バルス祭りはなぜ起こるのか?

バルス祭りはなぜ起こるのか?

そんな疑問に対して今回は考察をしていきたいと思います

バルス祭りとは

あの有名な「天空の城ラピュタ」内で
映画の終盤に滅びの呪文として唱えられる

「バルス」と言う呪文を
映画の時間に合わせて多くの人がTwitter上で呟くことのことを言いますが

2017年は約76万回呟かれました

76万回ですよw

しかも、毎年テレビで放映されるたびに
起こります

もはやTwitter民にとって一種の慣しになってしまっているほどです

バルス祭りはなぜ起こるのか?

バルス祭りが起こる理由を僕は以下の3つに分類しました

・圧倒的視聴率

・呟きやすい言葉だから

・物語を決定づける言葉だから

まず一つ目が
圧倒的視聴率です

天空の城ラピュタにお視聴率は以下の通りです

・初放送(1988年4月2日)12・2%
・2回目(1989年7月21日)22・6%
・3回目(1991年5月3日)17・1%
・4回目(1993年3月26日)20・4%
・5回目(1995年3月24日)19・9%
・6回目(1997年3月7日)20・6%
・7回目(1998年12月25日)20・6%
・8回目(2001年2月23日)22・2%
・9回目(2003年3月14日)22・2%
・10回目(2004年12月24日)16・9%
・11回目(2007年6月15日)19・9%
・12回目(2009年11月20日)15・4%
・13回目(2011年12月9日)15・9%
・14回目(2013年8月2日)18・5%
・15回目(2016年1月15日)17・9%
・16回目(2017年9月29日)14・4%
・17回目(2019年8月30日)14・5%

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908290000155.html

見てくださいよ

この圧倒的視聴率

維持率も半端ないです

多くの人が見ているからこそ
誰かがバルスという言葉を呟くと

あ、自分もそれ見てる!

と共同体感覚に陥ります

この共同体感覚に陥るというのがミソで
人間は基本的に誰かと一緒のことをして
楽しんだり、安心したりする生き物です

孤独をい嫌う生き物なので
気軽に共同体感覚を味わえる

バルス祭りに多くの人が引き込まれていくのです

2つ目に圧倒的呟きやすさ

Twitter上で呟いて共同体感覚に味わうために
適していそうな文句ってほかにもあるんですよ

例えば、同じジブリ作品でも
ナウシカだったら

「その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし」

とかね

でも、ぶっちゃけ呟くのめんどくさくないですか
人はめんどくさがりやな生き物なので

「バルス」という三文字だからこそみんな呟くのです

そして最後の要因としてあるのは
物語を決定づける言葉だからです

実は、高視聴率で
呟くやすい言葉はバルス以外にもあって

例えば、千と千尋だったら

「えんがちょ」

とかね

これ、みんな見ているし
呟きやすいはずなんですけど
そんなにバズりません

やはり、

「バルス」

が物語の終盤で運命を決定づける
パワーワードだからこそ
バルス祭りが起こるのです

まとめ

今回は

バルス祭り

というのがおもしろネタだと思ったので
解説しました

・天空の城ラピュタの高視聴率

・呟きやすい3文字

・物語を決定づけるパワーワード

この三条件を満たしている言葉
意外と他に探してありませんでした

もしよければ
トトロについて分析したブログ書いたのでこちら参考までに!

トトロはなぜ面白いのか?

1200円の電子書籍を無料で読めます

現役東大生で、大学四年の就活真っ只中に休学し
ネット起業の道を歩み始め

起業して

3ヶ月ほどで収益を出し
月収30万を達成しました

100万円以上の自己投資を通して
ビビリで安定志向で何もできなかった自分が
主体的になり、稼ぐ人間となれた経緯を語った物語

「東大生の決断」をメルマガ限定で無料プレゼント

無料で電子書籍をゲットする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です