ポケモンGOって何であんなに流行っているの?

こんにちは、とっきーです

今回は、ポケモンGOがなぜ流行っているか
というお話をしていきたいとお思います

ポケモンGO
やったことありますかね

僕は一時期やっていたんですけど
途中で飽きました

でも、周り見てみると
オジサン世代がめっちゃやっているんですよね

僕の親父も
めちゃめちゃやっています
最近レベルがマックスになってしまったらしく
やりがいを失ってしまったそうですが笑

なぜ、こんなに
ポケモンGOが流行ったのか
それは
歩いている時間という
新しい市場を開拓したことにあります

歩いている時間という新しい市場?
なんじゃそりゃ
って感じですよね

説明していきますね

まず、ビジネスを組む際に
考えなければいけないのが
どこにお客さんがいるのか
ということなんです

どこにどういったお客さんがいるから
この商品ぶつけてやろう!
って発想になります

簡単な例でいうと
若い女の子が多い街には
タピオカ屋を出せば売れるだろ
みたいな発想です

僕も
ネット上に
ネットを使って稼ぎたい人がいるだろ
と思ってこういったコンテンツをぶつけているわけです

で、次に考えなきゃいけないのが
お客さんの暇な時間です

お客さんは
いったいどの時間帯が暇だから
その時間帯にコンテンツをぶつけてやろう
みたいな発想です

例えば
飲み屋は基本夕方から次の日の朝までやっていますよね

飲み屋が朝10時から夕方の5時まで
なんて営業していたら
儲からないわけです

まあ、ランチタイムに安く商品出して
顧客の心を掴み
夜にまた来てもらう
といった
フロントエンド、バックエンド的な戦略はありますが
それはまた今度お話しますね

とにかく
お客さんを見つけて
お客さんの暇な時間に商品をぶつける

これが
マーケターが考える基本戦略になってきます

で、
ポケモンGOはいったいどうやったのか

まずポケモンGOが狙ったお客さんは
スマホを使っている人達ですね
その中でも
ポケモンを知っている人達を主に狙っていきました

で、
お客さんの暇な時間を調べたわけですね

普通の発想なら
お客さんの暇な時間は
電車の中だったり、ちょっとした隙間時間です

基本的にスマホゲームは
日常の中でホット一息つく時間を狙っているんですが
そこの市場はライバル盛りだくさんだったわけです

パズドラ
モンスト
クラロワ
などなど

数えきれないほどのライバルがひしめき合っている
こりゃ勝つのしんどいなって思いますね

で、ここでポケモンGOは
他にお客さんの暇な時間ないかなー
って探したわけです

そしたら

え、まって
別に、座っている時間じゃなくて
歩いている時間でよくね

てか、歩いてる時間って
音楽聞いてたりする人はいるけど
ゲームしてる人いなくね

みたいな発想を思いついたんですね

僕コレ、天才だとマジで思います

実際にポケモンGOが作られる過程がそうだったかは知りませんが
歩いている時間という市場を見つけたことには変わりません

で、
ライバルいない市場に商品ぶつけていったら
ボロ勝ちするというね

マーケターはこういうことが考えられると
強ですよね

ライバル強すぎるとこ狙うのではなくて
ちょいズラして
利益かっさらうみたいなこと出来ると良いですね

実際に僕も
リサーチするときに
一体どこがスカスカの市場になっているのか
調べます

だって強すぎるとこに挑むと疲れるじゃん
っていう

もっと楽に利益出せるならそこ狙うぜーみたいな感じです

ポケモンGOのような大層な大きな話でなくても
どのキーワード弱いかなとか

そこら辺を考えるのも
マーケター的発想ですね

だって「ダイエット」とかで
上位表示させるのキツすぎだろっていう

別にダイエットのコンテンツをつくるのは
いいと思うんですが

SEOで勝負していくのはしんどいです

僕は絶対にやりません
やるなら広告うちますかね

それか
ダイエットに興味ありそうな人が検索するけど
ライバルが弱そうなワード狙うとかね

たとえば
「コンビニ 糖質制限」
とか

今調べてたらライバル弱そうでした笑

こういったずらしの発想
市場を見つける発想をする

出来るようになると稼ぎまくりです笑

ちなみに
新しい市場を想像するといった方法も実はあります

また別のコンテンツでお話しますね

とっきーって何者??

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万の自動化を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です