学歴社会崩壊?東大生が語る学歴社会について

学歴社会は崩壊するのか?

学歴社会崩壊という言葉が最近流行っている

しかし、果たして本当に学歴社会が崩壊するのだろうか?

僕はネット起業の道を選んだけど

東大生の友達はみんな
明らかに、有名企業に進んでいる

名の知れたところにみんな就職しているし
学歴社会崩壊なんてものは一見全く感じられない

東大を含めた高学歴と
学歴のない人や低学歴

明らかな差がある

それは誰が見ても分かることだ

学歴が効果を発揮する時としない時

それはそもそも
学歴が効果を発揮する場所しか見ていないというのが大きい

就職

という分野で見たら
そりゃ学歴が有利よ

自分の会社に人を入れるときに
明確な指標がなくて

人選の際に学歴を利用するのだから

他により良い指標がない限り
学歴は有利だ

もし、あなたの前に一緒に働きたいと言ってくる人がいて
さて、今後長い間一緒に働くとして

何を指標に人を選ぶか

いちいちその人の能力を確かめていたら
大企業なんかは時間がいくら合っても足りない

学歴を利用するしかない

では逆に学歴を利用しないのはどういう時か?

それは

人選をしないとき

つまり、就職せずに
個人の力だけで働くと決めた時だ

人選のツールとしてしか
学歴が機能していない今

個人の力で働くときは
実力のみが意味をなす

学歴は得るべきか?学歴社会崩壊途中の賢い生き方

では、僕らは学歴を得るべきなのか?

学歴を守り通すべきなのか?

議論をしたいと思う

今はちょうど学歴社会が崩壊している途中だ

今後、個人で稼ぐ例が増えれば増えるほど
学歴がない人が評価され始めるようになるけど

まだ、世間の目、企業の人事部の目は学歴フィルターを使いまくっている

それは僕の無能な東大生の友達が
大手企業に入っている時点で明らかだ笑

じゃあ、そんな移り変わりの中で
どういう生き方をするのが一番良いのだろうか?

絶対に僕は個人で稼ぐ道を選ぶべきだと思っている

だから僕も
大企業に余裕で入れたけど
個人で稼ぐという道を選んでいる

個人で稼ぐという選択肢

僕が

今すぐに個人で稼ぐべきだと思うのは

今だに

個人で稼ぐのが
危険だとか怪しいとか思われているから

つまり、

ライバルが少ないからだ

今後、個人で稼ぐ人が増えていくのは
もう明らかで

現在進行形で増えては行っているけど

それでも
少ないのは事実なのだ

大衆は大衆がいる場所にいるから安心できる

そこに理由はない

多数派にならないと
人は基本的には動かない生き物なのだ

だからこそ

このライバルが少ない今だからこそ
さっさと個人で稼ぐ方法を身につけて
先行者利益を得るべきなのだ

個人で稼ぐ方法については
以下の記事で語っている

個人で稼ぐ方法の解説

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始め

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万を達成しました

100万円以上の自己投資を通して
ビビリで安定志向で何もできなかった自分が
主体的になり、稼ぐ人間となれた経緯を語った物語

「東大生の決断」をメルマガ限定で無料プレゼント

無料で電子書籍をゲットする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です