読書をする意味って何?毎日読書をする東大生が考える読書の価値とは?

読書??

なんの意味があるんや??

そんな疑問を持っていた

僕は読書というものに
全くもって関心がなかった

漫画やアニメは大好きだったけど
読書はしていなかった

毎日、ドラゴンボールを見て
スーパーサイヤ人の真似をしていた

ナルトの真似をして
毎日螺旋丸や千鳥を手でコネコネしながら作っていた

しかし、今では
読書をしない日はない

一日2冊読んでしまう日もある

なんでそんなに本読むねん??

って思うかもしれないが
読書は間違いなく、人生を超絶豊かにするし
読書は人生に生きるのだ

読書が意味がないと思うのは
読書自体に意味がないのではなくて

読んだ知識を活かしていないだけだ

知識を生かさないのであれば、読書の意味がなくなってしまう

読書をして、その知識を基に
行動するから
人生は豊かになるのである

行動しなきゃ意味がないというのは最もである

しかし、それが
読書に意味がないという結論に至るのはおかしい

正しい知識を得る×行動する、努力する

このかけ算をすることで
人生はありえない速度で好転していく

行動する際に
自分の経験に頼ってはいけない

愚者は経験に頼り、賢者は歴史に頼る

という言葉がある

そう、読書とは
先日が積み重ねてきた歴史
その歴史から導き出された確かな理論

僕らが人生100年生きたところで
到底導き出すことができないであろう答えが
そこには広がっているのである

読書して得た知識でモテるようになった

僕が読書の知識を得て
人生に生きるようになった良い例が

モテるようになった

ということだ

当時女の子に振られて
人生絶賛絶望中だった僕だが

捨て身の思いで本屋に行き、恋愛の本を読んだりした

当時はモテるために本を読むなんて
ダサい奴がやることだと思っていた

マジのモテない奴やなーと悲しかった

でも、実際に恋愛の本を読んだり
本に限らず、ブログや動画を漁って

勉強したら
モテるようになった

これまじ笑

女の子の気持ちとか
扱い方とか

イケメンのモテモテ野郎は
経験から学ぶのかもしれないけど

学生時代、ほぼ男子校みたいなところで生きていた僕は

そんな経験から学ぶこともなく
何も知識がないまま恋愛というものに挑むことになった

そして、謎理論をふっかけて
全然モテなかった

無駄にカッコつけているのに
デートになると全く自信なくて

どこに行きたいか
全部女の子に聞いてしまうという

典型的なダメ男だったw

でも知らなかったんだもん
仕方ないじゃん

人間は知らないことは出来ないし

知らなかったから
失敗することを恥じる必要はない

自分がダメな人間だと
ネガティブになる必要もない

知識を授けられる機会は平等じゃないし
その理解度も人それぞれだ

イケメンで女の子が多い環境の方が
女の子と接する時間は長いし

そりゃ学ぶことも多いだろう
そこに差は存在するし
運の部分も大きい

しかし、絶対にやってはいけないこともある

それは

知らなかったことを知ろうとしないことだ

知らなかったことは悪くない

しかし、知ろうとしないことは悪いことだ

だって、そこは平等なわけじゃん

知識なんて、さっきも言った通り
読書すればいいわけだし

ネットでブログ読めばいいわけだし

いくらでもやりようはあるじゃん

だから、知識を得よう

本を読もう

そして、実際に行動に移してみよう

超芋男でもめっちゃ惚れられる男になれるで笑

何のために本を読んでいるのか明確にしよう

僕も、読書をしてきて思うのだが
読書は大切だけど
読書をする前にするべきことがある

それは、

人生の目標を決めることだ

人生の目標がないと
その本によって得られた知識が生きるはずもない

もし、人生の目標がないのだとすれば
何を読んでも何も意味はないだろう

モテたいと思って
彼女を作るという目標を掲げたからこそ
そのために本を読んで知識を得て

成長するのだし

事業で成功したいと思うからこそ
マネジメント、リーダーシップの本を読んで
自分の事業に生かそうとする

目標がないのであれば

見つけよう

目標が見つかると
本を読むこと以外からも
あらゆる出来事に意味が出てくる

ドラマを見たときに
かっこいい男の振る舞いが頭に残って

「こう言った振る舞いするとモテるのかなー?」

と考えるようになる

その振る舞いが正しいかどうかは置いておいて笑

目標を持つことによって
積極的に情報を取りに行くようになる
のだ

今のままじゃダメだと思うから
改善するために

日常のあらゆる出来事から学ぼうとするし
それでも足りないと思うから
本屋に情報を取りに行くのである

本を読みたいから
本を読むわけではない

本を読みたいから本を読むのは
漫画読みたいから漫画読むのと同じ

アニメを見たいからアニメを見るのと同じ

ただの娯楽でしかない

それでは、読書が意味のないものと
感じられても仕方ない

もし、本気で読書しようと感じるのであれば
読書しようとしてはいけない

自分の目標達成にたいして
自分がやるべきことを全てやる意識を持つこと

そうすれば
自ずと、読書するだろう

だって、本には
目標達成に近づくための叡智が詰まっているのだから

人生の目標がないんですがどうすればいいですか?

では、人生の目標がないという人はどうすれば良いのだろうか?

