映画「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」の感想、レビュー

こんにちは、とっきーです
先日、ファイナルファンタジー14光のお父さんという映画を見てきました

めちゃめちゃ面白かったです
後半涙ボロボロ出てきました笑
あんなに泣いたのいつぶりだろうか

感動すると同時に非常にメッセージ性の強い作品だったなあと感じました
僕自身めちゃめちゃ勉強になったので
シェアしていきたいと思います

ファイナルファンタジー14光のお父さん要約

まず、要約からお話していこうと思います

あきおという主人公には、気難しい父親がいた
いつも怖い顔しているし、自分に興味があるのかないのかも分からない

あきおには父親と遊んだ経験がほとんど無かった
唯一、一緒に遊んだのはファイナルファンタジーというゲームだった
父親があきおに買ってあげたものだ

あきおがあまりにも熱中しているので
父親も興味を持って深夜にこっそりゲームをしていたとき
たまたま目覚めてきたあきおにバレてしまった

気まずい空気が少し流れたが
あきおと父親はそれから一緒にファイナルファンタジーを遊んだ

それが唯一あきおとお父さんが遊んだ記憶だった

それからしばらくして、父親は単身赴任をすることになり
家族と離れ離れになり、もともと仕事人間だった父親とあきおは
心を通わせることも無くなってしまった

時は流れ、あきおも社会人になりバリバリ仕事をしているころ
父親が急に仕事をやめて単身赴任先から帰ってくる

驚きを隠せないあきお
なぜ、父親は急に仕事をやめてしまったのか

あきおは、父親の本音を聞き出すため
ファイナルファンタジー14というオンラインゲームに父親を誘い
名前を伏せたまま、父親に近づき
父親とゲームをしながら、本音を聞き出す
「光のお父さん計画」を打ち出す

そして、光のお父さん計画を進めていく中で
父親が普段語らない家族への思い
不器用な父親の可愛らしい姿
そして、なぜ仕事をやめてしまったのか
という様々な父親の内面に迫る

ざっくりというとこんな感じ

そして僕がこの映画から勉強になったのは

  • 匿名性であることの利点
  • ネット上の意思疎通の無限大の可能性
  • ファイナルファンタジーやりたくなる人死ぬほど増えるやろという話

ですね

まず1つ目から

匿名性って悪いことなの?

ネット上の性質の1つとして
匿名でやりとりができることはよくあげられることであると思います

ラインだって、ツイッターだって他のSNSだって
本名以外でやりとりをしている人はかなり多い

そして、匿名であるがゆえに誹謗中傷が簡単にできる世の中になってしまった
匿名であるがゆえに、ネット上のやりとりは無責任なものが多い
といった意見をよく聞きます

しかし、匿名であることって悪いことしかないのでしょうか
僕は「ファイナルファンタジー14光のお父さん」を見て
この映画は、匿名性の利点についてとても強いメッセージ性があると感じました

作中では、お父さんが自分自身が匿名であるからこそ
多くの本音をぶつけています

ある時、娘が彼氏を連れてくるのですが
それに対して、父親は取り乱してしまい
話も聞かずに、追い払ってしまいます

すると、娘は激怒して家出をしてしまいます

「お父さんみたいな仕事人間とは絶対に結婚したくない!!」

と怒鳴られ、意気消沈する父親

普段家族とうまくコミュニケーションが取れない中、
自分の悩みを聞いてくれる人は誰もいませんでした
ファイナルファンタジーの世界を除いては

ファイナルファンタジーの世界では
どこの誰かもわからない人たちだからこそ
本音で自分の悩みを話すことができます

実際に、ゲームの中でアドバイスをもらい
その意見を聞いて
娘の彼氏をしっかりと見てあげることにして
最終的に娘とも仲直りすることができました

これって良いことではないでしょうか

どこの誰だかわからない人
自分と直接的に関わりがない人だからこそ
本音で語り合うことができる

本当に素晴らしいことだと思います

よく、人と人とがやりとりをするときに
本当に大切なのは、相手の内面を見ることだ
と言いますが

内面を見るってことを実現するのに最も良い関係性を
僕は匿名のやりとりだと思っています

リアルの場で会う人とに僕は全ての本音をさらけ出すことはあまりしません
だって怖いです
どうしたってカッコつけたり
自分を良い風に見せようとします

リアルで会う人とはよくも悪くも駆け引きがあるわけです

そして、リアルで関わる人たちっていうのは
自分の見た目や経歴がバレていますから
コミュニケーションを取る際に
変なフィルターがかかってしまいます

どんなに素晴らしい考えや、メッセージを持っていたとしても

こいつ見た目が不潔でダサいからどーせ大したこと言わないだろ
こいつは大して稼いでもいないからつまらないことしか言わないだろ
こいつは学歴低いから俺の話を理解できないだろ

