なぜ貧乏人ほど見栄を張るのか?

なぜ貧乏人ほど見栄を張るのか?

貧乏人ほど見栄を張る

という言葉がありますが
なぜ、貧乏人ほど見栄を張るのでしょうか?

貧乏人も金持ちも見てきた僕がその理由を探ります

簡単にいうと

貧乏人ほど、

「金持ちは着飾っている」という
情報操作を受けやすいから

見栄を張るようになるのです

貧乏人の負のループ

貧乏人が見栄を張るループは以下のようになっています

金の余裕がない

不安、怖い

情報洗脳(金持ちは着飾っている)

金持ちに近づこうとする

という負のループがひたすらに貧乏な人の中には回っています

貧しいと
生活に余裕がありません

基本的に余裕がない人って
洗脳しやすいんですよ

芸能人とかが着飾っているC Mとかを流すだけで
そこに憧れてくれるから

その憧れに対してお金を落として
また貧乏になって、洗脳しやすくなって

メディアの思う壺になってしまいます

逆に生活に余裕がある人
じっくりと人生について見つめる時間を持てる人は

着飾ったり、見栄を張ったりすることが
無駄に感じることでしょう

冷静になって
何にお金を使うべきかを考えることができますからね

でも、貧乏な方って余裕がないのです

まじで余裕がないのです

常にお金の恐怖にさらされていますから
自分が何にお金を使うべきか見えていない

本来、自分の成長や投資にお金を回して
自分の収入を上げていくべきなのですが

テレビC Mやテレビ番組を通して

お金持ちの華やかな暮らしや
幸せそうな商品を紹介することで

そこにお金を使えば自分は幸せになることができる!

と思わされています

だからこそ
自分が少ない金を叩いて買ったものを身につけたりして
私はすごいんだ、俺はすごいんだ!

と見栄を張ろうとするのです

人より高いものを買って
それを身につけたりすることで

自分は幸せになれると

テレビから洗脳を受けているからです

しかし、実際は違います

見栄を張ってえられるのは幸せではなく
一瞬の快楽と虚無感です

その苦しみに加え

さらに圧迫される家計

不安

将来への絶望が合わさって

テレビの洗脳をさらに受けやすくなって

無限の負のループに入っているのです

負のループを抜け出すために必要なこと

僕は貧乏から抜け出すために必要なのは

拝金主義をやめること

だと思っています

お金を追い求めることをやめることで
お金を稼げるようになると本気で思っています

原理は簡単です

拝金主義をやめる

金持ちが偉いと思わなくなる

不安も消え、金持ちの真似事もしなくなるから出費が減る

人生の価値とか幸せについて考えられるようになる(余裕ができる)

長期的な目線を持って
自己投資とか自己成長に時間やお金を使えるようになる

成長とともに収入が増える

このループに入れれば無敵です

別に僕は
金を稼ぐことをやめろ!
山にこもって修行しろ!

と言っているわけではないんですよ

金大事です
ないと便利な生活を送れないですから

でも、金持ちになりたいと
短期的な目線に陥ると

目の前の損を取れなくなります

基本的に
目の前の損を取れない人に成長はありません

例えば、僕は
ビジネスを勉強する際に

いきなり100万以上お金を出しました

(無論、口座にはなかったので分割でね)

それ自体は大きな損ですが
今では全額回収しましたし
継続して金を稼げるようになれました

知識も豊富になれました

あまりに拝金主義になりすぎると

お金を使って成長することではなくて
お金そのものに固執したり
お金を使って、今すぐに自己顕示欲を満たそうとして

まじでろくなことにもなりません

この前行ったコミュニティでも
拝金主義者で
ぶっちゃけ詐欺紛いのことをしている人がいて

本当に残念でした

拝金主義はろくなことないです

金はツールです

金を使って何をするかがまじで大事です

金を使って、自分を成長させて
成長した自分が
誰かに価値を提供して

儲けて

みたいなループに入れればいいのになあと
いつもしみじみ思っております

真の金持ちの習慣について以下の記事で語っていますので興味がある方はどうぞ

真の金持ちの習慣とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です