読まれるブログの書き方!僕は1記事で稼いているよ

読まれるブログを作る為に

こんにちは、とっきーです

先日twitterでお話させて頂いている方に

フォロワー増やしたり、
記事を増やすことによって
記事を読んでもらえる人数が増えるのか?

と質問いただきましたので
お答えしたいと思います

僕の回答は
微増するんじゃね笑
です

Twitterのフォロワーを増やすことについて

フォロワー増やせば
インプレッションが必然的に増えていきますから
確率的に見てくれる人も増えます

100人のフォロワーのうち
3人が見てくれるとしたら

1000人フォロワーがいれば
30人見てくれますから

まあ少しずつは増えていくと思います

記事を増やすことについて

記事を増やすことで可能になるのは

読者への信頼です

あ、この人30記事も書いているんだから
しっかりしてるんじゃないか
となります笑

そして、他の記事も読んで見ようかな
となれば

サイト内を循環してくれるので
記事のpvも増えていきます

それで、記事がつまらなかったら終わりますけどね笑

フォロワー100人以下、記事1つで収益化した話

こんな生意気な僕ですが
Twitterのフォロワー100人ぐらいで、記事1つでもう収益出してました笑

今大体follower400人位ですが
コンサル生とかも取り始めています

多分一般的に見たらありえないと思いますが
これが僕の普通です笑

なんでこんなことが可能なのか

それは、僕が

自分の書きたい記事ではなく
読者さんの知りたい記事を書いたからで

Twitterで1ヶ月以内に収益化する方法まとめ!

この記事は僕がとっきーのアカウントで
はじめて作った記事です

Twitterで収益化したいと思っている人が
多かったので書きました

まじで全て書きました

そしたら1記事書いただけで
めちゃめちゃ感謝されました

ブログで収益出したい

起業したい

副業やりたい

と思っている方に言いたいのは

Pv稼いでも、follower増やしても
別に稼げるわけじゃないよ

という話です

まあ、そんな僕もブログ始めたての頃は
pv、follower増やすために
毎日twitterを睨む日々でした

ブログを立ち上げて、とにかく誰かに見てもらいたかった日々

僕はとりあえずはじめ
ワードプレスを使って、ブログを書き始めました

なに書こうかなあ
とりあえず、自己紹介でも書くかなー

と思い

3時間ぐらいかけて1記事書きました

当時はタイピングもめちゃめちゃ遅く
ブラインドタッチなんて全く出来ませんでした
(今でも完璧には出来ませんが笑)

おおーよっしゃー
1記事できた-!!

こんだけ一生懸命書いたんだから
絶対にみんな見てくれるはずだ!

と思い
Twitterでブログ記事をつぶやいてみました

で結果は
誰も見ないっていう笑

普通に悲しかったです

てか、なんでこんなに一生懸命書いたのに
誰も見てくれないんだよ!

と切れそうになりました

そして
そうか、今の僕のfollowerは
たまたま
人の記事に興味を持たない人たちなんだ

もっとfollowerを増やして行けば
きっとこの僕の努力を褒めてくれる人が出てくる!

そう思いました

そしてひたすらfollowerを増やすべし!
と思いfollower増やしまくりました

相互フォローアカウントを
まずフォローしまくりました

そして

Follower増やしたい人がよくやる
あの定番のツイートもしてました笑

「Follower400人記念!
皆様いつも応援してくださり
ありがとうございます!

僕のこのアカウントを
フォロー&リツイートしてくれた方は
フォロバいたします!!

よろしくおねがいします!」

ってやつ笑

今思うとこれ何のためにやってんねん
って感じですけど

とにかくfollower増やさなきゃ
って思考に陥っていると
やっちゃうんですよね

で、実際にめちゃめちゃfollower増えました

なんか2週間ぐらいで
1000人ぐらい増えてた気がします

で、結果followerが増えて
記事読まれるようになったかというと
いいねが2個ついただけ

しかも、いいねつけてくれた人は
全てのツイートにいいねつけまくる系の人でした

え、
Follower増やしてんのに
なんでこんなに反応薄いん?

