なまくら坊主って何?ロクでもないなまくら坊主の話

なまくら坊主って何?

なまくら坊主

定義として以下のように言われています

なまくら坊主とは怠け者のことで、
そういった人を嘲う言葉として江戸時代から使われている。

ちなみに本来のなまくら坊主の意味は
戒律を守らない坊主(僧侶)のことである。

仏門の身である僧侶は、
魚や鳥獣類の肉といった生臭物を口にすることは禁じられている。

こうした戒律を守らず、
生臭物を食べる僧侶をなまくら坊主と呼び、
転じて修行やお勤めをさぼり、
金策のことばかり考えるような僧侶のことも指すようになる。

ここから一般でも怠け者に対してなまくら坊主と呼ぶようになった
(現代では本来の意味を知らず、
「なまぐさ」という語感から怠け者の意で使っている人も多い)。

http://zokugo-dict.com/21na/namagusabouzu.htm

自分たちの戒律を守らないけれど
自分たちの宗教の素晴らしさを説き

金を儲けるために
人々を宗教に勧誘しようとする人たちです

実際にかなりいます

なぜなまくら坊主がたくさんいるのか?

なぜなまくら坊主というものが
たくさんいるのでしょうか?

それは

宗教というものがとても儲かるからです

僕の聞いた話では
権威性さえあれば

億単位の金を稼ぐのも
わけないらしいです

大きめのイベントを催して
10万円のお金を1000人から集められれば
それだけで1億です

しかもやることは話すだけ

お金がほぼかかりません

しかもお布施は税金が取られない

ある意味、金儲けをしたい人間が
参入してこない方がおかしいですね笑

権威性を利用して、お金を儲けようとするのは宗教だけじゃない

権威性を利用してお金を儲けようとする例は
かなりあります

実益が何もないのに
〇〇さんはすごい方だから!

と言ってお金を取るパターンです

自己啓発セミナーとかもそうだし
有名人の公演なんかもそうです

言っていることは
大したことでなくても

なぜか価値があるように感じてしまうというね

もちろん、本当に価値があるならいいんですよ

お金儲けしたい方々を集めて
自己啓発セミナーやっている人もたくさんいますけど
そのセミナーを元にして
稼げるヒントが見つかるのであればね

しかし、僕は行った事がありますが
マジで実益ないものが多いです

諦めるな!
とか

人生失敗してなんぼとか

そんなことのために
何万円

下手したら何十万円というお金を吸い取っています

僕の場合
人脈を作るために
顔を出すことはありますが

実益のないところに
そんなに金を使う気がありません

無駄ですから

まとめ

とにかく、自分がお金を払う時は

実益を考えましょう

この宗教、団体、セミナーを通して何を得たいのか?

精神的な支えが欲しいのか?
スキルが欲しいのか?
人脈が欲しいのか?

その答えを明確にするだけで
なまくら坊主に引っかかることはなくなります

もし、精神的な支えが欲しいのであれば
そんなの高額なお金を払わなくても
対応してくれる人はいくらでもいます

僕の知り合いにもいるので
もし、興味がある方はメルマガ登録して連絡してください

精神的な支えが欲しい時
宗教団体に頼るのは危険です

救ってあげたんだからと言って
そのあと、プレッシャーをかけられて
搾取されたり、働かされたりします

精神的な支えが欲しい人は
最終的に誰に頼らずとも生きていく自立を目指すべきです

宗教団体への依存ではありません

なまくら坊主ぶっ飛ばしていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です