奴隷の作り方。奴隷制度は今も続いている。

こんにちは、とっきーです

「奴隷制度」

聞いただけでネガティブなイメージがありますよね

人間を人間として扱わずに
動物のように扱って
絶対にやってはいけないこと

というイメージがあります

そして、このようなイメージもあるのではないでしょうか

奴隷制度とは過去の出来事である

しかし、ここに大きな勘違いがありまして
奴隷制度とは今も続いているし

奴隷制度は僕らの身近なところに潜んでいるのです

恐ろしいかもしれませんが
事実であり

奴隷制度は形を変えて
僕らの生活に入り込んでいるのです

奴隷制度とは何か??

奴隷制度ってそもそもなんやねんって話ですが

一般的なイメージですと

ムチでひっぱたいたり
牢屋にぶち込んだりして
人間を家畜のようにコントロールして

強制労働させる

といったところでしょうか

映画や漫画のイメージだとそんなところでしょうが

僕もそのイメージを持っています

「暴力を振るって
人間を無理やり労働させる」

これが奴隷です

しかし、ここで1つ発想を変えてみましょう

暴力以外に、人間を無理やり労働させる方法はないか

人間はどんな時に労働するのか

そもそも、労働というのは

好き好んでやるものじゃありません

もちろん、中には、労働が生きがいという人もいますし
これから、労働と遊びの境目がなくなっていくとも言われていますが

今現在世界中を見渡してみると

心から好き好んで労働をする人は非常に少ないです

では、そんな中

人はなぜ労働をするのでしょうか??

金のためですか?

実はここに罠があって

僕らは、お金を得るために
労働しなくてはならないと
洗脳されているのです

実はこれが現代の奴隷の作り方であり
僕らが気づかなければいけないことなのです

お金を稼ぐためには労働しなければいけないと
洗脳することで
労働させています

そして税金という形でお金を徴収したり、

銀行にお金を預けさせて、それを国が使っていたり

労働分の正当な対価を払わずに搾取しまくっています

僕らが働いた金を使って、裕福に暮らしているやつがいます
そして、それこそが奴隷制度なのですよ

雇われている時点で
程度の差はあるにせよ
奴隷制に近いことが行われているのです

いいですか

お金を稼ぐ方法は2つあります

1つは

労働する

そしてもう1つは

労働させる

そう、僕らは労働する以外に
労働させることでお金を稼ぐことが出来るのです

しかし、僕らはその知識を一切教わってきませんでしたね

学校でも、家族からも教わりませんでした

もちろん

人を雇うなんて危険だ
危ない
雇われている方が安全だという意見もあるでしょう

確かに、人を雇うのは危険だし
金もかかるし
かなりリスキーであるとは思います

しかし、じゃあ

人以外を雇うことはできないのか

どうでしょう?

人以外を雇う

意味がわからないかもしれませんが
これは実際に行われていることでして

例えば僕は
人以外を雇うことによって
お金を稼いでいるのです

インターネット上のツールを雇う(借りる)

僕がいかにしてインターネット上で収益を上げているか
というと

簡単にいうと以下の流れになります

  • インターネットを用いてお客さんを集める
  • インターネットを用いてお客さんに商品を紹介する
  • インターネットを用いてお客さんに商品をうる

といった方法です

例えば

この記事

この記事は一回作ってしまえば
永遠と目に触れ続ける人々に価値を与え続けます

僕の認知を広げてくれるのです

これによって営業マンが僕のことを広めなくても
勝手に僕の認知が広がるわけです

もちろん

認知だけでなく、商品販売までの流れをテキストなり動画なりで作ってしまえば

勝手に商品が売れていきます

インターネットを使えば
人を雇わなくても

ビジネスを作ることができるのです

ネットビジネスをやれば自由になれる

インターネットを用いて
ビジネスを組むことができるようになれば

マジで自由になります

それは先ほども言った通り

労働して儲けるのではなく、労働させて儲けるからです

そして、
今、僕らには

労働させるのに人を雇わなくてもできる状態になっています

人を雇わなくても
インターネットを用いることで
インターネットが勝手に働いてくれて儲けることができるのです

僕はこの仕組みが存在する時代に生まれることができて
マジで人生最高だと感じています

ラッキーだなーと

だって、誰にでも
自由になるチャンスがあるわけですよ

ちょっと前までは
労働させてお金を儲けるためには
人件費や家賃を払う必要があって

初期投資が鬼のようにかかったわけです

でも今は

ブログの維持費なんて年間1万です

これだけで

一人でビジネスを組むことができて
お金を儲けることができる

強すぎませんかね

僕は人類がネットビジネスで起業して儲けるようになればいいのになーと
本気で考えています

個人で稼いで、時間的にも自由になるための
プラットフォーム(インターネット)があって

実際にそれで自由になっている人がいる

僕は実際に自由になっている人がいたので
真似しただけです

真似するだけで
お金からも時間からも自由になることが出来る

だったら
もうやったもん勝ちですよ

もちろん、初めは

なんじゃそりゃって思うかもしれませんが

学んで見れば
ぶっちゃけ大したことありません

資格試験一個取ってやるかー
くらいの勢いで初めてくれれば
普通にうまくいくと思います

それくらいの知識量でいけますから

僕の場合

4ヶ月くらいやって
だいたい月30万くらい稼げるようになりました

これって、ユーキャンで資格とってやるかー
みたいな感じですよね笑

でも、失敗している人ばかりじゃん

とは言いつつ、インターネットビジネスは失敗している人がたくさんいる

という現状があります

それはなぜでしょうか?

僕が見てきて思うのは

途中でやめてしまう

これだけです

途中で辞めてしまうから、結果として
インターネットビジネスで稼げるようにはならないのです

インターネットビジネスを舐めすぎているのですよね

世の中の多くの情報商材とかで

ワンクリックで100万円とか

FXで何もしなくても自動収入とか

そんな文句に引き寄せられて
努力しなくて良いと考えるから

稼げるようになれないのです

あえて言いますが
努力せずに稼げるようにはなりません

けど、その努力が尋常なものではありません

資格とるかーくらいの勢いで始めてもらって構いません

要は、ある程度の覚悟を持って
「よし、やるぞ」

くらいの気合は欲しいということです

あとは、やるだけ、

コツコツと積み重ねるだけです

僕がネットビジネスを初めて思うのは

ネットビジネスはチャレンジではなくて
めっちゃお堅い仕事だなーということです

再現性が鬼高いので
コツコツ積み重ねるだけなんですよね

最近、せっかく起業しているのに
もう上手くいく形が見えすぎていて
あー、なんだかもっとリスキーなことしたいなー

と感じていますw

まあ、今後は中小企業などのコンサルにチャレンジしてこいと

師匠にも言われているので
やっていこうかなーってところです

怖いっすけどねw

でも、やることは同じなんで
ひたすらに自分の価値を高めていきますよ

それでは今回はこんなところで

せっかく奴隷制度から解放される道があるのだから

ビビらず挑戦しましょう

やりゃ、いけますから

一応初心者向けのツール載せときますね
これがネットビジネスでかかるお金の全てです

ネットビジネス初心者向けツール集

リスクっちゃリスクかなw

とっきーって何者??

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万の自動化を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です