情報中毒、ネット中毒者が無理なく人生を改善する方法3選

ネットの情報が気になって眠れない

SNSの連絡が今返ってきているかもしれないどうしよう

そんな悩みにさらされていた

勉強や仕事をするときは

けじめをつけなければいけないのはわかっているし
寝るときはスマホを見てはいけないのもわかっている

それでもやっぱり気になるものはどうしても気になってしまう

そんな情報中毒者だった僕が
情報中毒を脱却した方法を

3つ

徹底解説したいと思う

キーワードは

自らの意思に頼らないこと

これがどんな中毒を脱出するときも
絶対に必須の考え方である

ちなみに情報中毒など
気が散って仕方がない人が
モチベーションをアップさせる方法について
以下の動画で徹底解説しているので

ぜひ見てほしい

情報中毒、ネット中毒から脱出するために絶対に意思の力に頼ってはいけない

よく、スマホを見すぎてしまうなどの
情報中毒者へのアドバイスとしてあるのが

スマホ見ないようにしなさい

というものだ

しかしそれは的外れすぎる

だって気になって気になって仕方がないから

どうしても見てしまうもの

別にネット中毒者は
ネットが見たくてみているわけではない

ネットをやめたいのに
ある意味自分の気持ちに反してネットを見てしまうから
困っているのである

だからこそ、意思の力には絶対に頼ってはいけない
どんな中毒症状を治すときも
意思の力に頼るのはアホすぎる

例えば

コカイン中毒の患者さんが
中毒を治すときに

「コカインここにおいておきますね
でも絶対に摂取してはいけませんよ」

とコカインを目の前に置くだろうか?

アルコール中毒の患者さんが
中毒を治すときに

「お酒ここにおいておきますね
でも絶対に飲んではいけませんよ」

と目の前に大好きなお酒置くだろうか?

絶対に置かないだろう

そんなことをしたら医者失格である

しかし、ネット中毒の人に
スマホ見ないようにしなさいね

と諭すのは同じようなことなのである

案の条、スマホ中毒、ネット中毒、情報中毒であった僕は
そんな風にスマホ見ないようにしなさいねー

と言われていたから
めっちゃ意思の力に頼って
なんとかスマホを見ないよう見ないようにしていたが

無理だった

ネット中毒、情報中毒は甘く見ない方がいい

世界中の天才たちが
僕らの集中力をインターネット上に持っていくことで

お金を設けようと
必死に脳みそをフル回転させているのだ

そんな天才たちに
意思の力だけで立ち向かうのは危険すぎる

スマホ中毒脱却法に関しては
以下の記事で語っている

スマホ中毒を脱却したたった1つの方法とは

僕が情報中毒、ネット中毒を脱却した3つの方法

情報中毒、ネット中毒を脱却する道は困難だった

そりゃ何度もいろいろな方法を試しても

何度も元に戻った

ダイエットを何度しても
リバンドしてしまうのに似ている

それでも今では
ガチで中毒から脱却した

この方法は効果抜群なのでマジで使ってほしい

・情報空間から孤立する

・kindleで本を読みまくる

・筋トレする

1つずつ解説していこう

情報空間から孤立する

情報空間という言葉に
馴染みがないかもしれないが

僕らは今は物理空間以外にも
情報空間に存在している

スマホでネット記事を見るなんかもその1つだ

もちろん、自分自身がネット空間に存在しているわけではないのだけれど

心がネット空間に存在している

この状態がずっと続くことを
情報中毒、ネット中毒

というのであるが

その情報中毒から脱出するためには
情報空間から孤立する必要がある

簡単に言えば
スマホなど

情報空間にアクセスできるものを
手に触れないようにするということだ

僕の場合

出かけるときは

・スマホは持っていかない

・スマホがどうしても必要なときも、絶対にポケットに入れず
カバンのポケットに入れている

スマホを取り出すのに
必ず一手間かかるようにしている

・寝るときは
情報空間が周りにないところに移動する

以前は、部屋にパソコンとスマホを置いたまま
そこに布団を敷いて寝ていたが

今ではその部屋は作業部屋として
寝る部屋は別にしている

もし、部屋がたくさんないのであれば
パソコンやスマホを別の場所に移動させるのもありだ

自分と情報空間を隔離できるのであれば
なんでも良い

kindleで本を読みまくる

スマホを手に持たないとなると
手持ち無沙汰になって
めっちゃイライラすると思う

そこで超オススメなのが
kindleだ

kindleを使うことで
まるでスマホで記事やSNSに時間を使うかのごとく

めっちゃ読書が進む

これまじでいいよ

そもそも情報ってのは
本来得るべきであり

情報を得ること自体は悪くない

悪いのは
質の低い情報ばかりを漁ってしまうことだ

だから、質の高い情報を集めてしまう
情報中毒は大いに結構なのである

ちなみに僕もそういった意味では
いまだに情報中毒であるが

どんどん賢くなるし
人生の質もどんどん上がっていく

賢くなればなるほど
収入も上がっていくし万々歳だ

情報中毒者は
スマホをkindleに変えるだけで人生変わると思う

マジで

kindleの良さやオススメのkindleについては
以下の動画で語っている

筋トレする

筋トレに関しては
一見、情報中毒やネット中毒とは関係がないように思うかのしれないが
全くそんなことはなくて

筋トレこそ最高のソリューションなのである!

なぜかというと

筋トレをすると
僕らの意識は情報空間から物理空間に持ってくることができるから

ずーと頭の中で
ネットのことやSNSのことについて考えている時でも
筋トレをすると

そうやってネットのことを考えている場合ではなくなる

筋トレをしていると
強制的に意識が情報空間から物理空間にやってくるので
マジでオススメだ

そして、筋トレといっても
別にジムに行けといっているわけじゃない

この僕だって
ジムにはいっていない

自宅でチョチョっと腕立てとかしているだけだ

それだけでも十分すぎる効果がある

僕は別にむきむきになりたいわけじゃなくて
健康になりたくて、筋トレをしているのだから
十分なのである

ちなみに、無理なく自宅で継続して筋トレを続けられる方法を
以下の動画で語っている

僕が今でも実行している方法である

僕は今でも情報中毒者

僕は今でも情報中毒者である

なぜなら、毎日勉強しているし
一日一冊のペースで本を読んでいるから

これを情報中毒者と言わずしてなんというだろうか

僕は新しい情報や
良質な知識

イノベーティブな発見を知ると

めちゃめちゃ興奮するし
人生が本当に充実する

では、僕のような情報中毒者と
昔の僕のような悪い情報中毒者の違いはいったいなんだろうか?

それは、

取得する知識が
自分のためになるかどうかである

僕は自分のブログを持ったり
YouTubeチャンネルで発信する場を持っている

なので
自分の得た知識が
誰かの役に必ず立つのである

健康系の勉強をした時も
日常のちょっとした発見も
発信することで自分自身知識として定着するし

誰かの役にたつ

逆に言えば
自分の発信する場があるからこそ

誰かの役に立つ情報を主体的に取るようになるし
勉強する意識が湧いてくる

なので、僕のような
成長する情報中毒者になるには
ぜひ、自分のブログやYouTubeなど発信する場を設けてみてほしい

めっちゃ簡単にできるから笑

情報発信することいによるメリットは
以下の記事でも語り尽くしている

情報発信をして表現者になることのメリットとは

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し

月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です