確かに、人生の目標を定めなさい
とはよく言われるものの

人生をかけて何かを成し遂げたい!
と強く思うようなものが

誰しもあるわけじゃない

というよりか

僕もない笑

少なくとも、初めからあったわけじゃない

これもよく勘違いされることだ

成功者が初めから素晴らしい理念をもとに
でかい夢を持っていた

というのは嘘だ

知識がなければ
でかい夢もクソもない

思い描けないもの

僕もそうだった

今は、教育とか働き方とか
そこらへんの固定観念を変えて
世の中の人たちが主体的に生きれるような

そんな発信をしていきたいと心から考えているけれども

じゃあ、それが
はじめからあったのか
と言われたらそんなもんあるわけない

そもそも、社会にどんな問題があるのか?
何をすれば自分は価値があると認められるのか?

それすらわからない

赤ちゃんと同じ状態なのだから

どんだけ時間が経って
体が大きくなっても

知識を得ていなければ
脳みそは赤ちゃんのままだ

だから、初めは小さなことでもいいからも目標を持ってみよう

みじかな誰かを助ける意識を持つといい

僕の場合を例に挙げると

僕の家系は糖尿病だらけだった

そして、

「お前も気をつけろよ
大変だから」

と親父にも言われ続けてきた

だからこそ、そんな家族や親戚を助けるために
糖尿病に関する本を読んだ

本当に軽い食事法みたいな本だ

1時間もあれば読めるようなやつ

でも、それきっかけで
他にも栄養学の本を読んでいった

一冊の知識じゃ、明らかに足りないもの

論理的に不自然なところもあったし
本当かよこれ!

と思う記述もあって

だから、他の本を読んで
信頼度とか確かめる必要があった

そんな風に調べていたら
世の中の食品業界の闇にも気づくようになった

医療業界や薬品業界が金儲けをするために
予防医学が広まりづらくなっていること
も知った

そしたら、そんな現状をなんとかしたいと思った

糖尿病だけじゃない

あまり詳しく書くと
殺されるかもしれないが

ガンやその他の病気

医療に限らず、税金や銀行の悪事

あらゆる問題が見えてきた

そしたら
自分の目標ややるべきことは
いくらでも出てくるようになった

初めは
親類の食生活を改善したいなー

そんな小さなきっかけから

あらゆる知識が入ってきて
そこから色々な目標が生まれていった

今の世の中、完璧じゃないのよね

なんとかしなきゃいけないことばかりなのよ
そして、ネットがあるからもそ
僕ら一人でもやれることはいくらでもある

正しい、栄養学の知識や
銀行やお金の知識を広めることだって

誰だってできる

誰だって、人を助けることができるのよ

だから、その気持ちを持って欲しい

僕なんて初め
JKとかJCの恋愛相談をツイッターでやっていたからね笑

そんな小さなことでもいいのよ

自分が人の役に立つことは何かな?

と考えることから
世界は広がっていくし
生きがいも見つかるのではないかな?

活字アレルギーなんですが、それでも本を読まなくてはいけないですか?

活字アレルギーなんてものは
存在しないと思うけど

活字が苦手という人はいるだろう

そんな人は、別に活字に触れろと言いたいわけじゃない

僕はさっきから言っている通り

自分の人生に何かしらの目標が定まったのであれば
その目標を達成するために

知識を得ろ!

と言っているのである

知識とは言葉による情報だから
読書もその1つだけれど

読書に限った話ではない

音声だって
立派な知識だ

音声で学ぼうと
本で学ぼうと
別に知識は知識だ

もし、活字が苦手というのであれば
僕が自分の知識をYouTubeチャンネルで話しまくっているので
ぜひ、チャンネル登録して欲しい

ジャンルは

健康法

勉強法

ビジネス

などなど、あなたの人生に生きることだらけだと思う

とっきーのYoutubeチャンネル

そして、活字が苦手というあなたに向けて

本なんて見るのも嫌だという方でも
無理なく読書を続けられる方法について

記事を書いているので

そちらもぜひ見てね

読書が苦手な方でも無理なく読書を続けられる方法3選!

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始めました

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し

月収30万ほどの利益を得ています

そして起業初年度で月収100万を目指しています

東大生でエリートサラリーマンコース行けたのですが
あえて、ネット起業という一見いばらの道を歩むことにしました

しかも、その決断を就活中にするという暴挙

頭おかしいと、友達からも親類からもバッシング受けまくりでした

しかし、その選択には僕なりの考えがあり
ぶっちゃけこっちの道しかありえないと思ったからそんな暴挙に出たのです

なぜ僕がそんな暴挙に出たのか??
詳しくは以下の記事で語っています

不労所得で月収100万を目指す僕とっきーの行動理念

そして、今、期間限定で電子書籍を無料プレゼントさせていただいております

「東大生の決断」

・なぜ、エリートサラリーマンコースに行けたのに
あえて、ネット起業とかいう一見いばらの道を歩んでいるのか??

・なんでPCもまともに使えない状態から3ヶ月もしないうちに稼げるようになり、月30万を達成できたのか??

・ネットビジネス後発組の方が有利だと感じるその理由とは??

電子書籍「東大生の決断」を無料で読む!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です