肉体労働はきつい!肉体労働を辞める方法

肉体労働はマジきつい

こんにちは、とっきーです

昔は、バイトしまくっていました

家庭教師から引越し屋のバイトまで色々やりましたが

肉体労働は二度とやりたくない

ほんまにきつい笑

スポーツやってた怪我の後遺症で
長時間立ってるとめっちゃ膝が痛くなってくるんですよね

今回は、肉体労働を脱出して
知識労働に移るために必要なことをお話ししていきたいと思います

まずは引越し屋の話から

引越し屋の上司に罵倒されまくった話

一時期、短期のバイトをやりまくっていました
毎週固定でバイトするよりも、好きな時に働きたかったからです

イベントスタッフ
工場の仕分け
花火大会の警備
引越し屋

色々やりました

その中でも
引越し屋のバイトは本当にしんどかったです

精神的にもえぐられるし
肉体的にもえぐられるし

きつすぎるやろ
と思っていました

当日、引越し屋のバイトに行くと
いきなりぶっきらぼうな社員の人が
「おせえよ、早く運べよ」
といってきました

え、いきなりそんな口の聞き方ある?
と呆気にとられていると

舌打ちされました
僕は遅刻していないのに

引越しの業界の闇を見ましたね

僕が今まで働いてきた
飲食だったり、塾だったりとは
違う世界やなと実感しました

その後も、言われた通りに荷物を運んでいると
「さっさと運べよ」
「使えねえな」
「何しにきたんだよ、カスが」

と罵倒されまくりました

いやー、意味わからんわ
なんでそんなにキレてんの?

なんか俺悪いことしたかな

めちゃくちゃ重い荷物を運ばされまくるし
同じバイトに女の人も来てて
結局その女の人は重いもの運べないから
全部僕が運ぶという地獄

何しに来たんだよって感じです

塾だったら座っていればもらえる1000円というお金が
引越しだと、こんなにもきつい思いをしなければいけないのか

肉体労働のキツさを感じました

でも、仕方ないんですよね
肉体労働が低賃金かつ環境がしんどいというのは
人間社会の構造上当たり前のことなんです

だって誰でもできるから

これが全てです
体さえあれば誰でもできるんですよ
引越しなんて

そうなってくると
高い賃金払わなくても、労働環境悪くても
いくらでもやりたい人はいるので
改善はされません

希少性が低いですから

希少性が低い存在を大切に扱ってくれないのは
市場の原理になってくるわけです

逆に
肉体労働の中でも
とび職とかは給料いいんですよね

危ないから、できる人が少なく
希少性が高く、待遇がいいわけです

めちゃくちゃ給料がいいわけではありませんが
平均よりは上です

でも、引越しはマジで体あれば誰でもできますよね
待遇が悪くなるのは当たり前です

だから、幸せな人生歩むためには、
ひたすら自分の希少性をあげまくる必要があります

最も手っ取り早いのが知識
とにかく知識
知識を入れまくって希少性をあげていくのが
人間社会で希少性をあげて
待遇を良くしていくのに最も楽なのです

家庭教師はマジで楽だった

僕は幸い、東大に通わせてもらえたので
大学受験に関しては
知識的に希少性がありました

だから、家庭教師とかいう
超楽で給料も高いバイトをすることができました

引越しの時は
死ぬほど体を酷使して、意味わからないくらい罵倒されながら
半日働いて得た5000円というお金が

家庭教師なら
座ってお菓子食べながら2時間勉強教えていれば達成できるというね

格差やばすぎました

いやーまじで楽だし、普通に楽しかったし
いいことしかなかったです

罵倒してこない可愛いガキンチョに
自分の知っていることを丁寧に教えるだけですからね

お菓子美味しかったなー
毎回違うお菓子持ってきてくれるので
楽しみでした

生徒の学校での話も
聞いていて楽しいし

すげー良かったです

東大生という肩書きあざすって思ってました

知識労働は肉体労働と違って
勉強した人しかできません

肉体労働はその名の通り、肉体がないとできませんが
知識労働は脳みそがあればできるわけではありません

脳みそに知識をぶち込んで初めて可能になります

この、自己投資によって
給料格差、労働環境の格差が現れているわけです

僕は、今の人生に不満があるのであれば
確実に知識を脳みそにぶち込んで
自分の希少性をあげていくべきだと思っています

希少性あげてしまえば、勝手に環境良くなりますから

希少性が上がれば僕らが選ぶ側に回れるのです
仕事も人も僕らが選べるのです

必要としてくれる存在が増えますからね

知識ある人は必要とされますよ
知識がある人は一人で社員100人分の力があります
もしくはそれ以上

資格取ることが希少性のあげ方ではない

希少性の上げ方の1つとして
資格取ればいいんですか?
みたいに思っている人がよくいますが

答えは
NOです

もちろん、興味づけとして
資格は有効ですが
あくまでも興味づけオンリー

中身が本当にあるかどうかは別の話です

お金を稼ぎたいなら
マーケティンングとライティングを極めるだけ

なぜか

  • マーケとライティングができれば物が売れる
  • マーケティングとライティングは世の中にめちゃめちゃ求められている能力である
  • マーケティングとライティングできる人超絶少ない

以上の理由です

要するに、需要めっちゃあるのに
供給が全然足りてないんですね

知識労働で必要なのはマーケティングとライティングなの?

そもそも、お金稼ぎで必要な能力が
マーケティングとライティングなの?

というところに疑問が浮かびますよね

まあ、まさしくそうなんですが

だって、マーケティング出来れば
適切なところに適切な商品を運ぶことができるので
どんな商品でも売ることができるようになるし

ライティング出来れば
自分がいちいち営業しなくても
一度文章さえ作ってしまえば
無限に商品を得ることができるようになるから

知識格差さえつけちゃえば儲けるなんて
余裕なんですよね

ネットで儲ける方法については
以下の記事で語りつくしているので
読んでみてください

ネットで儲けるための全て

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始め

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万を達成しました

100万円以上の自己投資を通して
ビビリで安定志向で何もできなかった自分が
主体的になり、稼ぐ人間となれた経緯を語った物語

「東大生の決断」をメルマガ限定で無料プレゼント

無料で電子書籍をゲットする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です