敬語はいらないけど僕は敬語を使います

敬語

日本人特有の文化として
よく取り上げられます

さて、皆さんは敬語が必要だと思いますか?

それとも

敬語は不必要だと思いますか?

はっきり言いましょう

敬語とかいらないです

無駄です

しかし、敬語という文化を日本から消すことはできないので
僕は敬語を使い続けます

なぜなら、そっちの方が得だから

敬語がいらない理由

敬語というものが
その名の通り

敬意を示すものとして機能しているのであれば
大いに賛成派です

人にこんなに簡単に敬意を示せる言葉のシステムは
他にはありませんからね

しかし、現状、

敬語は人に敬意を示すための
言葉のシステムとして機能していません

年上だから偉い

年下だから偉くない

という価値観を形成してしまっています

先輩には敬語を使え

そんなことを学校でも会社でも言われ続けてきたのではないでしょうか?

僕はずっと言われ続けてきましたよ

ほんとクソだなーと思います

だって、年上だから偉いわけないじゃないですか?

年功序列とか
終身雇用とか
そこらへんも関わってくるのかもしれないけど

年上だから偉いという価値観は僕はめちゃクソ嫌いです

年上でも無能な人はいるし
年下でも有能な人はいますからね

年上でも年下でも
公平に評価して

尊敬する人に敬語を使うのならありなんですけどね

それでも僕は敬語を使います

敬語というシステムは嫌いですが
僕は敬語をめっちゃ使います

ただし、僕の場合は
年下にも尊敬している場合は

めっちゃ敬語使います

なんなら土下座してもいいと思っていますw

それは僕が誇りのない間抜けだからではなくて
自分が成長し成り上がるためです

謙虚であることは素晴らしいことです

常に人から教わる姿勢を貫く
これが謙虚であるということです

自分の知らなことを教えて欲しいから
誰に対しても
謙虚な姿勢を貫くのです

まとめ

敬語というものに違和感を覚える方も多いと思いますが
敬語自体は問題ないのです

問題なのは年上だから敬語を使わないといけないという
日本の古くからの慣習です

しかし、その慣習を変えることはできません

終身雇用制度とか
年功序列とかも関わってきて

日本に昔から根付いている文化を変えることは個人では無理です
(といっても年功序列のシステムが組まれたのは戦後ですが)

のであれば
自分が成長して
進化するために
どんな人にも敬意を持って
敬語を使ってしまうのが
賢い生き方だと思いますよ

ちなみに、敬意を示しているからと言って
ひれ伏す必要はありません

自分にも自信を持ちつつ
相手にも敬意を示せばいいだけなのです

ということでとっきーでした

年功序列については以下の記事でも語っているのでどうぞ!

年功序列の崩壊!?年功序列について語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です