痛みを感じないと人間はすぐに死ぬ

痛みを感じないことは危険すぎる

世の中には痛みを感じない人がいます

先天性無痛無汗腺症というやつで

骨折しても
全く痛みを感じずに走り続けてしまうらしいです

痛みを感じないのに
そのまま体を酷使してしまうから
体がまじで動かなくなってしまい

死の直前までまっしぐらしてしまいます

痛みを感じずに
気づいたら死んでしまうという状況です

痛みを感じないというのは
一見めちゃめちゃ強そうですが

全然無敵じゃありませんね

ルフィみたいにゴム人間だったらいいけど
人間の体はゴムでできているわけじゃないから

痛みを感じないとすぐに死んでしまうのです

【実例】先天性無痛無汗症の少女の話

痛みを感じない少女のギャビーちゃんの実例を見ていきましょう

ギャビーちゃんが生まれた時は
そんな病気に罹っているとは
親御さんも思わなかったらしいですが

徐々に奇怪な行動がかい見えてきたてきたのです

・階段から転げ落ちて、怪我したのに
一切泣かずに立ち上がって普通に歩き始める

・指をしゃぶっていたと思ったら、
指の肉が見えるくらい噛んでいた

・おもちゃを噛んでいたら歯が折れる

・目を擦りすぎて失明
(厳密にいうと、目を弄れないように医者がまぶたを縫ってしまった)

・知らぬ間に下顎を骨折。
しかし、反応がない為誰も気づかず、1ヶ月放置されていた

・火傷してもそのまま高温のものを触り続けてしまう

こんな恐ろしいことが平気で起きているのです

痛みは人間を守る為にあるもの

ギャビーちゃんの例を見ても分かるとおり
痛みというものは

人間にとって必要不可欠なもので
ないと人間的な普通の生活が全く送れなくなってしまいます

だけど、僕らは痛みを嫌います

しかし、それでいいんです

痛みは僕らが嫌がるからこそ
真に効力を発揮し

僕らを助けてくれるのです

例えば、デスクワークでずっと座っていると
腰が痛くなったりしますよね

そんな小さなことでも
もし僕らが痛みを感じなかったら
そのまま本当に立ち上がれなくなってしまいます

立ち上がれなくなって初めて
自分の腰に負担が罹っていたことを知るのです

痛みを感じたら、対応しよう

痛みは身体的なものであろうが
精神的なものであろうが

対応する必要があります

痛みを感じてから
放って置くと、どんどん体を蝕んでしまい
取り返しのつかないことにもなります

僕自身も、精神的な痛みがずーっと続いた時に
自分の中に溜め込んだ時は

そのまま、ノックアウトしてしまい
一時期、引きこもりみたいになったことがありました

痛みをしっかりと受け止めて
自分には休息が必要なんだと思ったら
休みましょう

もし、対処の仕方がわからなかったら
こんな記事も書いているので参考までに

メンタルブレイク回復法

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始め

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万を達成しました

100万円以上の自己投資を通して
ビビリで安定志向で何もできなかった自分が
主体的になり、稼ぐ人間となれた経緯を語った物語

「東大生の決断」をメルマガ限定で無料プレゼント

無料で電子書籍をゲットする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です