに仕事に対する充実度も低く、
自分がコマのような存在だと感じてる状態

これがQOLが低い状態です

僕は人類が誰しも
QOLの高い状態になってほしいと思っています

そして、QOLを上げる習慣につい1つ紹介していきたいと思います

自分のやりたいことを仕事を休んででもとことんやり尽くす

これは一般的に
だらけものとか愚者がやることと思われがちですが

自分のやりたいと思っていることをやりまくるのは超大事です

僕も一時期、学校や仕事を休んで
自分のやりたいことだけにのめり込む時間を作りました

それはもう好きなことやりまくりましたよ

映画見たり、満喫にこもって漫画読みまくったり
生きたい場所にも生きまくりました

そして、超楽しい時間を過ごしたのですが
僕はそこで気付いたのです

あれ、もう終わりそうだ

ということに

そう、一週間たらずで
僕の人生のうちにやりたいことは終わってしまうのです

そして、僕はとある真実に気づきました

人生って自分のために生きるには
短すぎるってことに

それは僕の人生の中で
最も大きな気づきといっても過言ではありませんでした

それからというもの
僕は自分の人生の意味が

他人を幸せにすること
他人を助けることに変わりました

そして、そんな風に活動していく中
僕は新しい幸せを感じていました

他人を幸せにすることで自分も幸せになっていく

QOLを向上させるという言葉を聞くと
まるで自分の人生を大切にするというイメージがありますが

自分の人生を大切にしているだけでは
自分の人生に充実感はありません

むしろ

他人を幸せにすることで
自分の人生に充実感が出てきて
QOLが自然と向上していくのです

QOLというのは
自分一人で成し遂げられるような代物ではありません

様々な人間関係の中で
自分がどう生きるか

その生き方で決まるのです

どんなに不便な環境で生きている人も
どんなに不運に見えても

本人が幸せな人生だと感じていることはよくあります

むしろ、一見生活自体は豊かに見えても
全く満足していない方もいる

その差は
自分を大切にしているのか
他人を大切にしているのか

その違いから生まれるものなのではないか
と感じています

そして、他人を大切にするためには
まずは自分の人生を充実させる

一週間だけでもいい

それだけでもいいから
自分のやりたいことをやりまくる

そして

自分のために生きるには人生が長すぎると気づいた時
僕らのQOLは少しづつポジティブな方向に
傾き始めるのではないでしょうか?

最後に幸せとは何か?というテーマで動画撮ったので
載せておきますね

もしよければ
こちらの記事もご覧ください

本物の大富豪が本当に幸せを感じるのは〇〇をしている時だった

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し

月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です