エリートは酒を飲まないってまじ?

エリートは酒を飲まないのか?

エリートは酒を飲まないのか?

という疑問に今回はお答えしていこうかなと思います

僕自身、東大生ですので
世間一般で言われる
エリートの人たちについては詳しいかと

さて、エリートの人たちは酒を飲まないのでしょうか?

あくまで僕が出会ってきたエリートの人たちに限った話ですが
参考になれば幸いです

マジのエリートは酒を飲まない

エリートの中にも
段階がありますが

マジのエリートは酒を飲みません

もちろん、会食や接待などで
お酒を飲んで人脈を構築する場合

お酒を飲むことがありますが

それも嗜む程度

毎晩お酒を飲んで
意識を混濁させたり
お酒に溺れるみたいなことは絶対にしないと思います

僕はめっちゃ金持ちの起業家さんとかと会ったりもするのですが
意外と飲まない人多いなーと

嗜好品として楽しみ人もいますが
それも飲む量自体は大したことありません

本当嗜む程度ですかね

どこに人生の価値を置くかの話

ではなぜ、エリートや金持ちの人たちが意外と酒を飲まないのか

それはもう
人生の価値基準のお話だと思います

僕ら一般人がお酒を飲むのって
ある意味

仕事やら辛い生活から逃れるため
現実から離れて楽しむため

である面が少なからずあるのですが

エリートの人たちは
自分の仕事や自分の人生に対して
充実感とか責任感があるから

お酒をガブ飲みにして
現実から逃れるなんてことをしないのだと思います

現実から逃れて
お酒に溺れることが
本人たちにとって、なんのプラスにもならない

慣しとして
パーティーでお酒を飲んだりすることもありますが
それの目的も

お酒飲みたいのではなくて
その場にいる人たちと打ち解けるため

コミュニケーションのツールとして
お酒を使っているだけで
お酒ガブ飲みはしません

お酒がシンプルに好きな人も
お酒本来の味を味わうのが好きなだけで
ガブ飲みはしません

時には酔うことも大事

とは言いつつ
僕はお酒を飲みます

特になんか忘れたいときは

ガブ飲みをします

挫折や苦しいこと、悲しいことがあった時に
お酒に頼るのは、アリかと

エリートって挫折をしていない場合が多いから
お酒に頼る機会に巡り合わなくて

お酒飲まないという場合もあって

苦しいこと、挫折を経験したら
意外とお酒にハマったりもします

結局人は弱いですからね

大事なのはお酒でポジティブになること

大事なのは

お酒に溺れるのではなくて
お酒をうまく使って

気持ちをコントロールして
ポジティブに生きること
だと思っています

人間、辛いことがあって
我慢できないことがある時はあります

どうしようもない現実が目の前に広がった時に
お酒に頼って

一時的に現実から逃れるのも必要です

ただ、そこからまた頑張るのが大事です

・日々頑張る

・辛いことがある、萎える

・お酒に頼る、メンタル回復

・また頑張る

これならおっけい

・辛いことがある、萎える

・お酒に頼る、メンタル回復

・お酒うまいから、また飲みにいく、ハマる

・毎日のようにお酒を飲んで現実から逃げる

これはあかんですね

お酒の使い方、楽しみ方は人それぞれにしろ
嗜む程度に抑えておくのが

エリートの習慣から見ても
学べることなのかなあと思いますよ

ちなみに、お酒の依存症を治したいという人に向けて
依存症を治すための考え方をご紹介しておきます

依存症を治すために絶対に必要な考え方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です