って思いました

インプレッションを見てみると
1万超えてるやんけ
みたいな

誰も読んでくれないのが意味不明でした

記事量産こそ正義に変わった日

Followerを増やしても
記事全然読まれないから
次に僕が手を出したのが

記事量産です

もちろん、記事を書きまくるのは
悪いことではないのですが

記事量産が全てってなるのは良くありません

当時まだ5記事くらいしか
書いていなかったので

だから誰も読んでくれないんだ!
と思っていました

で、とりあえず記事書きまくってみました

30記事くらい書いて
よし公開ってやって

ツイートしました

結果は

ちょい読まれるようになった

です笑

Google analyticsで
読者さんの滞在時間を見ました

そしたら
衝撃の数字が浮かんでいました

7秒

え、
7秒?

僕の記事は7秒しか読まれていないの?笑
嘘でしょ笑

てかみんな、読むスピード早いんだなー
1万字くらいある文章も
7秒で読めちゃうのかー笑

って冗談かましながら、
めちゃめちゃ萎えてました

クリックした瞬間に記事閉じられてるやん

うそやん

書く意味無いやん

もうやめようかな
と本気で思いました

諦めかけたその時
自分で自分の記事を読み返してみて

つまんねー、なんだこの記事
てかこれ、誰の役に立つんだろ

と感じました

そう、そもそも記事がつまらないし
役にも立たないから
読者さんが読むわけないんです

当たり前ですよね

でも、その当たり前に気付けたのは
大きかった

それからは
Pv数、follower数なんか気にせずに

誰か一人に役に立つ記事を書こう!

と思い
記事を書くようになりました

最短距離で読まれる記事を作る方法

さて、読者さんのために記事を作ろうと思って
僕がはじめたのは

直接聞く!

です

当時恋愛系のメディア運営をしていた僕は
ひたすらDMで

「何か悩みがあれば解決しますよ!」

ってやっていました

そしたら直接、読者さんの悩みを解決できる
コンテンツが作れるようになりました

本当に一人に向けて作りました

一人に向けて作っているから
その人にDMで直接記事を読ませてあげると

めっちゃ感謝されました
ありがとうと言われました

めっちゃ参考になります!
と言われました

本当に嬉しかったです

Follower量産
記事量産
の頃には決して味わえなかった

感謝されるという体験

これが僕のやる気を更に引き上げてくれました

感謝されるって大事なんですよ

モチベーションって

自分のために記事作ったり
自分のために動画撮っているだけじゃ
絶対に保てないんです

しかし、

あの人のために!
って思うだけで
めちゃめちゃ頑張れます

漫画とかのヒーローも
大切な人を守るために戦ってますよね

あれに近い感覚です笑
命がけの勝負をするわけではないですが

誰かのために生きる

僕自身が人生歩んでいく上で
めちゃめちゃ大事にしていることです

記事量産よりも1人に対して書いた記事がたくさんの人の役に立つという残酷な真実

これは僕がマジでビビったことなんですが
1記事を1人のために丹精込めて作って

一応その記事をツイートしたら

いいね6くらい一瞬で付きました

まじかよ
いままでの30記事何だったんだよ

と思いました

一人に対してコンテンツを作ることが
結果として多くの人の役に立つんだと実感しました

普通に考えれば当たり前なんですけどね笑

インターネット上だと
相手の顔が見えない分
当たり前のことが当たり前で無くなってしまいます

たまにDMで、いきなりビジネスの勧誘とかの
長ったらしいメッセージとurl送ってくる人がいますが

それ、リアルの場でもやるのかよっていう笑

いきなり知らない人に声かけられて

「はじめまして、
今スマホ一台で誰でも簡単に100万円稼げる案件
紹介してるんですがいかがですか?

私達と一緒に、
お金にとらわれない
自由な生活送りませんか??」

とか言われても逃げますよね
僕だったら、ボルトより早く逃げます

ヤバいやつ来たって思いますもん

てか、やってること迷惑メールと一緒ですしね
本当にそういうの見てるとシンドい

誰でも簡単に稼げるものなんてないっすよ笑

しっかり努力すれば、
誰でも簡単に稼げますけどね笑

とにかくネットとリアルを分けないこと
これがネットビジネス、ブログ、twitter、YouTube
などで稼ぐときの鉄則になります

ということで
今回はフォロワー増やしたり、記事増やすことで
ブログ読まれるようになるのか
というお話をしていきました

まずは一人に対して
コレを守っていけば

必然的にブログ読まれるようになります!

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始め

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万を達成しました

100万円以上の自己投資を通して
ビビリで安定志向で何もできなかった自分が
主体的になり、稼ぐ人間となれた経緯を語った物語

「東大生の決断」をメルマガ限定で無料プレゼント

無料で電子書籍をゲットする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です