YouTubeで顔出しをしなくても良い理由とは?

YouTubeで顔出しをするべきか?しないべきか?

こんにちは、とっきーです

YouTubeで情報発信するときに
顔出しは必要なのか?

ということについて
お話していきたと思います

結論からいうと

必要ありません

これはYouTubeに限らず
ブログとかも同じです

大事なのは、コンテンツの質です

顔を出しているかどうかは枝の部分ですから

僕は情報発信ビジネスをしてこの方
顔出しというものをしたことがありません

けれど
めちゃめちゃ信頼されているし
めちゃめちゃ感謝されてます

結局顔出しってのは
顔出しすれば、人が集まりやすいかな
という集客目線の発想なので
枝の部分になってきます

というより
イケメンや美女じゃないと
特別顔出ししてプラスになるってことはありませんし

顔出ししてYouTube撮ると
毎回服とか、髪型とかセットしなきゃいけなくなって
動画撮る頻度減って

コンテンツの質や量が下がるということに繋がります

優先順位はどれだって話ですよね

顔出しして安心させるのが最優先なのか

良いコンテンツ出して、相手の人生変えてあげるのが
最優先なのか

僕は後者です

お客さんにとっての価値は何か?という話

それに僕自身の価値という観点から言っても
顔出しする必要ないなと思っています

僕がお客さんに与える価値は
イケメンで目の保養になるという価値でも

変顔して相手を笑わせる
という価値でもありません

メッセージを伝えることで相手を内面から変化させることに価値があります

僕はそっちの方が本当の意味で感謝されると思っているし

目の保養とか変顔とかは
芸能人の方のほうが得意なので
そっち見てくれって感じです

ブランディングの話にも繋がってきますが
僕はビジネスの情報発信をしている人
というブランディングを持っています

だからこそ
不必要なことに無駄に気を使うくらいなら

顔出しなんてせんわー
ていう意識を持ってやっています

ちなみに
匿名で顔出ししない方がいいこといっぱいあるんですよ

匿名性のメリットについて語った動画があるので
見てください

イラストを使っている理由

僕は自分自信のイメージに人間のイラストを使っていますが
あれも狙いがあってやっているんですよ笑

実は人間って

イラストでもリアルでも
顔のパーツさえあればそんなに区別してないんです

え、
って感じですよね

でも
マジなんですよ

例えば映画で考えてほしいんですけど

アニメだからって
キャラクターの感情が伝わらなかったり
感動しない
なんてことありますかね

君の名は
多くの人が映画館で号泣してましたけど
(僕も二回映画館に足を運びました)

あれ全部アニメですよね

アニメでキャラクターの表情はイラストなのに
多くの人が涙を流していました

つまり
人が感情を読み取るときの必要最低条件って

表情と言葉なんですよ

絵なのかリアルなのかは関係ないというね

むしろ、絵のほうが表情豊かに
表現できるので

感情を示しやすいというのもありますね

感情を読み取ることは
コミュニケーションの全てなので
僕は人間のイラストを自分のイメージに使っているわけですね

ちなみに
僕は金髪でも茶髪でもありません

完全なる黒髪ですし
なんなら染めたこともありません笑

イラスト選びなんてそんな感じに適当にやっている
ということです

結論
表情が伝わるイラストを選びましょう
ということですね

おまけ、どんなことでもネタになる

ちなみに、僕はこんな風に
映画などの一見ネットビジネスと何の関係もないようなところから
ビジネスに生かしています

日常のあらゆる体験や学びを
ビジネスに生かしています

これが出来るようになると
超絶楽しいです

毎日歩いてるだけで
あらゆる発想が出てきて
仕事に生きるという

プライベートと仕事は分けるべきだ
という考えの人がいますが

こと起業だったり
情報発信ビジネス
コンテンツビジネスにおいては
仕事もプライベートもわけないほうがいいです

というより
情報発信やコンテンツ作成を
日常から切り離すことなんて不可能ですからね

人生まるごとコンテンツです

ほんと楽しいです笑
頭も良くなるし
最高ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です