歴史は科学である

こんにちは、とっきーです

歴史は科学である
違和感満載ですかね?笑

でも僕からすると
歴史は科学なんですよね

なぜか
それは、歴史とは過去のデータであり
過去のデータを考察し、僕らの人生に生かすことができるからです

科学ってのは
実験データをまとめて
考察して、世の中に生かしていくわけですね

歴史も考察して世の中に生かしていくことができるので
同じな訳です

例えば次のようなことは歴史というデータから考察した例です

教育機関とは国家にとって都合の良い情報で洗脳する為の機関である

日本の教科書が黒塗りされたものを見たことがあるでしょうか?
日本が第二次世界大戦でアメリカに敗戦し、軍事国家から民主国家に移る際に
戦前に作られた教科書が黒塗りされて、生徒の元に手渡されました

これってどんな内容が黒塗りされたか知っていますか?

以下の内容が黒塗りされているんです

  • 日本の神道に関わること
  • 天皇を中心とした歴史
  • 日本軍人の偉大さ
  • 日本文化の高貴さ
  • アメリカ、ヨーロッパ、中国に対する批判的な意見

などなどです

要はこれによって、日本が日本人に誇りを持たずに
西洋諸国の価値観に染まるよう洗脳しているわけですね

とんでもないことですよね
でも実際に行われていたという現実があるわけです

つまり、教育ってのは
客観的な意見によって構成されたものではなく
国家の都合の良いように人々を洗脳するために使われているだけ
ということがわかります

ここから学べることは
公的な情報を鵜呑みにしてはいけないということがわかります

皆んなが言っているから
先生が言っているから
教育機関が言っているから
国が言っているから

などという理由で物事を鵜呑みにしてしまうのは超絶危険なのです
国が洗脳をかけてきているだけかもしれませんから

だからこそ、僕は常識疑いまくりです

朝飯食ったほうがいいとか
嘘過ぎてやばいですからね

CMとかで
「朝ごはんはコレ!」
みたいなのを芸能人使って流しているのがありますが
もろに洗脳かけてます

うまそうですね
こんなの流されたら、朝ごはん食べるのが当たり前になっちゃいます
でも、これもそういう洗脳かけてきているわけですね

芸能人がやっているから
テレビで流れている情報だから
といって様々な情報鵜呑みにしてないですか?

朝ごはんとか食品業界が儲けるために流してる嘘ですから

世の中の情報というのは
科学的根拠によって証明されたものが出回っているわけではありません
お金が儲かるように人々を洗脳するための情報が出回っているわけです

そもそも情報によって人々は統制されてきた

国が自分たちに都合の良い情報によって人々を統制しようとするのはなぜなのかわかりますか?

それは、情報でコントロールするのが一番楽だからです
逆に、情報によってコントロールしないと人々の反乱を抑え切ることができないのです

そもそも、国家が国民を統制してきた歴史には
情報操作というものがめちゃめちゃつきまとっています

その際たるものが、宗教です

宗教というものは、人々を統制するために使われてきました
だからこそ、国家と宗教は密接に関わっているのです

基本的に国民というのは
国に対して不平不満がたくさんあります

そして、その不満が高まり、国家に反逆すれば
意外と国家なんて簡単に滅びてしまいます

シンプルに国民の方が多いのだから
国家が戦って勝てるわけないんですよね

つまり武力による統制は限界があるわけです

そこで、人間が考えたのが
思想による統制です

人間の行動が、与えられた情報、
それによって形成される思考によって決められていると知った国家が
人間の行動を決める思想自体をコントロールして統制するために
利用されたのが宗教というわけです

