元ビビリがあがり症の治し方を教えます

あがり症って辛いですよね

人前に出ると頭が真っ白になったり
本番と言われるといつも通りにできなくなったり

緊張しなくてもいいよ
と言われるほど緊張してしまったり

昔は僕もそんな感じだったのですが
とにかく、人前に出るのが嫌で嫌で仕方がなかったのですが

今はあがり症というものは克服しました

まあ、人前に出るのは好きじゃないですけどね笑

今回はなぜ僕があがり症を克服できたのか
お話ししていきたいと思います

あがり症の治し方

あがり症の治し方でよく言われるのが

慣れ

ですよね

今まで人前で話したりする経験が少ないから
すぐにあがり症になってしまうんだ

だから、まずは経験を積め!
慣れろ!

とよく言われるわけなのですが

それができないから困っているんです笑

簡単に、人前に出て話せるのであれば
あがり症じゃないです

実際に出ると

そこでまた失敗して
自分に自信が持てなくなってしまう

だから困っているのです

そこで僕が提案したいのが

人前にいない状況で
一人で話まくるということなんです

要するに一人で先にスピーチの練習をして
繰り返し続ける

僕はそれをYouTubeで話しまくりました

最初はめっちゃどもりながら話していて
なんだこいつキモw

みたいな感じでしたが
今となっては饒舌にペラペラと話せるようになりました

大学に行く必要はあるのかないのか?

みたいなテーマで話した動画
昔と今バージョンを載せておきます

どんだけ喋れるようになっとんねんw

ってくらい喋れるようになっているので
僕もこの変化を見て、成長を噛み締めています

↑昔の動画(恥ずいので今はもう限定公開にして、ここから以外見れないようにしてます笑)

↑ずいぶん喋れるようになったなー

一人でYouTubeで喋りまくっていたらあがり症じゃなくなった

あがり症になってしまう人って
先ほども言いましたが

慣れが絶対に必要なのです

でも、その慣れを作るために
本番のスピーチを経験する必要はなくて

音声を録音しながらスピーチして練習すればいいのです

音声を取るのはいいですよ

ただ喋るだけだと
緊張感もないし
時間もわからないし

あとで見返すこともできませんが

録音すると
ちょっとした緊張感があるんですよ

もちろん、大したことはないですが

しかも、
何度もやっていくうちに
どんどん上手くなるのを実感できて自信になるのです

一人で部屋でぶつぶつ喋っているだけで
どんどん成功体験が詰めて
あ、俺いけるかもしれねえわ

みたいな感じになれましたよ

昔はまじで人前で話すのとか
苦手だったので

大学のスピーチも
グループの仲間に全部任せていました

しかし、今では
初めて突撃した経営者のコミュニティとかで
いきなり話せと言われても

まあ、なんとかなるようになりました

普段からYouTubeとかで話しているから

何も準備せずとも
アドリブでなんとかなるようになりました

怖いならもうとにかく一人で家で録音しながら喋りまくろう

僕も最初はこんなことを続けていて
意味があるのかと不安になりましたが

不安な時はもうがむしゃらにやりまくるのがいいです

がむしゃらに家で一人で喋っていると
地味にまじで喋るの上手くなるので

自信になります

人があがり症になったり
喋れないのって

大抵の場合
人前にいるのが原因ではなくて

シンプルに喋る内容を覚えていないことだったりします

「人前だと喋れないんだよねー」

という人は

人前じゃなくても上手く話せません

逆に一人で喋れるようになれば
人前でも話せるようになります

僕が昔YouTube始めてみたらどう?(顔出しはしてません)

と提案した方も(もともとかなりのあがり症)
めっちゃくちゃ話せるようになって
話すのが楽しくなりました

と言っていました

喋りは練習でなんとかなります

ただの技術です

上手く話せないのは
練習が足りないだけ

バットの素振りが足りてないからヒット打てない

とか

漢字練習たりてないから漢字書けない

のと一緒です

まずは何事も練習あるのみ

ポジティブに考えて一歩一歩積み重ねていきましょう

ちなみに、スマホの録音機能使えば
一瞬で練習を始めることができますよ

僕のはじめの動画も、スマホの録音機能を使いました

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です