高学歴が仕事できないのを責めないで欲しい

高学歴のくせに仕事ができない

高学歴は使えない

無駄にプライドが高い

扱いに困る

そんな風に思っている方まじでたくさんいると思います

僕自身、東大に通っていて

こいつ、社会に出れんのか???

と、はてなマークがつく人がたくさんいたからです

もちろん、大学に残って研究をする人であれば
多少、社会に馴染まなくてもいいんですけど

ある一定の割合で
なかなかのキワモノたちが社会に出ていっているのは
知っていますし

なんか色々ひずみを生みそうやなー
と感じることはあるのですが

まず、皆さんに言いたいのは

高学歴=なんでもできる、秀でている、人間力が高い

というわけではないということです

高学歴の定義ってわかります?

高学歴の定義とは

テストで点が取れる

これだけです

これ以上でもこれ以下でもありません

日本の受験の制度が
テスト一発勝負ばかりですし

テストの内容も

暗記力とか、計算力とか
そう言ったものを求めるものが多いですから

高学歴には

その性質を備えた人がいるのは必然ですよ

だから、高学歴フィルターを外して見てあげてください

これは僕からのお願いです

高学歴で仕事ができるやつとできないやつの違い

高学歴でも仕事ができる人と
仕事ができない人ははっきりと分かれます

それはもう一重に

偉そうな態度を取るか取らないか

で二分されます

理由は

偉そうな態度を取る方が
人間的に魅力がないから

とかいうことではなくて

シンプルに
偉そうな態度を取る人って
学ぶ意欲がない人なんですよ

そして、成長する見込みがない人なんです

だから、今後伸びる可能性も低いんです

だって、学ぶ意欲
なんとかして成長する意欲があったら
絶対に偉そうな態度とか取りませんよ

目の前にいる人が
どんな経歴を持っているかに関わらず

必ず自分とは違う人生を歩んできているし
自分とは違う経歴を歩んできているわけで

そうなってくると

相手から自分が学ぶことは確実にあるわけですよ

相手から自分が学ぶことが確実にある
それがたった一部分だったとしても
それを学ぶ時

僕にとってその方は師匠になるわけで

だったら相手に敬意を示しますよね

要するに
偉そうか偉そうじゃないかって

自分が相手に対して
学ぶ意欲、吸収する意欲があるかどうかで決まるのです

学ぶ意欲、吸収する意欲のない人が
仕事ができなくなるのは
当たり前ですよね

だから、偉そうな人は仕事ができないのです

仕事ができない人間はなぜ偉そうか?

仕事ができない人間がなぜ偉そうか?

これは簡単で

自分がある程度の地位に上り詰めるまでに
努力をしてきていない場合が大半です

本来、常に人に敬意を示して
学ぶ意欲を持った人が

上の地位に上り詰めるのが当たり前なのですが

まれに

才能だったり、人脈だったり、運だったりで
上の地位に上り詰める人がいて

そういう人にとって
人に対して敬意を示すことが

自分の中での成功の要因として
形作られていないために

仕事ができない人は
偉そうな態度を取ることが損であると
理解していないのです

僕からすると勿体ないな

って感じです

偉そうな態度をとることによる損失でかいですよ

人に敬意を示して接しているだけで
得られるものや学べること
チャンスが舞い込んでくるのにね

わかってないんだよね笑

ということで
今回は

高学歴が仕事ができないのを責めないでほしい

という話をしていきました

むしろ、偉そうな態度をとって
多くのチャンスを失っていることを

哀れんであげるくらいの感じで

接してあげてください

多分、あなたが使えないなー
と思っている時点で
多くの人がそう感じているので

落ち目です笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です