あなたが一生懸命になれないたった1つの原因

一生懸命になれない原因がある

一生懸命になれない

問題だと思うけど
解決することすらバカバカしい

そんななんとも言えない悩みに晒されているのかもしれない

今回は

一生懸命になれない理由
その真実を届けようと思う

まずは人間はどんなときに一生懸命になるのかというお話をしていく

人間が一生懸命になるパターンは2 種類ある

人間が一生懸命になるパターンは2種類あって

・やる

・やらされる

この2つだ

そして、僕はこの2つどちらも経験した

自分がやりたくて一生懸命になったことも
自分がやりたくないけど、やらされて一生懸命になったこともある

その二つを経験した中で
一生懸命になるための本質と
幸せに人生を生きる方法が見えてきたので
ご紹介したい

やらされて一生懸命になった経験

僕が人にやらされて一生懸命になったのは
間違いなく

中学の部活だ

バスケ部に所属していた僕は
初めはバスケが楽しそうで入部したけど

気づいたら
全く楽しくなくなっていた

そんな中でも
努力を続けられたのは

まさに恐怖からだった

怒られる
怒鳴られる
殴られる
ものを投げつけられる

そんな恐怖から
ひたすら練習した

初めは楽しくて始めたバスケだったけど
いつの間にかそんなものになっていた

このとき

楽しくはなかったけど
確かに一生懸命ではあった

一生懸命にやらざるを得なかった

自分がやりたいことをやって一生懸命になった経験

2個目は僕がビジネスに挑戦したときの話

これは自分がこれだと決めたことをやり続ける経験だ

だって、誰にも相談しなかったし
自分がこれだと決めたことだったから

受験勉強とかも
結局は親、友達、先生が勧めてくるからやっていただけで
真の意味で自分で決めた道ではなかった

ビジネスは完全に自分で決めた道だった

僕みたいにある程度稼げるようになってしまえば
もう横展開するだけなので
一見、華やかというか
成功の道に見えるかもしれないけど

実はやらされるよりも
遥かにしんどいものだった

そう

やらされる一生懸命より
自分で選んだ道を進み続ける一生懸命の方がもっと辛いのだ

やらされる一生懸命では
支配による恐怖がある

これをやらないと暴力をふるわれる

これをやらないと怒られる

といった恐怖だ

しかし、裏を返せば
言われたことをしっかりやれば
ある程度の成果は見込めるという安心
もある

それは、やらされる一生懸命の一つの特徴だ

言われたことをやってできなかったら
その責任は自分にはない

やらせてきた人間にある

スポーツのコーチとかは特に顕著
選手たちに偉そうに指示を出す人もいるけど

それはつまり
それだけの責任がコーチにはあるということ

やらせる人間にはやらせる人間なりの苦労がある

僕がビジネスを始めるとき
僕にビジネスをやれ!

と直接いう人はいなかった

もちろん、ホリエモンさんとかが
情報発信媒体を通して
訴えかけてくれていた
というのはあるけど

直接言われたわけじゃない

だからこそ
僕の人生の責任は僕が完全に負った

これは恐怖だった

それまで
なんとなくレールの上に引かれた人生を歩んでいた僕にとって

初めて自分の人生に自分が責任をとった経験となった

自分が考えて考えて考え抜いたことをやっても
成果が出ないこともある

これって怖くない?

でも、そもそも自分の人生って自分が責任を負うべきなんだよね

他人に責任を押し付けて生きてきた

僕はもともと
自分の人生の責任を自分で負っていなかった

どこか他人のせいにする

自分の都合の悪いことが起こると

国が悪い、政府が悪い
会社が悪い
あいつが悪い

と責任転嫁をする

そんな風に生きてきた

もちろん、間違っていることに大して
声を上げることは大事だ

国やら政府やらは
放って置いたらロクでもないことになる

それは歴史が証明している

メディアが国をしっかりと管理するのも
その情報をしっかりと知るのも大事

でも、ただ無碍に批判するのは違う

だって、国も会社も結局人が作っているし
人が構成している

AIが完璧にタスク処理をして
最適解を出しているわけじゃない

一人一人の人間が
バイアスにかかりながら
決定を下しているから

そりゃ、間違ったこともする

大事なのは
そこで一緒になって解決する気持ちを持つこと

自分ができることは何か考えること

それができていなかった

大学のとき、

バイトの給料が安すぎて
ビビった、ふざけんなって思った

しかし会社ってのは利益を出すために生まれた機関だし
そのためには給料をなるべく安くするのは当たり前

今考えると、否定とか批判とかするのが
そもそもおかしい

給料が低いことに対して
解決する気持ちを自分で持てばよかった

いくらでも年収を上げる方法なんてある

副業解禁とか言われているし
ネットならこっそりでもできるしね

自分の人生は自分が責任を持つ

問題があったら自分で解決する

国や会社が法律やらなんやらで
約束をしてくれているけど

そんなものを頼りには絶対にしない

今、そんな風に生きれるようになった

自分に責任はあるけど、それでも失敗はしたくない

自分の人生に責任は持つけど
失敗もしたくない

これは正当な考え方だ

そもそも
自分のやりたい人生を歩もうとすると
失敗をするという謎の価値観が日本には蔓延しているけど

自分の好きなように生きて、しかも成功している人はいくらでもいる

今の僕もその一人だ

毎日、ブログを書いたり
コンテンツを作って

好きな時に
好きなことして生きている

なぜ可能か

それは僕が学んだからだ

お金からも時間からも解放されたいと思った時に
その方法を徹底的に学んだから

学んで学んで学びまくったから

方法論を知っているから
成功した

自己責任だからといって学ばないのは違う

むしろめっちゃ学ぶ

だって、周りと違うことするんだから
学ばなかったら怖すぎるもん

無理だよ
成功するなんて

僕は自己責任になってから
学んだよ

本当の意味で一生懸命になるために、自分の人生に責任を持つ

前者の一生懸命

やらされる一生懸命は相当の恐怖がないと出来ない

そもそも、心に反していることだからね
僕も部活にいるときはかなり恐怖を感じていた

とてつもない恐怖に支配される以外の一生懸命になる方法は

先ほどから言っている通り

自分の人生に責任を持って
自分の人生を生きることから始まる

問題があった時に
自分で解決することから始まる

これしかない

そして、自分の人生を歩み始めた時に
周りと違うことで

とてつもない恐怖に襲われるから

とにかく、自分が進もうとしている道の先駆者から学ぶ

そうすれば恐怖は半減される

自分を信じて行動できる

僕もそうやって生きてきた

以下僕がぼっちになって
自分の人生を歩み始めた物語

レールの上に引かれた人生から飛び降りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です