争いは良くない
神に仕えよ
神の言うことに従えば救われる
といって人々を統制してきたわけです

情報によって人々は操作されまくってきた
この歴史を見ることにより
僕らが学べることがたくさんありますよね

公的な情報ほど疑うべし

僕は公的な情報ほど疑いまくりです
そして、常識も疑いまくり

なぜなら、公的な情報や常識を信じれば信じるほど
国家にコントロールされる側に入ってしまうと
歴史が物語っているからです

むしろ、公的でない情報をしっかり得るようにしています

今だと、Youtubeやブログ、SNSなどで
個人が情報発信できるようになりましたね

これって僕ら国民にとってめちゃくちゃ有利です

昔は、僕らが情報を受け取るとしたら
新聞やテレビなどしかありませんでした
あとは、書物

これらのメディアというのは
必ず国家にとって都合の良い風に置き換えられていました
書物も、焚書といって
国家にとって都合の悪いものは焼かれていましたからね

しかし、今では
個人が国家の統制とか関係なしに
どんどん情報発信していますよね

この情報をしっかり受け取るべきなんですよ
真の正しい情報っていうのは
個人からしか生まれないんです

情報が公的機関に近づけば近づくほど
その情報は都合の良い風に書き換えられてしまいますから

だから、この時代において
公的な教科書しか信じないとか
絶対に良くないわけです

だから、より個人媒体で発信している人の意見を自分の価値観に取り入れていきましょう

僕はマジでそうしています
TVとか家にないですし
ニュースとかほとんど見ないです

個人のブログとかYouTubeとか本とかで
情報収集してます

大切なのは見栄えに騙されずに
情報自体に筋が通っているのか
自分の頭で考えるということなのです

歴史からこんなにも学べちゃう

こんな感じで
情報操作という面からしても
歴史というのは膨大に学べることがありますね

僕は歴史を学ぶのであれば、
ここまで考察して初めて意味があると思ってます

ここまで考察することで
自分の次の行動が見えてきますから

自分が明日からするべき行動が見えていないのであれば
それは歴史から学んだとは言いません

「あー年号覚えたわー」

で終わってしまっては
年号を覚えた満足感で人生が終わってしまいます
はっきりいって無駄です

僕は歴史を学ぶ時に一切年号なんて覚えていません
むしろそういった情報を頭に入れてしまうと
脳の容量を無駄に食うので、マイナスです

何で歴史はつまらないなんて言われてしまうのか

今の日本の教育は酷いです
歴史をただの暗記ゲーとしてしまっています

暗記ゲーとしてしまっているから
歴史はつまらないと言われてしまうのです

そりゃそうです
人生に何にも生きないことを
無理やり暗記していたら苦痛以外の何物でもありません

人生に生きるからこそ
勉強というのは楽しいのです

僕はいろんなところで言ってるんですが
日本の教育はマジで終わっていると感じています

大学通っている時とか
これ何の役に立つんだろうか
とほぼ全ての授業で感じてました

まあ、だからこそ休学してるってのもあります

世の中の多くの人は気づいているんです
大学の教育が終わっていることに

ただ、それを本気でやばい
と思って行動している人は少ない

「まあ、そういうもんだから仕方ないよね」

と言って多くの人が無思考で授業に望んでしまっています

「まあ、そういうもんだから仕方ないよね」

この言葉マジで大っ嫌いです
こんなことばかり言っていると
マジで問題意識が無くなってしまうので
人生なんとなく生きて終わってしまいます

あれ、これっておかしくね
違和感半端なくね
と思った時に、すぐさま行動できるか

違和感に慣れずに、
違和感に対して何かアクションを起こせるかで
人生はどんどん変わってきます

本を読んでみるとか
ブログやYoutubeで勉強して見るでもいい

今の日本の教育がおかしい
常識がおかしいと思うのであれば

常識のレールから外れて生きている人の意見とか
聞きまくればいい

今なら無料で動画とかで見れるんです

なんて良い時代なのでしょうか

僕はこれからも勉強し続けます
常識という呪いから解き放たれる人が少しでも増えれば良いなと感じています

今回は以上です

とっきーって何者??

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万の自動化を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です