と思われることが多々あります
僕はこれを大問題だと考えています

既得権益の肩書きに守られた人の意見だけが中身のある意見と尊重され
本当に大切なことを伝えているけど、実績のない人の意見は潰される

これがリアルの世界で起きている現実なんですよね

それに対してネットの世界では
匿名であるが故に、人の意見の意見の価値が平等に扱われます

オンラインゲーム上なら
たとえ、どっかの会社の社長だろうが
中学生のガキンチョだろうが
平等に意見を交わしあうことができるわけです

社長「最近仕事がうまくいかなくてさー」

中学生「そんなこともあるよ、人生山あり谷ありじゃん、頑張っていこうぜ」

社長「そうですね、ありがとうございます、元気になりました」

なんていうやりとりも可能なわけです笑
匿名ですからね

相手が社長だったら絶対に言えないことも
匿名なら誰彼構わずやりとりができるわけですね

匿名というのはすなわち
人々を本当の意味で平等にしている
と僕は思っています

真の意味で心と心を通わせあうやりとりができる
これが匿名であることのメリットなのです

僕は2019年の2月から
インターネットを用いたビジネスで起業しているのですが

ネット上で匿名でやりとりができたからこそ
多くの人に価値を提供できて、お金を稼ぐことができました

女子高生の恋愛相談に乗った話

匿名であるが故に、本音で語ることができる
その恩恵を受けている人はマジでたくさんいると思います

ネットビジネスをしている時も
それを目の当たりで実感していました

僕はネットビジネスを始めた当初
何もかもが分からない状態から始まりました

とにかく価値提供をしないといけない
誰かに価値を提供することが結果としてお金につながる
ということを学んだ僕は、誰彼構わず価値提供しまくることにしました

そして、そのうちの1つとしてやったのが
女の子の恋愛相談でした

とっきーのアカウントとは別のアカウントを用意して
そのアカウントで、ひたすら女の子の恋愛相談をしました

女子高生、女子中学生、OL
様々な女の子の悩みを聞いて聞いて聞きました

そしてとある女子中学生Aちゃんに出会いました
Aちゃんは、気になっている男子がいるけど
ほとんど話したこともないし
どうすれば良いのか分からない
ということでした

大学生の僕は、なんて甘酸っぱい恋愛しとるんじゃー
と思いながらも、全力でサポートしてあげました

話を聞くと、どうやら脈がありそうでした

なので

「思い切って、話してみるといいよ。絶対行けるから!」

と背中を押してあげることにしました
そして、彼女はそれを承諾して、また報告します
と言ってきました

数日後、ツイッターのDMを見てみると
何人かからまた恋愛相談の話が来ていました

それぞれ一人一人アドバイスしていると

「ありがとうございます!告白されて付き合うことができました!全部とっきーさんのおかげです」

と言ったメッセージが来ていました
背中を押してあげたあの女子中学生の子でした

素直に嬉しかったです
自分が背中を押してあげて他人の人生が好転した瞬間
自分が誰かに感謝されたあの瞬間

あれは忘れられません
僕自身が起業して、本当に良かったと思える瞬間でした

起業するってことはつまり
自分が誰かに価値を提供できないといけないわけです

雇われながら、作業をするだけじゃお金は生まれない
ちゃんとお客さんに向き合って商品なりセールスなりをかましていかないと
絶対に稼げないのです

まあ、当時はお金の稼ぎ方とか全然考えずに価値提供しまくっていたので
女子中学生の子から金なんてもらってませんが笑

僕のオススメの本とかアフィリエイトしたら
多分売れただろうなとは思います

それもこれも、全部ネットで匿名でやりとりが出来たからこそ
実現できたことなのです

人間の本当の悩みというのは
気軽に周りの人に相談できません

僕だって、失恋した時や、何か重要な決断を下す時に
周りの友達や親に相談なんてできません

しかし、人は自分の悩みを打ち明ける場所が必要です
一人で悩み続けては、精神的な病にかかってしまっても
おかしくないと思います

そんな時に多くの人の心を癒すことができるのが
匿名の空間だと僕は思っています

匿名じゃなければ
僕の元に恋愛相談してくる人はいなかったでしょう

名前や顔がバレたら、恥ずかしい
という思いが先行して
一人で悩み続けて、精神的に参ってしまう人もたくさんいたでしょう

しかし、匿名だからこそ、僕の元に連絡してくれて
悩みを解決してくれた子もたくさんいます

匿名性は、本音のやりとりを可能にし
多くの人の悩みを解決できる可能性を秘めているのです

ものごとには必ず二面性というものがあります
ネットで匿名でやりとりができることが
多くの人に害を与えていることも確かです

しかし、同時に、匿名でやりとりができるからこそ
多くの人を幸せにしているという事実を忘れてはいけません

物事には常に裏表があり
一概に否定ばかりしていても仕方がないということです

テキストだけでは無い意思疎通の可能性

さて、匿名性に続いて、
ファイナルファンタジー14光のお父さんでは
ネットの意思疎通の可能性についてのメッセージ性もありました

一般的に言われる
ネットでの匿名のやりとりというと
テキストだったり、音声だったりします

顔出ししちゃ身バレしちゃいますからね

声か文
これがネット上の匿名のやりとりの限界だったわけです

しかし、作中のオンラインゲーム上では
自分が作ったキャラクターを操って操作するのですが
そのキャラクターは体の動きだったり表情を操作することで
自分の感情を表現することができるのです

