受験勉強全然してない、やばい!という学生が爆速で成績を上げる方法

受験勉強してない?やばい?

受験勉強を全然していない、やばい

もう間に合わない気がする

今からは無理だ

絶望

待った待った!

今、あなたの受験までの期間は知らないが

諦めるのはまだ早いよ

やれることはある

この僕も

東大合格はしたけど

ズーーーっとE判定だったから

それに、周りからも受かるとは言われていなかった

けれど僕は受かったよ

そして、僕は

明らかに周りの人と違う方法で勉強していた

多くの人は
周りのみんながやっている方法を極めた人が

成功できると思っているけど

真実は違う

周りの人と違うことをするから成功できるんだ

今回は

最短最速で成績を上げるための考え方を
あなたに授けようと思う

まずは以下の動画を見てくれ

倍速で見て時間は短縮しよう!

爆速で成績を上げる方法

最短最速で成績を上げるために必要なことを簡単にいうと

それはもう

喋る

これだけだ

書いて勉強するから
死ぬほど時間がかかるし、成績が伸びる速度も遅くなる

僕自身、部活やりまくっていたし
通学時間が鬼ほど遠かった(1時間半以上)

だから、短い時間の中で
成績を上げるすべを自ら編み出していった

喋って勉強すれば
どんどん成績は向上するよ

まじで

例えば

参考書を一つ終わらせるとしよう

どんなに薄い参考書でも
書いて勉強すると
少なくとも一ヶ月は終わらせるのに時間がかかるだろう

勉強を全くしていないみんなは
そんな時間はないはずだ笑

だったら喋るんだ

薄い参考書なら下手したら
1日で終わるぞ

そして、7日間でも

参考書の内容をしゃべり続けて欲しい

そしたらもう、参考書の知識は絶対にあなたの血肉になっている

しかも、あら不思議

喋っていただけのはずなのに
なぜか書ける、スラスラ書けるんだ

英語の細かいスペルの部分は
かけないこともあるけど

問題の論理的な部分は余裕で書ける

喋れることは書けるのだ

僕は本当にしゃべりまくったよ

図書館で音は出さずに口だけ動かして
頭の中で喋っていたし

電車の中でも口パクでやってた

書いていたら間に合わないと
感じたその日になんとかして編み出したこの方法で

成績を爆上げして

東大

早稲田

慶応

などなどの理系学部に一つも落ちることなく
ストレートで合格した

我ながらよくやったよね

本当に

きっと周りの人は
こんな方法を馬鹿にすると思うし
やめとけっていうかもしれない

でも、どんな時でも
異常な結果を導き出すためには
異常な行動をしなければならない

普通のことをして受かりたいなら
コツコツとみんなと同じように積み重ねないとね

異常なことを成し遂げる時
一番の障壁は他人の目だ

他人の目を気にせずに
ガンガン進もう

やったもん勝ちだ!

もし、やる気がそれでもでないという学生さんは
以下の記事も見てみてね!

E判定から東大に受かった僕が語る正しい努力の方法とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です