凡人でも東大に合格することはできるのか?

凡人でも東大に合格することはできるのか?

最難関大学と称される東大ですが

実際に合格するためには結局才能が必要なのでしょうか?

今回は凡人でも東大に入ることができるのか?

というテーマで
実際に東大に通っている僕が

リアルなお話をしていこうと思います

結論から言いますと

凡人でも東大に合格することは可能です!

凡人でも東大に受かるという理由

そんなこと言ったって
信じられる方も少ないでしょう

しかし、実際に東大に通ってみると

こいつ馬鹿じゃね??笑

みたいな人が普通に合格していることは意外とあります

というのも
受験というのは純粋なゲームです

ゲームというのは
正攻法と以外にも
攻略するルートがあるのですよね

例えば、どの教科で点をとっていくのが
最も効率が良いのか?

とか

どういった時間配分で問題を解くのが良いのか?

などなど

裏技が大量にあるのです

そして、この僕も

かなり裏技的なものを使って
東大に合格しました

純粋な頭の良さでは
全く東大レベルではなかったのですが
(事実、模試ではE判定続きでしたし)

東大に受かってしまったのですよね

裏技を使って東大に入ったときの話

永遠のE判定だった僕は
東大はダメ押しで受けました

対策はもちろんしていましたけど
本命は早稲田、慶應で

東大は受かったらラッキすぎるぜ!

という状態だったのですが

裏技という名の戦略を立てて
受験に挑んだ結果

思ったよりもたくさんの点数を取ることができてしまいました

東大の入試は二日に分けて行われるのですが

初日、以外にも自分がめちゃくちゃ苦手だった数学で
好感触だった僕は

その調子で、裏技という名の戦略を立てて
二日目の科目に挑み

またまた、いい感じに問題を解いてしまいました

周りも見ていると

「めっちゃむずかったー」

「やばい落ちたわ」

みたいな話ばかりしていましたが
僕は

「これ意外と受かってんじゃね??」

と期待を抱きました

自分の中での自己採点的には
余裕で合格点を超えていたからです

それまでの模試では
全く合格圏内なんて擦りもしませんでしたが
本番はうまくいってしまいました

そして、合格発表当日
インターネットから確認してみると

自分の受験番号が貼られていました

「受かっとるやないか..」

E判定から東大に受かることができました

まとめ

凡人だろうがなんだろうが

受験はゲームですので
戦略を立てて挑めば
意外と簡単に攻略できてしまいます

裏技的な手法を思いつくのが
頭の良さだよねー

って思うかもしれませんでが
裏技とか
戦略とかって自分で思いつくものではありません

あくまでも調べることでいくらでも出てきます

僕も自分で考えた戦略なんて
ほとんどありません

結局、知っているか知っていないかで

受験の勝ち負けは決まってしまうもっと言えば、人生の勝ち負けも
知識があるかどうかで全て決まってしまうものです

自分が凡人だとか
自分に才能がないとか

そんなこと気にせずに
知識蓄えていきましょう

世の中の99.9%は凡人です

しかし世の中には20%の成功者がいます

凡人が成功しているということですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です