嬉しい時は飛び跳ねたり
悲しい時は頭を垂れたり
調子に乗っている時は変なポーズしたりできるわけです

つまり
ネット上での匿名のやりとりが
テキスト、音声といった言葉に限らず
表情や体の動きといったものでも表現できるようになったということです

これはマジですごいことで
人間のコミュニケーションの可能性を広げまくっています

人間の意思疎通は
言語と非言語によって構成されています

そして、時と場合においては
言葉よりもはるかに態度の方が相手にメッセージを伝えることがあります

例えば
「ありがとう」
と伝える時も、

冷たい表情で伝えたら、全く「ありがとう」という気持ちは伝わりません
むしろ、冷たい態度の方が相手に伝わります

それくらい、非言語のコミュニケーションが与える影響は大きいということです

しかし、作中でも示されているように
表情や体の動きまで匿名のメッセージのやりとりで出来るとなると
ネットの匿名だけで、人間のコミュニケーションが完結するということになります

すげーですこれはマジで

匿名での人間のやりとりがこうやって完成していけば
より深い関係を匿名で作ることができて
より多くの人が、匿名のやりとりの中で悩みを解決したり
楽しみを見つけていくことが可能になると思います

そのうち、ネット上で結婚とか
結婚式とか行われるのでは無いか
と僕は思っています

実際にネット上で結婚式が行われた時に
確かに様々な問題点も指摘されるでしょう

偉そうなコメンテイターがお昼のニュース番組で
問題点ばかり指摘するでしょう

しかし、先ほども言いましたが
物事には二面性があります
ネット上での結婚式に問題があると同時に
ネット上では真の意味で心の意思疎通ができるというメリットもあります

常に二面性を考えながら
何か新しい事象が現れた時に
問題を指摘するだけじゃなくて
その問題を解決するという思考に至ることができれば
より良い社会になると思います

心を動かす壮大なCMだった件

ここからはまた別の話になります
この映画が2時間の壮大なCMである
ということについてです

CMってありますよね
テレビとかに流れてくる商品紹介のアレです

実はこの「ファイナルファンタジー14光のお父さん」
は壮大なCMになっているのです

CMってのは要するに商品紹介をして
見た人に「この商品ほしい!」
って思わせるために作ります

この映画を見た後
めちゃくちゃ「ファイナルファンタジー14」やりたくなりました

そして、多くの人が「ファイナルファンタジー14」やりたい
って感じたと思います

つまり、この映画自体が壮大なCMとなっているわけですね

そして、この壮大なCMを分析していく中で
人が商品を欲しいと感じる為の原則というものが見えてきます

それは、商品を買った後に心が満たされるのか
ということです

つまり
心が満たされていない状況で
商品を購入することにより
心が満たされる状況になるのか

が重要ということです

ファイナルファンタジー14光のお父さんでは
この商品を通して
多くの人の心が救われるようなストーリー構成で作られています

あきおもお父さんも家族みんなが
ファイナルファンタジーによって
心が満たせれない状態から
心が満たされる状態になっていますよね

だから、僕らは「ファイナルファンタジー14」をやりたくなるわけです

世の中のCMを見ていると
芸能人使って目を引いているだけやん
ってのとか

商品の機能ばかり語っていて
全然心が動かんわ
ってのが多いです

昔は、人々の目に入るメディアというのが
TVしかないから
しょーもないCM作っても商品は売れたわけですね

しかし、これからの時代
僕ら個人がメディアを持てる時代ですから
例え資本力があっても、クソみたいなCMうっていたら
淘汰されていきますね
いいことです

これってめっちゃいいことで
資本力のある大手に対して
僕ら個人事業主が戦うフィールドが用意されている
ということ

頭さえ鍛えてしまえば
例え資本力がなくても
大手に勝ちまくることができるということですね

ちょっと話が逸れました笑

とにかく
「ファイナルファンタジー14光のお父さん」
を通じて

人が商品を欲しくなる広告の作り方まで学べる
ということです

最後に

色々語りましたが
1つの映画を見た時に
こんな風に複数の視点から見ることができると
めちゃめちゃ楽しいです

ただ映画を見るだけでなく
さらにその一歩奥を見ることができるというか

これも全部僕が学びに学び尽くしてきた結果なんですけどね笑
脳みそ鍛えまくるとマジで人生変わります

僕のブログ見まくったり、メルマガ読んでくれたら
かなり脳みそ鍛えられると思います

ガンガン脳みそ鍛えていきましょう

そして
「ファイナルファンタジー14光のお父さん」
めっちゃめちゃ面白いので、是非見にいきましょう!

以上です!

とっきーって何者??

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万の自動化を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です