eスポーツはくだらないと思っていたけれど、

eスポーツはくだらない

eスポーツはくだらない

あんなのスポーツじゃない

おかしい

そんな風に思う方もいるかもしれません

確かにその意見もわかります

だって、どう見てもスポーツじゃなくて
ゲームですからね笑

初めて、eスポーツというものを見たときに
なぜ、これがスポーツなのだろうか?

と僕は疑問に思いました

当時、クラッシュロワイヤルというスマホゲームの大会を見ていました
まあ、でも所詮ゲームだしなーとも思っていました

そもそもスポーツの定義とはなんでしょうか?

以下wikipedeaより

スポーツとは、一定のルールに則って勝敗を競ったり、楽しみを求めたりする身体運動のことである。ただし身体運動が主ではない場合でも、マインドスポーツやモータースポーツなどのように、少しでも身体運動を伴った競技性のある活動をある種の”スポーツ”として認めるように主張されることもある

つまり、別にサッカーや野球などのようなものだけが
全てスポーツというわけじゃありませんから

ゲームの大会をスポーツと定義づけるのは
まあ、ありっちゃありなのかなと思います

それでもeスポーツはくだらない

しかし、スポーツの定義自体が問題というよりかは
問題なのは

ゲームの大会がまるで
野球やサッカーと同じような立ち位置で
扱われることにあるのかと思います

野球やサッカーなどの

いわゆるスポーツというものをやってきた身からすると
ゲーマーというとどうしても貧弱なイメージがありますし

一緒にされたくないという意識もあることでしょう

僕も、
バスケやラクロスやら自転車競技やら色々とやっていましたから
ゲームと一緒にされる感じにちょっと違和感がありました

こんなゲームの大会なんてくだらない

とぶっちゃけ思う時もありました

しかし、それと同時になぜか
eスポーツの大会を見ている自分もいました

面白いのは事実なんですよね

NBAを見るのと同じくらい
eスポーツに熱中してる自分がいて

eスポーツを認めざるを得ないと言いますか
価値があるということは
身に染みて実感していました

人が感謝することこそ、価値のあること

そもそも、サッカーや野球が価値のあるものとして
みなさんの中に刻み込まれているのは

それを見て、楽しい人がいたり
それを見て、感謝する人がいるからですよね

多くの人の為になっているから
世の中的には価値のあるものとして認められるのです

世の中には逆に
全然流行っていないスポーツというのもあります

例えば、武井壮さんのやっていた十種競技とかは
もちろん、見ていて面白いのですが
サッカーとか野球に比べたら、全然盛り上がっていなくて

あんまり稼ぎもないらしいです

武井壮さんは日本の十種競技の王者ですが
次のように語っていました

「世の中に与える価値は、人が求める数だ

ということに気づいた

だから、自分の為にスポーツをやるのではなくて
誰かの為にという気持ちを持ってスポーツをやるようになった」

「人の価値や商品の価値はそのクオリティではない

それを見て喜んでくれる人の数だということに気づいた」

以下の動画で語っているのでぜひご覧になってください

つまり僕が言いたいのは

サッカーだろうが、野球だろうが

eスポーツだろうが

多くの人がそれを求めていて
楽しんでいるならそこには価値がある!

ということなんですよね

だからeスポーツを楽しんでいる人がいるなら
くだらないなんてことはあり得ないと思ったのです

というかむしろ
eスポーツって究極のバリアフリーじゃんと思いました

eスポーツは究極のバリアフリー

サッカーや野球といった
いわゆるスポーツというのは
確かに、面白いし

王道感がすごいですが

だからと言って
完璧なスポーツだとは思いません

身体的特徴や、元々の能力の差によって
努力しても到達できない領域があるし

僕自身はバスケットボールをやっていましたが

僕より下手なのに
背が高いだけでレギュラーを取っているチームメイトを見て

バスケくそだなと何度も思いましたよ

それに比べて
eスポーツはどうでしょう?

誰でも気軽に楽しめるという点において
非常に平等ではないでしょうか?

身長差や体格によって
勝敗が初めから決まることなんてないですし

ゲームの種類もたくさんありますから
自分の得意なゲームで挑戦していくこともできる

障害者の人も
健常者とフェアな状況で勝負することができる

こんなに素晴らしいものはありませんよ

ゲームだからという偏見を取り払って
フェアな目線でeスポーツを見てみると

eスポーツがくだらない
という考えは消し飛びました

eスポーツが始まったことにより
肉体的な能力が低い人やハンデを負った人でも
スポーツで活躍できる場ができたことに

僕は心から喜びを感じています

ゲームがバカにされるのはなぜか?

そもそも、なぜゲームというだけで
バカにされるのでしょうか?

サッカーや野球のようなスポーツも
戦略を立てるという意味では
ゲームとなんら変わりませんし

戦略を立ててから
自分の体でやるのか
ゲームの中のキャラクターでやるのか

という違いでしかありません

実はゲームがバカにされるのはもう
イメージのせいでしかありません

そして、そのイメージは
ゲームをやっている人に

オタクが多かったらでしょう

身体的に劣った人たちが
ゲームというものに熱中しているのを見て

ゲームなんてくだらねえなー

と感じた昔の人たちの空気が
そのまま残っているだけでしょう

今となっては
健常者だろうが
スポーツ選手ですらゲームが大好きな人もたくさんいます

ダルビッシュさんとか羽生くんとか

大阪なおみさん

ゲーム大好きらしいっすよ笑

そんな状況の中で
ゲームはオタクがやるものだ

という空気を残しているのは無駄です

というか若い世代になればなるほど
もはや、そんな空気ありません笑

よりフェアな目で
eスポーツを見て、応援していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です