ファンマーケティングを低コストで行う手法

ファンマーケティングとは

自社商品やサービスに対して
よりコアなファンを作って

その人たちに継続的に商品やサービスを買ってもらおうと考える
マーケティング手法の一つですが

ファンマーケティングの1番の問題点は

ファンの維持にかなりのコストがかかるということではないでしょうか?

コミュニティを創造したり
運営したり
イベントを企画して

ファンをつけていくのは
コストがかかりすぎます

しかし、僕の提案するファンマーケティングは

実はそこまで大掛かりなものを仕掛けなくても

低コスト
作ることができます

ファンマーケティングを低コストでやりたいなら価値あるコンテンツを保存せよ

AKB48はファンマーケティングのお手本みたいなものですが

AKBがあそこまでの勢いをもたらしたのは一体何だったでしょうか?

それは明らかに

youtubeなどの動画発信媒体において
AKBの動画がばらまかれたことでした

もちろん、違法で

しかしそこで

AKBというやつがいるらしい

可愛い

曲もいい!

と一気に認知度を広げることができました

つまり、一度価値のあるコンテンツを作ってしまえば
それを発信媒体においてアップロードすれば
半永久的にファンを集め続けてくれるし

ファンをさらなる熱狂的なファンにしてくれるのです

これはアイドル業界に限らず
どんなビジネスにおいても言えることです

化粧品を売るにしても
一度化粧品を買ってくれた人に

価値あるコンテンツを届け続けることができれば
永遠とその化粧品を使ってくれるようになります

価値あるコンテンツを作ってファンを創造しよう

ファンマーケティングに
イベントの開催は必ずしも必須ではありません

価値あるコンテンツを作って

・発信媒体に投げて
発信媒体(サイトやユーチューブ、SNS)を育てる

・リスト(メールアドレス、ライン@)を収集して
push型で価値あるコンテンツを送り続ける

これをし続ければ
十分にファンは創造できます

そのなかで最も大切なのは
お客さんにとっての価値とは何か?
というお話です

例えば、化粧品を買ってくれた人にとって
何が価値となるでしょうか?

新しい化粧品を紹介することでしょうか?

ずっとセールスばかりしていては
絶対に顧客は離れていきます

価値とは何か?
価値を創造するには何が必要なのか?

そこらへんを徹底的に極めることで
コンテンツを用いた低コストファンマーケティングは
莫大な利益を得ることができます

ファンマーケティングとほぼ同義で使われる
リレーションリップマーケティングについても
以下の記事で語っているので

もしよければ参照してみてください

リレーションシップマーケティングを理解していない会社が潰れる理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です